2022年春(4月~6月)に放送されたアニメ映画一覧 15

あにこれの全ユーザーが2022年春(4月~6月)に放送されたアニメ映画を評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2022年10月07日の時点で一番の2022年春(4月~6月)に放送されたアニメ映画は何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

78.0 1 2022年春(4月~6月)アニメランキング1位
銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章(アニメ映画)

2022年4月1日
★★★★★ 4.3 (10)
40人が棚に入れました
野心家の銀河帝国軍シャフト科学技術総監は、大規模なイゼルローン要塞奪還作戦をラインハルトに進言。その前代未聞の作戦は採用され、作戦司令官にはワルキューレのパイロットから武勲を重ねてきた叩き上げの提督ケンプ、副司令官にはラインハルト麾下最年少の提督ミュラーが任命された。一方、イゼルローン要塞司令官ヤンには、稀代の英雄の影響力を危険視する自由惑星同盟政府から、査問会への出頭命令が届いていた。

ネタバレ

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

緊迫走るイゼルローン要塞

 ラインハルトが宇宙を手に入れるため、部下の大規模計画の発案に乗るです。
 その影で、ラインハルト、ヤンを巻き込む事を目論む陰謀も渦巻くです。
 一方でつかの間の日常からヤンは、軟禁され上層部の委員会にかけられ部屋で苛つくです。そのさなか最後にさしかかり次回タイトル通りになるみたいなお話だったです。

 ヤマトの世界顔負け {netabare}のワープ {/netabare}戦術が、イゼルローン要塞奪還に向けて進められるです。
 キルヒアイスの遺言の達成に特別な思いをもつ、ラインハルトを見たです。

 銀河英雄伝説というと登場人物の日常が、見どころの一つで誰かさん達らの家族団らんがあったです。
 あと、いつもの語りも相変わらず世界観をわかりやすく話してたです。とくにイゼルローン要塞の紹介が、良かったです。

 ラストになってさらに面白くなりそうな、次回も楽しみです。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 2

77.3 2 2022年春(4月~6月)アニメランキング2位
映画 五等分の花嫁(アニメ映画)

2022年5月20日
★★★★★ 4.2 (63)
248人が棚に入れました
「落第寸前」「勉強嫌い」の美少女五つ子を、アルバイト家庭教師として「卒業」まで導くことになった風太郎。これまでの努力が実を結び、高校3年生に進級することができた五つ子は、修学旅行も無事に終わり「卒業」に向けてそれぞれが将来を見据えていくことに。共に過ごす中で風太郎への恋心を自覚した五つ子と、段々と惹かれていく風太郎。風太郎と五つ子の恋の行方はいかに…!?そして未来の花嫁は果たして…
ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

解答

五等分の花嫁の最終章となる劇場版です。
原作約4巻分を残しアニメで2期をし劇場版で完結。
残り4巻分を劇場版1作に詰め込んだ作品

客入りは凄かったですね。
公開日初日の朝1で見に行ったのに、売店は行列が出来ているし劇場の席は前の方の席くらいしか空いてないくらいでした。
色々アニメ映画を見に行きますが、田舎なんで混んでた作品は「ワンピース」「ヴァイオレットエヴァーガーデン」「まどかマギカ」くらいしか経験ないのですが、それらに匹敵するルベルの混み具合……
作品の人気が解りますよね…初日効果もあるのかもですがw


さて、レビューを始めたいと思いますが、この劇場版だけ見たら絶対に内容は解りませんのでアニメか原作を確認してから見るのをオススメします。

作品は大まかに学園祭の3日間が舞台です。
それそれが、解答を出す事が目的となります。

【一花】

彼女は凄く成長しました。
5つ子の中での長女である彼女は1番強欲な感じがするんですよね。
修学旅行もそうでしたけど、風太郎に振り向いて貰える為になんでもするような人でした。
しかし……

{netabare} 文化祭では答えを出さない風太郎に答えが出せるようにと背中を押してくれり、風太郎の気持ちを知っても付き合っていないなら自分にチャンスがあると考えるも最後は妹と好きな人を祝福し背中を押せるまでに成長{/netabare}


【二乃】

彼女は今の中野父の事が嫌いでした。
それでも、文化祭の招待状を出したりと歩み寄る姿勢をみせてくれました。
ニノは1番素直ではない子かもしれませんが、本当は誰よりも優しい子ですね。
{netabare} 最初は、父が文化祭に来ない事にイライラして居たけど、本当は父が来てくれていたけど、急な仕事で帰ってしまった事を知る。
そうして、文化祭で出したフワフワパンケーキを焼きに父の元へ
中野父も不器用な人でメッセージの一通くらいしたらいいのにと思いますが、父もニノの気持ちを知って今度一緒にパンケーキを食べようと約束してくれる。{/netabare}


【三玖】

彼女は自分の気持ちを言葉にするのが苦手だった。
{netabare} 文化祭で男子と女子で揉めて男子の屋台たこ焼き屋と女子の屋台パンケーキで激突してしまう。
高校3年の1度しかない最後の文化祭で正直これは悲しいですね。
しかし、男子の屋台は火の不始末で炎上してしまう。
更に揉める男女
でも、三玖は勇気を出して仲裁する。
{/netabare}
自分の気持ちを言葉にするって凄く勇気が必要です。
それが最初から出来る人も居るかも知れませんが、何でも言える人でも勇気を出してるのかもしれません。
{netabare} 三玖は自分の言いたい事があっても踏みとどまる子ですが、彼女は勇気を出して見事に仲裁する。
風太郎は諦めていた様ですが、三玖の勇気が最悪な結果に終わる文化祭の結末を変えると言う成長が見えた気がします。{/netabare}


【四葉】

私が涙を流したエピソードです。
文化祭の実行員の仕事をしていました。
{netabare} 彼女は頑張っていたけど、男子の火の不始末で屋台を炎上してしまった。
その事を尾に引いてしまう。
彼女は悪くないし火の近くあった紙屑もしっかり注意していたし、そもそも何もわるくない。{/netabare}

でも、文化祭実行員である彼女は気に病んでしまう。
責任感が強い彼女だからこそ背負い込んでしまった。
そうして、挽回しようと頑張りすぎて倒れてしまう。

彼女は文化祭で様々な助っ人を引き受けて居たのですが、倒れて助っ人先に迷惑を掛けたと気に病んでしまう…
{netabare} そうして、目覚めた彼女は「誰の役にも立てず迷惑ばかりかけて私のいる意味ってなんだろう」と気に病んでしまう。 {/netabare}

そんな彼女は、風太郎に聞かされる……
彼女の倒れた後の文化祭で、四葉の為に立ち上がってくれた人達がいた事を……
彼女は、普段から部活の助っ人をして沢山の人の力になってきました。
きっと、彼女は見返りなんて求めてはなかった。
別に感謝して欲しい訳でも……

でも、沢山の人が四葉の為に普段のお返しのように助けてくれた。
これは彼女が本当に人間関係を大切にしていたからでしょうね。

{netabare} 「誰の役にも立てず迷惑をかけている私」{/netabare}
そう悩んでいた彼女でしたが、迷惑なんて人間誰でもかけまくりですw
知らず知らずの内にかけてるかもしれません。
行動が発言が迷惑の引き金になってるかもしれません。
え?私だけですか?ww

でも……「誰かの役に立てない」なんて事は絶対にありません。
今この時にそう感じられなくても、今まで生きた時間の中に、これから生きる未来の中に必ず誰かの役に立てる瞬間は絶対にあります。

現に四葉がそうではありませんか。
彼女は気づいて居ないようでしたが、間違えなく彼女は皆の力になってくれた。
だから、こうしてそれが形になった。

誰かが自分の為に力になってくれる。
それは凄く嬉しい事ですよね。
誰が困っていれば力になる話を聞くそうして助け合う、それが人の優しさの形の1つですね。

私はこの辺りは凄く涙が出てきて自分でビックリしましたw


【五月】

彼女は教師を夢見る女の子。
母に憧れ先生になりたい、でも勉強が出来なくて…それでも努力しようと必至な女の子。

そんな彼女の前に実の父親が現れる。
父親は言います。

{netabare} お母さんは教師になった事を後悔している。
君の想いに君自身が追いついていない。
五月ちゃんにお母さんと同じ道を辿ってほしくない。
罪滅ぼしをさせて欲しい。
父として娘に出来る事をしたい。{/netabare}


コイツは本当にクソ野郎でした。
{netabare} 5つ子母のお腹の赤ちゃんが5人だから逃げ出した。
後悔?罪滅ぼし?
そんなの出来る訳がない!
逃げ出した奴が今更現れて父として?

逃げた後に母が1人どれだけ不安になったか孤独だったかも知らない様な奴が今更どの面を下げて父親ですか、逃げ出した理由はよく知らない、でもさ、例えどんな大層な理由があろうと逃げた事実は変わらないし、それから大変だった家族を放置し続けた時間は戻らない。 {/netabare}

でも、私が1番ムカついたのは夢を否定した事です!

私は、大前提として子供の夢は親には背中を押してあげて欲しいって思う!
夢を見つけるのは大変難しい事だし、叶える事は大変努力が必要な事だからです。

で、反対する親もいると思う。
しっかり子供を見てきた上で、反対する理由がしっかりあるなら……
それも仕方ないって思う……それが本当に子供の為になるのなら!

でもさ、この五月の父親って反対する権利はありますか?
{netabare} 今まで、姿隠していきなり現れて、五月がどれだけ勉強が苦手で、それでも教師を目指して頑張っているか、努力を積んできているかを知りもしない人間が!

母は後悔してたから?五月が勉強が苦手だから?
そんなもん反対する理由になるもんですか!
自分の勝手な価値観を押し付けて夢を反対して諦めようとさせるって何様だっ!って思います!

何よりその事で、五月を悩ませて涙まで流させて……娘に辛い想いをさせるのが父親ですか?{/netabare}
そんなの父親じゃない!

でも、迷った五月に風太郎の助言は凄くよかったです。
本当にその通りです。

夢を叶えるか諦めるかは自分で決める事です。
誰がなんと言おうと関係ない。
自分がやりたければやる!
それだけでいいんです。

五月の{netabare} 「たとえ本当にお母さんが自分の人生を否定しても私はそれを否定します」{/netabare}ってセリフはよかったですね。
母が大好きで、ずっと母を見てきて一緒に過ごしてきたから言える言葉ですね(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)


【風太郎】

告白……文化祭の終わりに自分の気持ちをハッキリさせると言う風太郎
彼の解答は{netabare} 「誰も選ばない」
確かに、それも選択肢としてはありです。

しかし、勉強で優秀な風太郎も恋愛では0点ですね。
この関係を大事にしたいから選ばないなんてのは逃げです。
そもそも、頑張って告白してくれてる人を目の前にしてYESもNOも貰えないってのは逆に相手を傷つけます。

選ばないからNOに見えるかもしれません。
しかし、相手は気持ちを全部ぶつけてくれてるのにその解答が現状維持の為って理由なら酷いものです。
しっかり言葉にしてるのだから、しっかり言葉にするのが礼儀です。
ダメならダメで、自分の気持ちと本当に向き合った答えが聞きたいのです。 {/netabare}

そんな中、文化祭中に……いゃ彼の気持ちは既に……
{netabare} 風太郎「学生の本分は学業 それ以外は不要だと信じて生きていた だが、それ以外を捨てる必要なんてなかったんだ 勉強も友達も仕事も娯楽も恋愛相談もアイツらは常に全力投球だった 凝り固まった俺にそれを教えてくれたのはアイツらだ」{/netabare}

このセリフを聞いてて私は思いました。
風太郎は5つ子の家庭教師でした。
でも、5つ子は風太郎の先生でもあったのだと……お互いに大切な事を教え合える関係は素敵だと思いますし、誰かを選んだから、誰かを選ばなかったからと、今までの関係が無くなる事もないんだと思います。

築き上げたその関係が本物の関係性なら……きっと


【解答】

風太郎が選んだのは

{netabare} 四葉でした。
しかし、四葉は逃げます。
「上杉さんには、もっと良い人がいるはず」と言いながら自分の気持ちを…… {/netabare}

うん、でも、多分この言葉は……実は私はこの言葉で昔ある人を傷つけてしまった事がありました。

失恋した人を励まそうとして……
良く考えると「もっと良い人がいる」ってその人の気持ちを否定しちゃう言葉なんですよね。

訳すと、アナタにはもっと良い人が別にいるのに間違えた人を好きになってたんだよ?ってなります。

その人が、間違えなく1番の恋をしていたからこそ傷ついて泣いてるのにその気持ちや涙を否定しちゃう言葉なんですよね。
だから、凄く反省した……別に怒られた訳ではありませんが、言ってほしくない言葉だと言われてしまった事があり反省しました。

だから、風太郎もちょっとショック受けたのかな?って……

昔から特別になりたかったから……
{netabare} 四葉はトレードマークであるリボンを着けた。
同じ5つ子でもそれが特別になれると思っていたから、でも1人だけが特別な人間なんていなくて……母が言うよつに一人一人が特別なんでしょうね。

四葉がトレードマークを捨てる決意をする理由は「私に気づいてくれる人がいるから」
私には、四葉は自分が特別に特別にって1番特別に成りたがってた女の子に見えました。

しかし、このセリフを読み取ると、特別ではなく四葉を5つ子ではなく四葉を四葉として見て欲しかったのだと思います。{/netabare}



【全体的な感想】

原作4巻分だからカットされた場面も少なくはありませんでした。
劇場版の最初あたりから見ると{netabare} 四葉 {/netabare}をやはりメインヒロインにさせようとする感じがしました。

勿論、私が結末を知ってるし、そう見えてしまったのかもしれません。
もしかしたら、結末を知らない人が見たら誰か選ばれるように見えるのかな?って思いました。

実は原作の完結した頃に、{netabare} 四葉END{/netabare}は否定されていたのを見たことがあります。

1巻の表紙は{netabare} 五月だし、てっきり五月 {/netabare}かと私は予想してました。
後、5つ子では私は{netabare} 五月{/netabare}が好きなのでってのもありましたがw

しかし、テレビ放送からは{netabare} 三玖 {/netabare}が人気出てきてヒロインは{netabare} 三玖{/netabare}かな?とも考えました。
作者がファン人気でヒロインを変えるなんて事もありえます。
しかし、{netabare} 四葉は私も予想外でしたw {/netabare}

元々は{netabare} 五月 {/netabare}をヒロインと思わせて最初から{netabare} 四葉{/netabare}だったのか、{netabare} 五月や三玖 {/netabare}はファンが予想していたから裏を掻きたかったのかは知りませんが……

しかし、劇場版を見ると、{netabare} 四葉END {/netabare}も悪くないなぁ〜って造りでアリかもしれないと思う私もいました。
うん、その点やはり造り手側の凄さだと関心させられました。

新婚旅行は全員で指差して行き先決めるんだ……………………ん…………いゃいゃ!行き先くらいは主役2人に決めさせてあげてよww

さて、私が記したタイトルに「解答」と書きました。
実はアニコレのタイトルって毎回悩むのですが、今回はこの作品を見ていて思った率直な感想をタイトルにしてみました。

見るていてキャラクターそれぞれが自分の中で答えを出して全員が自分の中の答えを見つけているんだと思ったからです(◍´꒳`)bᴼᴷ

投稿 : 2022/10/01
♥ : 12
ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

愛に時間を

【紹介】
劇場版ですが五等分の花嫁1期・2期のあとの話で完結編です、必ず2期視聴後にご覧ください
アニメ2期見てることを前提としていて、あらすじみたいなものはないですが、それで正解だと思います
映画館の客層は大人の男性が多いのかと思いましたけど、思っていたより子どもがかなり多かったです

【シナリオ】{netabare}
視聴前は最終的に結ばれる子中心の話になるのかな?と思ったらそこまで偏っていないのが好印象
文化祭の3日間を、5人それぞれの個別ルートで風太郎とのエピソードを入れてあるので、誰を推していても楽しめる作りになっています

1期2期通して四葉は明らかにエピソードが不足していたので、この子が昔会っていた想い出の子なのかなってのは思っていました
想い出の子は四葉で、最終的に結ばれるのは次にエピソードが薄い五月だと思っていたのですが、予想は外れでそのまま四葉でしたね
五月は信頼関係が強くて恋愛描写がほとんどなかったですが、こういう設定の作品ではとても珍しいですね、これはこれでアリだと思いました {/netabare}

【感想】{netabare}
シリーズ全体を通して、良いところはやはり五つ子の魅力の高さで、話自体は不自然なことが多くてちょっとモヤるけど
美少女の魅力を描くことに長けた作品で、シナリオの微妙さをカバーして余りあるものがありました
風太郎が最初は他人に興味がない→五つ子と接点を持つ→仲良くなったけど見分けはつかない→なんとなく見分けがつくようになる→恋愛を意識しだす→全員を識別できるようになるっていう変化が最初から最後まで一貫していて距離感がわかりやすくて上手いなーって思いました、それと対比した実の父親なのに娘を見分けられないことや、「愛があればわかるはず」っていう言葉、これらはすべて繋がっていて、最初からちゃんとした構想があったのでしょうね、いい作品だと思いました

四葉は思い出の女の子で、温泉旅館でも四葉だけは真っ先に風太郎が見抜いていたというフラグもあるので四葉と結ばれる説得力はあると思いますが、四葉は作中で個別の話が他の4人と比べて極端に恋愛から離れているし薄いのですよね
想い出の女の子で、五つ子が風太郎に会うきっかけを作ったとか色々出てきたけど、どうしても後付けという印象が強くて
アニメを追っていくと直接的な恋愛描写が少ない四葉に思い入れがあるファンは多くないと思うのですよね
振り返ると、勉強会に最初から協力的で風太郎に最初から好感度高そうだったり、旅館でちょっと話しただけで言い当ててたりちゃんとフラグは立ってるのですけど、映画を見ても正直、四葉がどれだけ風太郎のことを想っているのかは小学校の時の想い出以外には特に感じられなくて、
ニノが納得いかない風だったのも無理もないと思うのです
風太郎への恋愛感情の描写が多いミクやニノは視聴者の人気が高いようですし、やっぱり二人が仲良くなるエピソードが作中でないと、唐突感が大きいと思いました、想い出の女の子っていうアドバンテージ以外の魅力やエピソードが不足していると思うのです
つまり何が言いたいかって言うと、四葉の風太郎とのエピソードももっと見たかったってことです!

とはいえ、五人全員に風太郎との強い絆が描かれたシーンが用意されているし、それぞれ将来の目標を定めて弱かった自分を克服して頑張る姿も描かれて、さらにそれぞれの道に進んでもちゃんと繋がっていて、これからも仲の良い6人のまま人生が続いていくって感じで締めていて、五人全員が可愛いなーって印象で終われる良い映画でした {/netabare}

【残念なところ】{netabare}
風太郎の幼馴染のエピソードと五つ子の実の父親のエピソードはどっちも話が唐突で、原作の描写をカットしているのかな?って思いました
こんな薄くて唐突なエピソードならいっそまるまるカットしたほうが良かったように思います
幼馴染のほうはただの薄いエピソードだから我慢できたけど問題なのは実父のほう
五つ子の実父のエピソードはあまりにもリアリティがなくてただ不快なだけで、完結編の劇場版で見たいようなエピソードじゃなかったですね
五月を愚弄するだけで何の愛情も感じられませんでした
揚げ句に五人の父を「無責任」呼ばわりまでしてて、無責任の代名詞みたいな人が何言ってるの?って思った
この人今まで全く示唆するような描写なかったのになんで急に出てきたの?
最低な親でしたね、こんな最低なおじさんの遺伝子が五つ子に受け継がれてなさそうで良かったです
五月にとっては重要なエピソードなのはわかりますけど、それにしても他の4人とこの実父ほぼ何も話してないのも変ですよね
4人が話もしたくないのかもしれませんが、そのへんも今まで何の示唆もなかったのでよくわからないままモヤモヤするエピソードでした
ただ、これによって今までドライで冷たかった五つ子の父に対する好感度が爆上がりでした {/netabare}


【作画・音楽】
劇場版なだけあってとても作画も音楽も良かったです、いい場面でBGMが流れて大事なシーンをロマンティックに演出してくれています、主題歌も良かった!
ただ、劇場版にしては引いた絵になると不安定になるのが気になりますね。

【キャラクター】
わたしはミク推しで、次点がニノですが、二人とも持ち味が良く出ていたし成長も感じられたので満足です

投稿 : 2022/10/01
♥ : 19
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

究極の五つ子ゲーム……ファイナルアンサー?

【物語 4.5点】
高校生活最後の学園祭。上杉が五つ子の誰を選ぶのか?
すなわちシリーズ通じて謎だった結婚式の場面。
上杉と共に歩くウエディングドレスの女性は誰なのか?

核心部分が解答されても五つ子全員が尊重されるよう
(推してるファンも冷めずにリピートできるように)
最後の学園祭を、五つ子ごとの“ルート”に分け、繰り返す構成により、尺は136分と大作化。
原作未読組の私から見ても色々削ったのだろうな……というシーンも散見。
例の如く、TVアニメ版でじっくりと……となりそうな所。

ですが、五つ子それぞれの心情を並べ、選択を迫る。
過去の経緯、現在の学園生活、未来の結婚式を俯瞰する。
その上で、五つ子たちの成長曲線と恋心の上昇カーブがシンクロする奇跡は、
高校生活のこの瞬間だけだったと納得させられる青春賛歌。
このエネルギーを一作品で表現し、ぶつけるのは劇場版でしかできない試み。
細かい不満より作品の熱量が上回った感じ。
(大体、これを1クール以上でじっくりやったら
放送期間2ヶ月くらいエンドレス学園祭をやる羽目になるかとw)

告白後の五つ子たちの葛藤も描くことで、
結婚式の“五つ子ゲーム”が上杉さん(および謎の解答をお預けにされた視聴者)をからかうお遊びではなく、
必然のファイナルゲームだと分かった時は、これはヤラれたと感服しました。


【作画 3.5点】
アニメーション制作は2期以来のバイブリーアニメーションスタジオが続投。

劇場版クオリティを求める方にとっては物足りない部分も。
ただTVアニメ版の乱調ぶりを知った上だと、
絵が崩れる心配をせずにファイナルを堪能できるのは素晴らしいですw
(……と手放したい所ですが、やはり四葉の顔立ちなんかには、やはり不可解なシーンが……。
四葉のキャラデザは一貫性を保つのが難しいのでしょうか)

撮影、光源処理にはTVアニメ版にない繊細さがあり。


【キャラ 4.5点】
カリスマ塾講師で{netabare}五つ子の本当の父親の{/netabare}無堂先生。
五つ子の青春恋愛パワーを焚き付けるヒールであり、
上杉が高校で恋愛も知らずガリ勉していたらどうなっていたか?
のifも示唆する合わせ鏡のようなキャラ。

『ごとよめ』には、教師とは、教育とは何か。
勉強だけが学校ではないとしたら、学園生活とは何のためにあるのか。
を改めて問い直すテーマも内包。
クライマックスに向けて、上杉→五つ子の他にも先生と教え子の人物相関が組み込まれ、
{netabare}五月{/netabare}の進路などに絡むことで、テーマを捉える視点も多角化。
大人たちが示す人生の失敗例、多様性が、
上杉と五つ子たちの選択を受け止めるクッションとしても機能。
ただ一番削られたと感じたのも、この大人たちの関係性。
ですが、そこまで掘り下げると3時間映画になりかねないのでw致し方なしか。


推しは最後まで決められないままでしたが、
歴女属性から何となくシンパシーを感じていた三玖。
自分の想いをしっかり伝える力を得た瞬間。
エネルギーを頂きました。


着地点としては四葉が花嫁だったら綺麗なのかな?とは思っていましたが、

(核心的ネタバレ)

{netabare}その通りになりました。やっぱり幼少期、上杉と関わりがあったのは大きいです。
中学のグレた?四葉じゃダメだった、高校に入って変わった四葉じゃなきゃダメだった。
その点からも話の筋は通っていたと感じました。
無論、他の五つ子にもチャンスあったとの悔恨は残りつつですがw{/netabare}


【声優 4.5点】
一花(CV.花澤 香菜さん)二乃(CV.竹達 彩奈さん)三玖(CV.伊藤 美来さん)
四葉(CV.佐倉 綾音さん)五月(CV.水瀬 いのりさん)

後世、凄い人気声優が配役されていたなぁ~と
懐古されそうな中野家の豪華布陣も集大成。
内容も小中学生~転機となる高校学園祭の繊細な心情~花嫁姿と
道中、性格が変化する曲折も経ながら、半生記を凝縮する流石の演技。


ピックアップしたいのが五つ子の母・中野 零奈役の京花 優希さん。
2期では上杉が昔、出会った五つ子の中の“誰か”の役をイメージを崩さず演じつつ、
正体の“声バレ”も阻止していた方。
今回、五つ子たちに様々なものを継承する母親役への抜擢は心にくいキャスティング。
京花さんは他にも上杉の幼なじみ・竹林役で、二乃や三玖を慌てさせるポジションも兼任。
起用な方だなぁ~と感心します。
今後、大役が回って来たら、この方かと嬉しくなります。


【音楽 4.0点】
劇伴担当は1期以来の中村 巴奈重氏&櫻井 美希氏。
ピアノやストリングスで場面を包み込む優しい音色は変わらず。
劇場版ではフィルムスコアリングで、心情とのシンクロ率がさらに上昇。

主題歌は五つ子が担当。

OP「五等分の軌跡」
一大決戦を前に「君が 大好きなんだ~ 誰にも負けない~」と競り合う。
相変わらず一人称視点で聴くとニヤニヤが止まらないラブソング。

ED「五等分の花嫁~ありがとうの花~」
5人で競い合った彼に嫁ぐ日は、五つ子の誰かが中野でなくなる別れの日。
哀愁を醸しつつも、決着すればノーサイドの清々しさも心地よいバラード。

あとは挿入歌の「ラブ☆バケーション」
{netabare}センター・二乃しか歌わないスクールアイドル?(苦笑)
二乃推しならずとも{/netabare}即死級の萌え殺しウェポンです♪

投稿 : 2022/10/01
♥ : 19

76.5 3 2022年春(4月~6月)アニメランキング3位
劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』[前編]君の列車は生存戦略(アニメ映画)

2022年4月29日
★★★★★ 4.1 (13)
84人が棚に入れました
病気の妹・陽毬の命を救うため、謎のペンギン帽の命令により「ピングドラム」を探す高倉家の双子の兄弟・冠葉と晶馬。自身の運命を信じて日記に書かれた出来事を実現しつづける荻野目苹果。新たな運命を導くため萃果の日記を手に入れようとする夏芽真砂子。大切な運命の人を取り戻すために目的を果たそうとする多蕗桂樹と時籠ゆり。彼らはそれぞれの運命と大切な人の為に「ピングドラム」を追い続けたのだった。あれから10年——
かつて運命を変える列車に乗り込んだ冠葉と晶馬が、運命の至る場所からひととき戻ってきた…。

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

流石イクニ!、俺たちには出来ないことを平然とやってのける!。

 カルトなアニメ監督はもはや絶滅危惧種と言っても過言ではない。しかし、そんな中でもまだまだ活き活きとした可能性を残していらっしゃる鬼才はイクニこと、幾原さんしかおるまいて。こんな偉大な才能を有している方が、充分活躍できる場が用意されてないことこそ日本コンテンツ界の恥である。黒澤が映画を撮れないとかよりも個人的には大きな損失と言いたい。


 そこで本作であるが、私の生涯ベストアニメ候補に必ず食い込む「ピングドラム」と聞いては駆けつけざるをえませんでした(ウテナの方が好きだが)。正直イクニさん的には、総集編なんてお茶を濁した仕事より、もっとクリエイティブを大暴れさせられるウテナの時のような新作映画とかをやりたかっただろうけど、10年前の本作をやってた頃はまだあった体力も包摂力も業界になくなっちゃったのかなぁ…。



 最近某作品の総集編が正直ダメダメだったので少々心配でしたが、やはりイクニは違う。本編からして「ついてこれる奴だけついてこい!」なハイコンテクスト作品だったので、本作も当然本編を何度も当然見てるよね?なスタンスで清々しい。だから総集編だけ見ようなどという、ヘソで茶をわかすような怠惰な輩は最初から入れる気ないです。そんな人はどうせ本編見てもついていけないでしょうし。


 何度も見て彼らの運命の至るところを知ってるからこそ、新規カットのopで彼らの姿と音楽が静かに響き合うのを見てると思わずじ〜んときて目頭が…。


 それにしても、とにかく手取り足取りな優しい世界じゃないとアカンという不安でビクビクなコンテンツ界に広がる病理とハッキリ距離を取っているのがイクニさんの孤高な姿は尊敬に値する。


 しかし、改めて見直してやはりイクニさんの魅力は孤高で難解さを持ちながらも、ちゃんと笑いと涙のまっとうなエンタメに足がついている点こそが私が愛して止まない点である。この両立を達成してる人は、実写も含めて私が浅学なだけかもしれんがあまりいない。


 とにかく、本作を見て改めて本編は勿論、解説動画も全部見直したい!という気持ちが猛烈に掻き立てられました。やはり総集編は総集編で、本編に比べちゃと零れ落ちるものがあまりに多くて勿体ない。というわけで、早速DVDと動画鑑賞に向かいたいと思いすが、イクニさんの才能を活かせるたっぷりとした尺を利用できるのは2つの道しかないような気がします。


 一つはプリキュアやガンダムといった敢えての王道コンテンツ路線。もう一つは、Netflixで分割式にやっていく方向。普通の1クール作品ではもうあまりに冒険できない世界になってきちゃって気がするので。


 (後編も鑑賞後)


 後編のほうがアニメ後半の1クールが無駄がない充実した作りだっただけにエピソードを摘まんじゃってる感が強く出てしまったかな。回想の演出が連続したり、1話でビシッと締めたり次への引きを作る上手い演出が活かせないのも勿体ない。やはりテレビアニメとして良く出来てたんだなぁ…と再認識。

 
 それにしても、やはりイクニさんほど創造的な方には、「ウテナ」の時のように元見てないとわけわからんが、見てる人間には他に並ぶもの無き大傑作な新作をやった方が良かったような。


 まぁ、イクニさんとしては当然そうしたかったと思うのだが、現在のアニメ界の状況では難しいのかなぁ。庵野さんはイクニとは並々ならぬ仲なんだし、カラーが出資してでもイクニに映画や新作アニメを2クールとか撮らせて欲しい。わかってて儲かってる人がお金出してくれない限りチャレンジは難しいよう。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 9
ネタバレ

ソース さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

後編次第

{netabare} 冒頭から"さらざんまい"で見た実写を用いた演出のシーンの追加,新キャラの登場 {/netabare} 最高に痺れた。

今作は所謂総集編なのであろうが、登場人物の誰に注目して見れば良いか等をしっかりと明示してくれる演出,編集でTVアニメを見ていた人にとっては「良い感じで纏めているなぁ〜」と感じられる演出になっていたのではないだろうか。

また、他にも程よく追加シーンがあり、飽きることなく見ることが出来た。



追加シーンが気になったのでそれを含めての後編の展望を考えてみる。

恐らく {netabare} 図書館の追加シーンはテレビ版のその後,2週目なのであろう。そして桃果の「きっと何者かになれる」 というセリフと{/netabare} ピンドラ等のアンチテーゼ的作品である"さらざんまい"を通った後に今作がTVアニメから再編された事などを考えると、今回の映画でTV版の結末が覆る,TV版ラストの先を描く可能性が十分にあるのではないかと思う。(運命の乗り換え後の晶馬と冠葉が何者かになれるのでは...?)


上記のように後編でTV版からの変化があるかもしれないので最終的な評価は後編次第なところはあるが、今作がよく出来た作品であることは確かである。ファンなら見るべきだと思う。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 2

プラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

総集編①

夢の世界で、桃果が幼き日の冠葉と晶馬に、彼らのストーリーを見させる形で、内容はアニメ 1 クール目の総集編。

アニメの内容を個々人のストーリーとしてまとめられている。新しい追加内容はない。

後編では新しい要素は追加されるのか?

投稿 : 2022/10/01
♥ : 1

75.5 4 2022年春(4月~6月)アニメランキング4位
劇場版 異世界かるてっと ~あなざーわーるど~(アニメ映画)

2022年6月10日
★★★★☆ 4.0 (11)
50人が棚に入れました
「劇場版でも異世界だ!」

教室に突如現れたワームホールによって、
異世界転移をさせられた2くみの面々。
彼らがたどり着いた地は暴走した
ゴーレムが支配する荒れ果てた世界であった。

そこで出会ったのは、
めぐみんと似た雰囲気を持つ少女型ゴーレム、
スバルを知る(?)杖をついた男性、
そしてターニャと同じ軍服を着た女性。

様々な運命が複雑に絡み合いつつも
元の世界に戻ろうとするアインズ、カズマ、
スバル、ターニャ、尚文達は、
無事にアッセンブルすることができるのか!?

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

尚文もいるのにまだ、かるてっと

 ターニャ、カズマ、スバル、アインズ、尚文たちが、更に別の異世界に飛ばされたです。帰る(どこになるのか?)までに奮闘するドタバタありやや感動あり、粋な計らいあって、終わり良しにも思えたお話だったです。

 初めて見るキャラ3人登場し、うち一人がこのお話の重要な役割を担うのです。
 物語以上におなじみのキャラが夢の共演をしプチキャラとして、同じ場所でワイワイガヤガヤ過ごすところが好きであるです。

 今回、ドタバタはじまり、一旦散り散りになり、出会い合って、思いのすれ違いありだったです。ここで登場したキャラが最後には、わかり会える要素に、やや感動じみた面白みがあった気がしたです。これで終わってしまうのか?とならないところが、異世界かるてっとらしい平和的な終わり方が良かったです。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 4

74.9 5 2022年春(4月~6月)アニメランキング5位
劇場版 Free!–the Final Stroke– 後編(アニメ映画)

2022年4月22日
★★★★★ 4.2 (16)
43人が棚に入れました
初めて出場した世界大会の後、遙は《絶対王者》アルベルトの泳ぎに囚われ、自由を失っていた。「君はなぜ泳ぐのか?」問われたのは、泳ぐことの意味と水との在り方。もがき苦しむ遙はひとり暗い水底に沈んでいく。

心を抉られたような衝動に追い込まれながら、あえて過酷な特訓を選び、ただひたすら練習に打ち込んでいく遙。身も心も酷使していることは、遙自身深く理解していた。仲間たちはそんな遙を信じ、見守るしかなかった。

脳裏にフラッシュバックするアルベルトの冷たく乾いた泳ぎ。もっと速く、もっと強くならなければ。もう一度、アルベルトと戦わなければ。

遙の繰り出すストロークが、重く冷然な水を切り裂いていく。寄り添う仲間たち。

遙が泳いだ先に見た景色とは──!
ネタバレ

♡Sallie♡☆彡 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

400m先の未来へ

―というわけで,観てきました!!
色々文句もありますが,これはもうフルで★5をつけるより他ないです。
まぁ一旦レビューしますが,なんか想いを馳せてる間にどんどん物語が進んでいった節があって後々(いつか)きちんとレビューしなおそうと思いますので取り敢えずの感想をつらつらと書きつくろうと思います。

まず,絵の美しさは前編同様相変わらずで,安心と信頼の京都アニメーション。
さすがです!!
なんかもうFree!を何度も観ているせいで他のアニメでプールのシーンとかちょっと出てきたりすると水の表現が物足りないなぁと思うようになってしまいました。
どう責任とってくれるんでしょうか(怒)?

全体的に前編同様実写のドラマのような雰囲気で話が進んでいきます。
1回しか観てないからはっきりとしたことは言えないのですが,なんか前編よりBGMが控えめだった気がしていて,そういうBGMがないシーンだとより実写のドラマっぽい雰囲気になると感じました。
もうこの後編が最後なわけで,回収されていない伏線とかフラグとかがあってはならないですよね。
なので,この脚本を書かれるにあたってスタッフさん達は最初のFree!から観返したんだろうなぁなんて思いました。
というのも,このFree!のシリーズは何度も何度も観ているくらい好きな作品ではあるのですが,このわたしでさえ(?)「あ~。そう言えばこんなことあったなぁ。よくここでピックアップしてきたなぁ」なんてシーンもあったからです。
あと,このアニメはスポーツものではあるのですが,メタ的に言えばアイドルアニメ的な色合いもあるので推しがいるファンの方々を裏切らないようにそこら辺を斟酌したシナリオでもあったなと思います。
具体的には,メインキャラクター達が各々まんべんなく出ているという点ですね。
そのせいでどうしても物語的に深掘りできないのは時間という制約があるので仕方ないですが,ファンの方達の気持ちを考えるとわたしはこれで良かったと思っています。
でも,物語を作る上で主人公であるハルちゃんとの関わりを描くのに誰かしらはもってこないとダメなわけで,そこら辺は丁度いい塩梅で作ってきたなぁと思いました。
ただその一方でFree!シリーズの“みんな友達にしよう”がゴリ押しされてる気もして…。
まぁ分かるけど…。「このキャラクターとこのキャラクターしゃべらせたらどんな感じなのかな??」って興味あるし。
でも,もう時間ないから!!終わっちゃうからそこに時間取らないで~って思いました。
{netabare}例えば凛ちゃんと旭の会話とか…。
わたし個人で言えば,ハルちゃんと郁弥の2人のシーンが観たかったのよ。。
前編のレビューでも書きましたが,フリー対決も出来なかったし…。
わたしはスポーツものが好きなので,もう少しキャラクター同士の対決とか観たかったし,仲良しでありつつもライバル関係のバチバチな感じを描いてほしかったなぁ。
前編の凛ちゃんと郁弥の学園祭の(間接)ライバル感好きでした。
でも,ハルちゃんと凛ちゃんのフリー対決は公式じゃなくて残念ではあったけどほんとに胸熱でした。
アルベルトの存在も圧倒的な感じで好きだけど,やっぱりハルちゃんのライバルは凛ちゃんとか郁弥とか(全快した)宗介であってほしいんです。
わたしは漫画は少年漫画派だったので,そういう対決がメインで描かれて,一たびプールを離れれば仲良しこよしな日常パート―みたいに描いてほしかったのだけど,どちらかと言えば友情メインのアニメでしたね。
観る前から「400m先の未来へ」というキャッチフレーズでリレーを泳ぐんだなと想像できたのですが,どの4人が泳ぐのかは分からなくて…。
でも,予選と決勝で分けてくれたのは「やってくれたな!!」ってぐっときました。
まず宗介が世界水泳で泳げるまでになるなんて想像できなかったからご都合主義だとは思いつつも感動したし,何よりアニキ(夏也先輩)を入れてくれたことがほんとに嬉しかったです。
そして,わたしの推しの郁弥は今回は脇役に徹してたので2回泳がせてくれたのも嬉しいポイント…というかせめてもの救いでした。
「ハイ☆スピード!」で尚先輩が「1番疲労が少ない泳ぎ方してる。だからロングでもスピードが落ちない」って言ってたし,小説でも“直列"でそれが描かれていたのが,ここに来て発揮されるというのがうるっときました。
それに郁弥から「持久力には自信があります!!」って仲間のために手を挙げるのもぐっとくるし,何より兄弟で襷をつなぐのもうるっとポイントです!!
わたしが桐嶋兄弟のお母さんなら号泣してるわ。
旭は残念だったけどね~。旭…好きなんだけどなぁ。。
あと,やっぱ宗介にはバッタを泳いでほしいですね!!
いつか凛ちゃんと怜ちゃんと旭と夏也先輩と金城とか勢ぞろいでバッタ対決してほしいなぁ。。
そして,ハル,凛,桐嶋兄弟,旭,御子柴先輩,金城辺りでフリー対決も!!
旭は原作で「おれの専門は,もともとフリーだっつうの」とか言ってたし☆
そんな未来があるのだと空想しておきたいと思います(笑)。
あと言及しておきたいのは渚と怜ちゃんの進路ですかね。
実際は観る前にグッズのユニフォームがネタバレしていてですね(´・ω・`)
あぁ~!!って思ったけど,2人が水泳を続ける道を選んでくれて嬉しかったです。
怜ちゃんは続けるんだろうなとは思っていたけど渚は分からなかったのでほっとしました。
渚の愛され力の前では金城でさえもあぁなっちゃうのか…(笑)って思いました。
渚…可愛いもんなぁ。
渚にきついこと言って万が一にでもうるうるされたらもうどうしていいか分かんないもんね(;・∀・)
ただ…なんか声優さんがわざと声を低くしているとかどっかでおっしゃっていたけど,渚は可愛いで売ってるから声変えなくても良かったと思うんだよなぁ。
そういうディレクションだったのだろうけど…。
まぁ声優さんについては前編の方で書いたので,取り敢えずマコちゃんの声優さん変えないでくれて京アニさんには感謝というそれだけ!!{/netabare}

そういえば,江ちゃんて結局進路どうなったんだっけ!?
予告とかのクレジットで江ちゃん役がクレジットされてなかったから,あんま出てないのかなと思ったけどちゃんと出てきてくれて嬉しかった。
わたし的に江ちゃんもメインキャラクターなのだけど…٩(๑`н´๑)۶
江ちゃん好きとしては誰かとくっついてほしいけど,百太郎だけは永遠に脈なしであってほしいと思っています(笑)。
{netabare}凛ちゃんがメダルをかけてあげるとこはうるうるしちゃいましたね。
あと謎な点としては歩ちゃんて何なの!?
ここに来て新たな疑問持たせないでくれる!!?
そして,最後の方に出てきた女の子…。
SNSだと原作に登場する亜紀ちゃんじゃないかと言われているけど彼女は誰なんだろう。
わたしは歩ちゃんに似てるなって思ったんだけど,まじで唐突すぎてよく分かりませんでした。{/netabare}

そして…ここまで引っ張りましたがストーリーのメイン(?)のハルと凛について書こうと思います。
郁弥が予告で「ハルはヒーローだからね。遅れてやってくるんだよ」って言ってたし,キャストの方も凛のヒロイン力を語ろうとしたらしいですが…。
わたしはどちらかというと凛がヒーローでハルがヒロインっぽいなと思いました。
{netabare}前編で凛に酷いことを言ってしまったハルちゃん。
「こんなの俺の気持ちじゃない」って言ってたけど,むしろハルがずっとずっと凛に対して心の中で思ってたことじゃないかと思うんです。
だけどあんなことを言ってしまった以上どっちが歩み寄らないといけないかと言えばハルの方だと思うんですよね。
(そう言えば,郁弥だってプロ行きを決めたのに郁弥とはぎくしゃくしないわけ!?)
それなのに,走ってハルを探しに行く凛はまじでお姫様を助けに行くヒーローさながらだと思いました。
悔しいけど,やっぱハルの1番のライバルは凛だよ!!
あのシーンでどれだけ凛がハルのことを大切に想っているかを見せつけられた感じがしましたね。
凛は「俺の方が巻き込まれたんだよ。あいつのフリーに…」って言ってたけど,主人公であるハルちゃん目線でずっとストーリーを追っていたこちらとしては凛の方がハルを巻き込んだってずっと思ってました。
小学生のとき,突然目の前に現れた凛。
そこで仲間で泳ぐことの楽しさを教えるだけ教えてまたぱっと居なくなっちゃう。
そうかと思えばまた目の前に現れて「水泳やめる」とか言い出してハルの心をかき乱して…。
ずっと水泳は速さにはこだわらない,泳げればいいと思っていたハル。
多分友達はマコちゃんだけで良いと思っていたんじゃないかな。
そんなハルの前に現れてそういうハルの水泳や友達関係のスタイルを変えていく凛の影響力を見てきたこちらとしては凛てハルの運命の人(変な意味じゃなく)だったんだなと思いました。
運命と言えば,巻き込まれ型のハルと違って凛ちゃんは自分から運命を掴み取りに行くスタイルですよね。
そういうかっこよさもヒーローっぽいなと思います。
マコちゃんがハルをいつも受け入れて肯定してくれる人な一方で,凛はハルの安寧をぶち破る良くも悪くも嵐のような存在というか…。
マコちゃんの存在は大きいだろうけど,ハルがあぁなれたのは凛のおかげだろうなぁって思います。{/netabare}

最後はなんかみんなでわちゃわちゃしてほのぼの日常パートが描かれて終わるのかなと想像してたんですが,意外となんかしっとりと爽やかに終わったという感じです。
個人的には,なんだか切なさも残した終わりだったなと思いました。
後編はコメディ感があんまりなかったのがちょっぴり残念ではありましたが…。

音楽は印象的でしたね。
Dried Up Youthful Fameのアレンジが凄く良くてびっくりしました。

全体的にはやっぱ長くやってきたシリーズというのもあって前編同様終始うるうるしながら観ていました。
沢山居るキャラクターをちゃんとそれなりに登場させてあって嬉しかったけど,その分「もう終わり!?」って感じでした。
{netabare}ちょっと今はまだその現実を受け止めきれないし,取り敢えず京アニさんにはあの謎の女の子を説明してほしいです!!{/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 5
ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

私たちはFreeしか追いかけない

【感想まとめ】
これで本当に終わったのねっていう寂しい気持ちに、まるで爽やかな涼風のような締めが心地良い、その潔い有終の美に自然と落涙する
お涙頂戴な展開などしなくても、ファンは自然と大好きな作品の終わりに万感の思いが駆け巡るのです
前後編にわたって遙が沈んでいるターンがちょっとくどかったけど最後のまとめ方は良くてとても良い終わり方だと思います
このシリーズに出会えてとても幸せでした、最高の時間をありがとうございました

【視聴者とキャラクター】 {netabare}
さて、10年近く続いたFreeシリーズも本作品をもって完結と言うことで、長年見守り続けたファンにとっては約10年間の集大成なわけです
これに対して作中のキャラクターにとって今回のエピソードは終わりじゃなくて長い人生の重要な分岐点

私は小さい頃からスポーツが得意でしたが、泳ぐのは苦手でした、それがこの作品と出会って水泳に興味を持って、今では結構速く泳ぐことができますが、Freeがなかったら今でも泳げないままだったように思います
私自身はこのシリーズを見て学生時代を過ごしてきて、遙達と同じペースじゃないけど私自身も9年で子どもから大人になって、彼らも幼少時代から大人になって世界で戦うところまで成長していく過程を一緒に生きてきたっていう実感があるのでもちろん想い入れが強いし、長年見守り続けたファンには遙達の想いとは違う気持ち、Freeの世界を卒業するという特別な気持ちがあると思う
そのため視聴者が今回のエピソードに寄せる想いと、遙達の想いにはズレが生まれるため、物語としての評価とファンとしての評価にも多少の乖離が見られると思う {/netabare}

【ファンの期待は重い?】 {netabare}
シリーズのラストを飾る作品として、同志であるファンの間でも期待している内容は違う
明るく楽しい雰囲気でワイワイ仲良くしているようなファンサービスがいっぱい見たいという人と、遙や凛達の人生をしっかり描いて欲しいという人がいると思う

長年見ているファンの心理からすると、これが最後の作品で大好きなキャラクターとの最後の時間なので、思う存分キャラクターの魅力を堪能して卒業したいっていう気持ちがたぶんあります
主な視聴者は女性なので、さながら片思い中の彼との離別、あるいは推しのアイドルの引退式のような引き裂かれるような想いがある
前編で遙が泳ぐことの意味と水との在り方を問われて悩み、それを引きずる形で始まった後編は一人暗い水の底に沈みながら必死に過酷な練習に打ち込んでいる様子が全体的に重苦しい雰囲気をまとっていて、最後を締めくくる作品に期待したものと違うという気持ちもある
それが前後編にわたってシリアスなシーンが続くことになっているので、みんなで明るく賑やかな劇場版が見たかったって思うファンも多くいるのではないでしょうか

これに対して、遙達の水泳人生の総決算をしっかり描いて欲しいという気持ちもあるはずで、その両者の期待に応えようとする姿勢は感じられた
その結果が今までの想い出を振り返るような構成と、それぞれのキャラクターの友情物語と、メドレーでの締めになったのかなと思います
そうやっていろいろ盛り込んでいるので、どうしても期待したものと違うという感想になってしまうのではないかと思いました
私はどちらも見たかったけど限られた尺で描けることは限られてくるので、遙達の物語をしっかり描くことを重視して欲しかった {/netabare}

【前編のシナリオに問題がある?】 {netabare}
前後編を振り返ってみると、前編でアルベルトのFreeらしくない描き方と、それに対する遙の意識と迷走が賛否両論になってしまった原因だと思う
前編での遙の様子はいい加減にしてよ、こんなことしてる場合なの?って思ったところもあった
もちろん世界の舞台で戦うラスボスなので絶対届かない壁として描くことは大事ですが、悩んで沈んで大事なライバル達に当たり散らせば届くのか?っていうとそんなことはないはず、世界の舞台って長い時間ぐじぐじ悩んで勝てるほど甘いものじゃないと思う
遙はアルベルトのことしか眼中になくて、そこに引っ張られて尺をとられた結果、凛や郁弥や真琴とのこれまでの関係性に向き合う時間が不足していたように思うし、彼らにとってどれだけ遙の存在が大きいのかずっと見てきただけに、遙のどこを見てるのかも不明な迷走に振り回されてなんか可哀そうだなって思ってしまった
ここは実力差を淡々と見せるにとどめて、凛や郁弥とのライバル関係のほうを深堀して打倒アルベルトに向けて高めあっていくシナリオのほうが
スッキリするし、明るいシーンが見たかったファンの要望にも応えられたのではないかと思いますが、それは私の勝手な願望です {/netabare}

【良かったところ】 {netabare}
凛の決意を語るシーン
凛と遙と真琴の関係性の良さをはじめ、キャラクター同士の深い関係性が多く見られたのが良かった
遙達の成長が感じられたところ
ミニ渚があざとかわいい
これだけキャラクターいっぱいいて、できるだけみんなに見せ場を用意してくれたこと

わたしはシリーズ初期からずっと凛と江ちゃんが好きです {/netabare}

【少し残念なところ】 {netabare}
まず世界の高い壁に挑むという時期にぐじぐじしすぎなのと、友情を描くことに力を入れすぎて世界の壁に向き合うことからだいぶそれているように思いますが、ここはファンに配慮している部分なのでしょうから仕方ないのかも
ただ、オリンピックというスポーツ選手にとって最終到達点の一つとも言うべき聖地で、楽観的な人でもやはり緊張感とか重みは感じると思うのです
それが高校生の部活と同じようなノリなのはかなり気になった
それから、凛達とのライバル関係も遙の向き合い方には疑問を感じたし、真琴がなんか自分の居場所を失ったような寂しさを感じましたが、みんなが満足するように作るのは難しいですし、いろいろな期待を受けて前半のあの沈んだ流れからラストの良い形に持って行ったのは、前編の最後に抱いていたどうなるのこれ?っていう不安をちゃんと払拭してくれて良かったです
{/netabare}
【シナリオ】 {netabare}
いろいろ文句も書きましたがリレーメンバーの選出や順番、つなぐシーンはどれもFreeシリーズの集大成って感じで良かったです
前編から続く空気の重さはあったけど、最後は良い締め方でした
それぞれのキャラクターの人生にとってこれは道の途中、水泳を通じて成長してきてここからそれぞれの道に歩いていく
人生と言う長い道のりの途中にある、最高に充実した時間はあっという間に過ぎていく、そんな彼らの人生の分岐点を、しっかり描けていた良シナリオだと思います {/netabare}

【謎の女】 {netabare}
もしかしたら、続編?に出てくる予定のキャラでしょうか?
もしくは原作に出ているけどアニメ未登場の亜紀でしょうか?原作は読んでないのでよくわかりません
女性ファンを作中に登場させたってのは個人的にないと思っています、映画館は確かに女性ばかりだったけど男性ファンもいますからね{/netabare}

【作品自体の質】 {netabare}
作画、声優、キャラクター、音楽
これについては言うことなしで、グランドフィナーレを飾るにふさわしい最高のクオリティだった
音楽自体も良いし、絶妙なタイミングで良いBGMが流れるのが素晴らしい
水泳選手らしい引き締まった筋肉の付き方も描き方が上手い
夜のプールのシーンでは、光の反射と水面の揺らめきがとても綺麗だった
遙の心情の表現方法もうまくできているし特に素晴らしいのは選手たちの筋肉の動きの精密さ、水中の映像美と選手達によってかき分けられる水しぶきの表現、水泡の様子までリアル以上に美しく、思わず目を奪われた
間違いなく世界最高峰のアニメ映像でしょう
本当はじっくり何度も眺めたいところですが、映画なのでBD発売までお預けですかね {/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 12
ネタバレ

ゆーな さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

Feel all right

なかなか映画館に行けなかったけど、お姉ちゃんと二人で行ってきましたヽ(゜ー゜*ヽ)わぁい
関係ないけど、映画館のレディースデーいつの間にかなくなっちゃったのね(´・ω・`)
学生のうちにいっぱい映画館行っとこ(*´艸`)
公開から時間たってるのに場内は女の子でいっぱいでした(ノ゜⊿゜)ノ
とても濃密な時間で流れるのが早かったです
競泳シーンの作画がいつも以上にすごい!!
プールの水ってそんなに綺麗じゃないけど、Freeの水中はとても綺麗で現実を越えちゃってます^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ☆ヾ(゜ー゜ヾ)
主要なキャラクターはだいたいまんべんなく見せ場があってどのキャラのファンも楽しめる作りはファンを大事にしていて嬉しいですd(゜ー゜*)
お話はずっとシリーズを見てきたファン向けで、見終わったあとにお姉ちゃんと興奮気味にカフェで1時間くらい、あれってあのシーン?って答え合わせしてました(*´艸`)
それぞれのキャラクターの関係性が素敵で、こういう場面が見たいっていうのをたくさん見られて幸せな時間でした♪
ホントはもっといろんな顔が見たい、ずっと見ていたい・・・大好きなシリーズが終わっちゃうのは悲しい(/_<。)
{netabare}
私もお姉ちゃんも推しは凛君なので、前編終わってからずっとどうなるの??って思って興奮して眠れなかったです(*´0)ゞファァ~~♪
凛くんがハルを追いかけていく展開になって、二人のやり取り見てて幸せすぎて溶けそうでした、凛遥が思う存分堪能できました(≧∇≦)キャー
競技では予選と決勝の2回のリレーってのは色んなキャラクター登場してお祭り感があってワクワクしました
Free全体だと「俺はフリーしか泳がない」でおなじみのハルくんがリレーでラストを飾ったところに成長物語としての意味もあったと思います
ここまで凛くんや真琴くんと関わってきて、それだけハルが水泳と友達を通じで成長したのねって思ってなんか嬉しくて(/_<。)
真琴くんの声優が続投だったのも嬉しかったです☆彡
お話の締めはとても爽やかでスッキリしてて、それがしめっぽい終わり方よりもかえって物語の終わりを際立たせてる感じがして、室内にいるのに爽やかな風が吹いているような感じがして、とても悲しくて泣いちゃいました
でもこれだけ爽やかにお別れできたから、いつまでもわたしだけしんみりしてちゃダメよね、前を向いて成長しなきゃp(*^-^*)q {/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 9

74.7 6 2022年春(4月~6月)アニメランキング6位
名探偵コナン ハロウィンの花嫁(アニメ映画)

2022年4月15日
★★★★☆ 4.0 (31)
141人が棚に入れました
渋谷ヒカリエでとある結婚式が執り行われていた。そこには、ウェディングドレスに身を包んだ警視庁・佐藤刑事の花嫁姿が。コナン達招待客が見守る中、突然乱入してきた暴漢が襲い掛かり、守ろうとした高木刑事の身に危機が─!?。事態は収束し高木は無事だったが、佐藤の瞳には、3年前の連続爆破事件で、想いを寄せていた松田刑事が殉職してしまった際に見えた死神のイメージが、高木に重なって見えていた。
時を同じくして、その連続爆破事件の犯人が脱獄。果たしてこれは偶然なのか?安警察の降谷零(安室透)が、松田を葬った犯人を追い詰める。だが、突然現れた謎の人物によって首輪型の爆弾をつけられてしまう。爆弾解除のため安室と会ったコナンは、仮装爆弾犯「プラーミャ」との間で起こった過去の事件の話を聞く。やがて、捜査を進めるコナンたちを狙う不穏な影が─。

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

勝利のカギは、サッカーボールだ!

 前作はクエンチと呼ばれる煙だったけどまたもや、爆発が起きる劇場アニメに戻った展開が起きるです。今回は悪い奴の罠から始まり、警視庁前、渋谷を舞台とする連続爆破が起き、とんでもない方法で行われようとする爆破を阻止するコナン達の活躍を描いたお話だったです。
 降谷零(安室さん)や同期の他三人を中心に、以前のTV放送にあった爆破事件のつながりでさらに一方においても、表ざたにしなかった事件の絡みを見せてくれたです。佐藤刑事、高木刑事の活躍も見逃せないです。
 また降谷の同期の一人が、コナンと接点があったことが爆破を阻止した大きなカギとなったのです。やや、スリリングな展開だったけど、私には不自然な点から犯人が誰だか想像し、その通りであったことが意外性に欠けたようにも見えたです。

 祝辞と思われた光景がやっぱりこうだったかと一転したり、その一方で罠にはめられる降谷零、事件に巻き込まれるコナン、どうなることやら次々と展開が大きくなっていったように見えたです。

 二種類の液体を混ぜることで起動する手口の爆弾が、最後まで付けまわることになるのです。渋谷でそんなことが可能なのか?驚きの仕掛けを見たです。それをどうやって切り抜けたのか?見に行ってのお楽しみです。
 渋谷のハロウィン、かぼちゃの仮面が、誰にでも印象に残った光景を見たです。相変わらず劇場版コナンは、派手な演出が施されていると感じたです。降谷零の同期が、佐藤刑事、コナンにどうリンクしているのかが?面白みの一つかもしれないです。

 やや、心残りがあったとすれば私の都合上、渋谷で本当は見たかったけど、今回最寄りの劇場で見るしかなかったことでしたです。
 渋谷の建物が、リアルに再現されていたと思ったです。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 2
ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

最近のコナン映画の中では面白い方

{netabare}
最近ずっと酷いのが続いてたけど今年は結構よかった。
良かった点として今回は特定のキャラごり押しに感じなかったところ。最近は安室・赤井・京極とか一部の腐女子受けのいいキャラに活躍させて...みたいなキャラ重視の作品が多かった印象だけど、今回の作品は安室に出番があるとはいえあくまで1キャラとしての立ち位置だし、全員まんべんなく出番があって良かった。
今回の映画、膨大なキャラ全員に見せ場を作るのが上手かった気がする。通常のコナンのキャラ+で映画オリジナルのキャラにもしっかりと見せ場や掘り下げが合って、最後のエレニカのシーンとかも感動できた。

それと今回の映画が良かった理由として犯人が無駄に強いというのもあると思う。安室を出し抜いたり、大規模テロを仕掛けたり、一人なのにもかかわらず下手したら黒の組織レベルで規模の大きなことをやっていた気がする。相手が強かったのでアクションシーンや最後の戦闘が面白かったかな。

一方微妙だった点は、ミステリー要素が少ない。この点だけは最近の他のコナン映画と同じ。そろそろもっとミステリー要素強めでやってくれないことか...。
あの渋谷の道路の図の奴も異次元の狙撃手の劣化焼き増しに感じた。

もう一個、最後のあれはやりすぎ。あの大規模な爆弾をそもそもどうやって仕掛けたんだってのはまあいいとして、あれを阻止する方法が少し...。
どう考えても隙間とか下水道で爆発する。サッカーボールで空から中和剤振らせるとかの方がまだマシだった気もする。

ミステリーとしてはそこまでだけど、クライムサスペンスとしては完璧な映画だったかな。
{/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 3

ハンガー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

現実寄りのコナン

渋谷ヒカリエを舞台にした一作。
コナンの流儀(大人の事情)を鑑みれば、物語は予想を超えない範囲で動いていく。
実在の組織団体の掘り下げ方の深さと、敵キャラやコナンのファンタジー感が織り混じって、現実世界にコナンがいるような、化け物じみたコナンや安室のスペックが増長されているような不思議な感覚に囚われた。
正直クサイ演出感はあるが、それを吉と見るか凶と見るかで評価は変わると思う。
序盤からメタ発言を飛ばしていて、反骨精神が見えたのは面白かった。
作画の良さが際立っていた事もあって、エンタメとしての見応えは充分にあり。
個人的にはゼロの執行人より全然好きだな。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 0

72.7 7 2022年春(4月~6月)アニメランキング7位
ドラゴンボール超 スーパーヒーロー(アニメ映画)

2022年6月10日
★★★★☆ 3.9 (16)
45人が棚に入れました
かつて悟空により壊滅した悪の組織「レッドリボン軍」。だがその遺志は生きていた!!復活した彼らは、新たな人造人間「ガンマ1号&ガンマ2号」を誕生させ、復讐へと動き始める。不穏な動きをいち早く察知したピッコロはレッドリボン軍基地へと潜入するが、そこでまさかの“最凶兵器”の存在を知るのだった……!!パンをさらわれ基地へとおびき出された悟飯も参戦し、かつてない超絶バトルが始まる!!!!果たして死闘の行方は!? そして、地球の運命は!?
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ピッコロ感謝の日

【物語 3.5点】
一撃で星を消滅させるキャラが複数いるw能力のハイパーインフレーションが、
シナリオ展開を自縄自縛する本シリーズ。

地球上で話を成立させるには色々理由を付けて、星が存続できる程度にキャラの能力を縛るか、
メンバーを絞るかの二択しかないが、本作は後者。

復活を帰すレッドリボン軍。
かつて人造人間を生み出した天才科学者・Dr・ゲロの孫・Dr・ヘド。
その野望の本格始動への対応に東奔西走するピッコロらの活躍を描く。

ピッコロも相当凄いナメック星人だが、力押しで即応できるほどの戦闘能力はなく、
頭脳や人脈をフル活用して対処する中で、かりん様や神様など
能力インフレで忘れ去られていた、懐かしい諸設定が再発掘され、
全開バトルをお預けにされたオールドファンも溜飲が下がる。

レッドリボン軍の野望が動き出す前の長~い雌伏の時→決着は一日でという脚本も巧い。
これが三日目、四日目となると超サイヤ人ゴッドだの破壊神だのが大挙押し寄せて来て、
レッドリボン軍が不憫なのでw
一日で対処したことで、ピッコロさんのメンツも保たれますし。
レッドリボン軍の野望など、ピッコロさんにかかれば、{netabare}幼稚園のお迎え{/netabare}くらいたやすいこと?なのですw(引きつり笑いw)


正義のスーパーヒーロー創造を夢見るヘド。
レッドリボン軍がヘドを計画に巻き込む際、
悟空たちが悪だと説得するのに、どんな無茶な理屈を並べるのか気になっていましたが、
陰謀論的な視点から
{netabare}世界一の大企業のボス・ブルマの元に集結した宇宙人部隊(←大体、合ってるw)
カプセルコーポレーションは宇宙人の技術を流用している(←大体、合ってるw)
あのピッコロ大魔王や、人造人間、魔人ブウも奴らの一味(←大体、合ってるw){/netabare}
などと説得力があったのが笑撃的w


【作画 4.0点】
アニメーション制作・東映アニメーション

監督の児玉 徹郎氏。
5年前、担当した『キラキラ☆プリキュアアラモード』EDのダンス映像を見ていて、
東映アニメのCG、セルルック技術の実験場である『プリキュア』EDも相当進化している。
これは長編で実用化されたら楽しみだと思っていましたが。
今作で全編セルルックCG映画という形で成果を堪能できたのが嬉しかったです。

日常シーンの細かい所作もCGで構築。
本シリーズも今や国内より海外の方が興行収入が倍以上多い映画。
レッドリボン軍幹部が、葉巻に火を付け損ねたり、オレオ?を貪る怠惰を見せたり。
こうして一度出した小物は終盤に小ネタとしてしっかり回収したり。
この辺りの作画によるキャラの立て方、伏線芸などは世界市場も意識したCGアニメといった印象。


【キャラ 4.0点】
実質的な主役・ピッコロ。
振り返ってみるとピッコロさんも、
ピッコロ大魔王の息子・マジュニアであり、ネイルや神と同化したり、何より孫悟飯の師匠であり。
肉体面でも、腕が一瞬で再生するだけでなく、{netabare}腕伸び~~るし、巨大化するし。{/netabare}
キメラ級に設定や過去が複雑怪奇なキャラクター。
本作ではこれらの要素をフル活用した上、
さらに{netabare}オレンジピッコロにパワーアップ。{/netabare}
潜入、工作、バトルにおける指示出し等MVP級の活躍。
だから、ピッコロさんに{netabare}幼稚園のお迎え{/netabare}など雑用を押し付けるのはやめて、もっと労り感謝しましょうw

一応のもう一人の主役・孫悟飯。
例の如く学問、仕事にのめり込み修行も子育てもおざなり。
ただ、怒りに火がついてからは、父・悟空を凌ぐという能力の一端を披露。
師匠・ピッコロさんへの尊敬の念も忘れてはいませんでした。
{netabare}フィニッシュが魔貫光殺砲{/netabare}だったのがグッと来ました。

ピッコロに師事する悟飯の娘の3歳児・パン。
レッドリボン軍の計画に巻き込まれた一日も
パンにとってはちょっとハチャメチャで、{netabare}空も飛ぶことができた{/netabare}ワクワクな一日。
一般地球人・女児の感覚で言えば、はじめてさかあがりができてうれしかったです♪と絵日記に記される程度の思い出なのでしょうw

一日縛りの能力インフレ抑制下で、クリリン夫妻({netabare}太陽拳{/netabare})、悟天&トランクス({netabare}フュージョン失敗w{/netabare})辺りにも見せ場あり。


【声優 4.0点】
孫悟空・孫悟飯・孫悟天役の野沢 雅子さん。ピッコロ役の古川 登志夫さん。
これらレジェンド級に対峙するには並の声優じゃダメと言わんばかりに、
Dr.ヘド役の入野 自由さんの元で、
人造人間ガンマ1号役の神谷 浩史さん、ガンマ2号役の宮野 真守さんのコンビをけしかけていく構図。
{netabare}ラスボス・セルマックスにも勿論・セル役の若本 規夫さん{/netabare}も起用して声優陣ならレッドリボン軍も負けてません。
が、{netabare}セルマックスが不完全体だったからか若本さんも叫ぶだけでやや不完全燃焼。{/netabare}


【音楽 4.0点】
劇伴担当・佐藤 直紀氏、
勇壮な金管を全面に押し出したヒーローBGMで激戦を煽る。
この辺りもハリウッドのアメコミ劇場版などを想起させられる世界市場向けの構成との印象。

ED主題歌はなし。重厚な劇伴サウンドで最後まで押し切る。


【付記】
東映アニメーション・社内ネットワークへの不正アクセスにより、GW前の公開から延期された本作。
『ONE PIECE』『ダイの大冒険』『プリキュア』などのTVアニメも放送延期する中、
かきいれ時の興行を逃した本作は特に大ダメージ。

取り敢えず事件起こした連中は、アップデートしたドラゴンボールで3回ほど地獄送りでどうぞ(怒)

投稿 : 2022/10/01
♥ : 11
ネタバレ

yuugetu さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

とりあえずの覚書

2022年4月22日公開のアニメ映画。
高校生頃に原作漫画読了、同じ頃にアニメはドラゴンボールZを一通り視聴した記憶。

細かい点までは整理できていないので今は覚書のみ記録しておきます。

{netabare}
・パンのアラレちゃん走りかわいい
・悟飯がピッコロさんに頼りすぎてて可笑しい
・ピッコロさん脅迫演技してるときパンの足を持ち上げてあげるのかわいい
・パンが悟飯の後ろでメガネ拾ってかけてみたりしてるのかわいい
・シェンロン…ピッコロさんへのおまけ凄いというか反則じゃない?良いのか悪いのか…
・悟飯~~!!パンやピッコロさんが酷い目にあってからキレるんじゃなくてもう少し事前にですね……!!
・背後にいるキャラやモブがちゃんと演技してるのが好き

・作品テーマは「親子」と「ヒーロー」。産んだ博士と産み出された人造人間、師匠と弟子、父と師匠と娘。
・ヘドがマゼンタと袂を別つ流れというか、仕草と台詞の描写が細かくて良かった。凄く自然に近いうちに決裂するとわかるのが上手い。
・ヘドにとってガンマ1号2号はヒーローの理想みたいな存在だったと思うんだけど、2号はヘドの手を離れた所でヒーローだった。自身の正義に殉じる覚悟はヒーローの条件だけど、それは1号2号にはあって、ヘドには無かった。
これはヘドが酷いという描写ではなくて、我が子に本当のヒーローの姿を教えられたという点ではテーマに合致している。そして生き延びた1号がヘドにとっての救いでもある。
悟飯との関係性によって変わることができたピッコロさんだからこそ、ヘドに何もなかったということにしても良いんじゃないか?と言ってやれるんだよね。
・ピッコロさん悟飯を本気にするために狂言誘拐とか酷いよ…と思ってたらラストバトルで悟飯のために一番命掛けたのもピッコロさんだったので、そこでバランスを取ったんだろうな。パンがしっかり守られていたのは当然として。
・悟飯に包容という名の突撃するパンがかわいい。それを受け止められてこそお父さん。
・悟飯とピッコロさんって、お互いがお互いのヒーローなのだな…

・キービジュアル?ポスター?は二種類、どちらもシンプルな構図で良い。今作の映画が原作序盤~中盤の雰囲気だとすぐわかる。
・カメラワーク動きすぎて苦手…まあ酔うほどではなかったけども。{/netabare}
2022.6.29

投稿 : 2022/10/01
♥ : 6

羽宮 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

全編CG、思っていた以上に良かった

DBのアニメに関してはZ以降は映画含めて恐らく全て観ています(SDBHみたいなふざけたやつ以外は)。
映画は話題作でもない限り基本信者しか観ないのでクソ映画でも点数は高くなりがちですが、映画ランキング基準ではなく普段と同じ自分基準での点数にしました。
基本情報は誰かが書いてくれると思うので省きますが、CGが思ったより良くて驚きました。ソシャゲやアーケードのカードゲームと大差ないだろうと観る前は舐めていましたが、映像はなかなかに綺麗で動きも細かく、エフェクトと合わさった迫力もかなりあると思います。
先に断っておきますが、ここ最近のDB映画ではダントツでいいです。……これまでが酷すぎたともいいます。
ピッコロが活躍するのはいいですし、悟飯とセットというのも喜ぶ人は多いでしょう。
ただDBの世界観・キャラ設定という面では無理があったと思います。元からハイパーなインフレで鳥山明本人が一番わけわからなくなってるので今更でもありますが。
制作側もこれまで何度もエアプを晒して後から裏でコソコソ修正してきた過去がありますが、とにかく悟飯の設定をいろいろと無視し過ぎです。一人称すらめちゃくちゃ。
エアプ筆頭鳥山明が原因なのか、制作側が原因なのかはわかりませんが、少なくとも悟飯の設定は言語化してきちんと固めておくべきです。以前からアルティメットという表現を公式が逆輸入しておきながらも最終的にビーストと名付けたのも、あまりのセンスのなさに驚きました。
ここで長ったらしく書いても仕方ありませんが、「潜在能力最強」も雑に扱われたものだなと思います。
魔貫光殺砲くらいしかし知らない若い女の子や最近知ったばかりの子どもにはいいのでしょうけどね。
アルティメットが超サイヤ人3の完全上位互換の戦闘力だとわかっている人が今どれだけいることやら。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 0

71.3 8 2022年春(4月~6月)アニメランキング8位
機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 (アニメ映画)

2022年6月3日
★★★★☆ 3.8 (35)
105人が棚に入れました
ジャブローでの防衛戦を耐えきった地球連邦軍は勢いのままにジオン地球進攻軍本拠地のオデッサを攻略すべく大反抗作戦に打って出た。アムロ達の乗るホワイトベースは作戦前の最後の補給を受ける為にベルファストへ向け航行。そんな中ホワイトベースにある任務が言い渡される。無人島、通称「帰らずの島」の残敵掃討任務。残置諜者の捜索に乗り出すアムロ達であったが、そこで見たのは、いるはずのない子供たちと一機のザクであった。戦闘の中でガンダムを失ったアムロは、ククルス・ドアンと名乗る男と出会う。島の秘密を暴き、アムロは再びガンダムを見つけて無事脱出できるのか…?

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

大戦の片隅で

[文量→大盛り・内容→考察系]

【総括】
映画館で観てきました。一応、TV版も見直したのですが、これはもう別物ですね(笑)

作画はとても良いです。映画館で観るべきアニメだと思います。

ストーリーには賛否あるでしょうね。私は、わりと好感をもって観ました。まあ、富野ガンダムを期待すると、大分期待はずれでしょうね。

本作は、安彦ガンダムらしい、古くさくて、人間くさくて、心あたたまる、これはこれで素敵なガンダムでした。


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
「戦争は上層部が起こし、最前線が戦い、民間人が傷つく」

そんな事実が、妙に「今、この瞬間」と重なった。ヒトラーをなぞらえて語ったマ・クベ。民間人の犠牲を全く気にしないゴップ。2人が引き起こそうとした「核戦争」を、1兵士(ククルス・ドアン)が止めようとするのである。

あのシーンなんて、本当に「今」、、、いや、もしかしたらやってくるかもしれない「ごく近い最悪の未来」を見ているようだった。

もちろん、安彦監督は、今のこの状況を想定して作ったわけではなくて、人間が持つ、普遍的な部分を描いたら、妙に時勢とマッチしてしまったのだろう(というかそれは、富野監督が描いた原作からであるが)。

本作の主人公はククルス・ドアンなのかもしれないが、やはり、私自身はアムロ・レイを主人公として観た。

TVシリーズの流れの中では、ガルマを倒して、アムロが母と再開した後であり、ランバ・ラルが死ぬ前に位置するのが、この「ククルス・ドアンの島」である。

TV版は正直、「箸休め」的な部分が大きく、安彦監督も「ファーストガンダム最大の心残り」としたエピソードであるが、その焼き直しには完全に成功していたと思う。

アムロの成長を考えていくとき、最初は「成り行き」で戦ったアムロだが、徐々に「ヒロイズム」に囚われていき、それを、ランバ・ラルに叩き直されるという大きな流れがある。

優しく、虫も殺せないような「少年」だったアムロは、戦争の中で、否応なく「兵士」になっていく。戦争の中では、「大人」になる前に、「兵士」に成らざるを得ないのだ(2話前の、母との再会話から)。

そんな悲しい現実の中、アムロが「少年」から「兵士」に生まれ変わっていく途中に、「人としても少しずつ成長している」ことを、安彦監督はこの「ククルス・ドアンの島」を通して描きたかったのかなと思った。

本作のアムロは、かなりポンコツに描かれている。

モビルスーツの操縦は上手いだけで、畑仕事も満足に出来ない15歳の普通の少年。はじめ、アムロは何にも出来ないので周りからも認められない。

彼が認められたのは、「水道修理」と「電気修理」。水道修理で高所からロープで降りていったのは、間違いなく、アムロが兵士として身に付けたスキルと根性だろう。「電気修理」で生きた機械いじりは、ガンダムに乗る前からのアムロの特技である。

つまりこの2つによって周囲から認められ、受け入れられたのは、「ガンダムに乗る前のアムロの人生の肯定」と、「ガンダムに乗った後のアムロの人生の肯定」ではないだろうか。

アムロはガンダムに乗らなければ多分、父親のような技術者になったのだろう。もしくは、機械いじりが好きなだけのオタクか。

そんな人生と、「連邦のエースパイロット」としての人生の、どちらが幸せなのかは分からないし、それを考えることにも意味はない。

それを望むかどうかは別にして、時間は確実に流れ、その時間の中で得た経験は全てが自分の中に蓄積されている。兵士として得た人殺しの技術も、使い方を変えれば人を救ったり守ったりできる。

本作の中で、アムロがガンダムで生身の敵兵を踏み潰して殺すシーンがある。前後の流れからしても、アムロの性格からしても、違和感のあるシーンだったが、あの優しい安彦監督が満を持して作った本作である。きっと何かの意味はあるのだろう。

TVシリーズで本作の1話前にあたる「時間よ、とまれ」で、アムロは生身の敵兵を殺すことは出来なかった。それがなぜできたか?

「時間よ、とまれ」との最大の違いは、「守るべき者が居たか」ではないだろうか。「時間よ、とまれ」ではガンダムが単独で動いていたが、本作には、カーラやマルコスといった、「守るべき者」がいる。彼らを守るためには鬼にでもなれるというのは、ククルス・ドアンから学んだことではないだろうか。

思えばアムロが初めてガンダムに乗った動機は、「生き残るため」であり、「身近な人を助けるため」であった。そういう初心を思い出した、とするのは、やや恣意的な解釈だろうか。

本作で敵を踏みつけたのは、近くにマルコスがいたからだろう。下手に兵器を使えば、跳弾や崩落などでマルコスを巻き込む可能性がある。直前に、ビームサーベルでコックピットだけを貫いたことからも、マルコスを守るために戦っていることが分かる。

少年だったアムロは、ドアン達との日常の中で人間として成長し、また、兵士としても成長していた。

では、その先に見つめるものは何か。

最終的には、「武器を捨てること」だろう。

ククルス・ドアンは、完全に地に足がついた「大人」として、アムロの前に現れる。ドアンは一流の兵士であり、多くの人を殺したが、その先でも、「素敵な大人」になれた。

今はまだ銃を置くべき時ではない。でも、その時が来たら武器を捨て、穏やかに暮らすこと。

ククルス・ドアンは、アムロにとっての目標となる大人であり、散々人を殺してきた自分もそうなれるという希望だったのかもしれない。その象徴が、最後の「染み付いた戦いの臭いを捨てる」という、「とても良いこと」なのだ。

ちょっとだけ残念だったのは、もう少しロボアクションが観たかった(特に、サザンクロス隊との決戦)ことと、ラストでアムロがガンダムを使って畑を作るシーンくらいは欲しかったかなというところ。数秒でも良いし、なんなら、ホワイトベースから見下ろした背景として、(人力で作った円の畑の中に)ガンダムの指で引っ掻いたような直線的な畑がある、くらいさりげなくても良いからさ。それは、本作の作風にもテーマにも合った、素敵なシーンになったと思うんだけどな。

まあ、本作は、とにかく「ガンダムらしく」はない。ただ、ハッピーエンド好きな私としては、こういう素敵なラストは嫌いじゃない。

賛否両論あるだろうが、私含め、オッサンのガンダムファンは、批判はしても離反はしない。負け続けても応援し続ける阪神ファンみたいなもんである。多分、一生ガンダムファンなのだ。

大事なことは、こういう、新しい、綺麗なガンダムを、若い世代がどう受け止めるかだと思う。是非、若手の意見を聞いてみたい。

余談だが、今日、映画館で私の隣に座っていたのは、可愛らしい女子中学生の2人組だった。個人的には、今回の映画鑑賞でそれが一番嬉しかったりした(いや、JCの隣に座ったことじゃなくてね(汗)。そういう若い女性ファンがこんなコアな作品を観てくれている、ガンダムを好きでいてくれることがね、嬉しかっただけですよ。アセアセ)w
{/netabare}

【余談~舞台挨拶中継から素敵なシーンを~】
{netabare}
ライブビューイングで見られたので、いくつか素敵なシーンを。

①視聴前に司会の方が、「カメラでの撮影はお控え下さい。もし見つけた場合には、高濃度のミノフスキー粒子が散布されます」と、洒落た注意をしたこと。

②森口博子さんの挨拶中にお客さんのスマホが鳴ってしまったのに、すかさず、「大丈夫ですよ。本番前で良かったですね」と、笑顔でフォローしたこと。

③本作でセイラさん役をした潘めぐみさんが、お母さんの潘恵子さん(ララァ)のスカーフを巻いて登壇していたこと。

④マルコス役の内田雄馬さんが、司会の方から「内田裕也さんです」と紹介されたが、笑いながら「大丈夫ですよ。名前だけでも覚えて帰って下さい」と、笑いに変えていたこと。

⑤もうこれでガンダムは最後、とする安彦監督に、古谷さんが何度も「僕はまだ15歳のアムロをやりたいです」「作画に悔いがあるなら、それは次回作で」と、何度も次回作を勧め、安彦さんも困りながらも何だか嬉しそうで、最後には「もう先のことを考えられる年ではないのですが、実は、この中で私が一番年上ではないんですよね(古川登志夫の方が一歳年上)」と、少し前向きになっていたこと。
{/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 16
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

ニュータイプという言葉も出てこない地に足のついた素朴なガンダム

『機動戦士ガンダム』第15話「ククルス・ドアンの島」(視聴済)を素材に
正味18分程度→100分超にリブートした長編作品。

【物語 4.0点】
一貫して戦時下の人間の業を描いていく『ガンダム』ですが、
ククルス・ドアンの頃はまだアムロも民間人から戦争に深入りする途上。
スレッガーさんなどの“潤滑油”も健在。
悲劇も積み重なって、オールドタイプじゃもう地球はもたない。
人類はニュータイプに進化すべき云々と理想が語られるのも、もう1クール程あとの話。

誰も戦争を望んでいないのに、巨大な組織の一員として戦争に巻き込まれる惨状を自嘲しつつも、
敵味方の立場を越えて、良心に従い、自然を顧みたりすれば、まだ人類はやり直せる。
一筋の光明にすがれる佳作エピソードが詰まっているのがファーストガンダム前半部。


こうした要素に光を当てるため、本劇場版は拡大した尺の多くを島での生活描写に注ぎ込む。
あとは地球圏をたらい回しにされるホワイトベースの立場の解像度アップを企画した政治的背景の詳述などがメイン。
もちろんバトルにも見どころはあるものの二の次といった印象。

長い人生、戦時など一瞬。地に足をつけて、動植物や子供を育む人間活動こそ重要。
ドアンの達観に価値を見いだせるかで明暗は分かれそう。


【作画 4.5点】
アニメーション制作・サンライズ

決して美女イケメンばかりでない顔立ちが並ぶのも相変わらず。
が、その心情描写は深く、人間観察する価値が大いにある。

特にブライト艦長の円な瞳に中間管理職の悲哀が滲んでいるのがジワジワ来ます。

レビル将軍ら上層部によるホワイトベースへの命令も政治力学上の合理性あってのこと。
が、直下の中間管理職らからすればそれは無茶振り。
そんな事情を胸にしまって部下に当たれば不機嫌だの何だの陰口を叩かれる。
さらにブライトさんも少し前に{netabare}親父にもぶたれたことない少年に手を上げた{/netabare}後ろめたさも引きずっていて……。
戦時の人間組織を解析する脚本の意図を、
ブライトさんの顔立ちがしっかり拾っているのがもう可笑しくてw
そんな彼が心情を吐露できるのはミライさんだけ。
これはもう結婚するしかありませんねw

絵コンテがいぶし銀のいい仕事していると感じます。


古くからのSFには、当時のSF設定が時代遅れになるという課題がつきまとうもの。
だからといって、アナログっぽい計器や分厚いモニターといったオリジナルのコックピットに、
急に空中ディスプレイが乱舞するのも興ざめ。
本作はその辺りのバランスも考慮してオールドファンに訴求。
ブライトさんもカステラみたいな有線受話器に口角泡を飛ばしますw

ベルファストの連邦軍描写からは、
大艦巨砲主義を引きずった旧態依然が、持て余し宙に浮いたホワイトベースの苦難を示唆。

ドアンのザクによるスラスターをフル活用した格闘戦。
ザクの白兵武器は“ヒート”ホークであることを納得させられる加熱描写。
など詰めるところは渋く詰めて来る。


【キャラ 4.5点】
主人公アムロ・レイ。
ガンダムでの激闘、両親との軋轢と、ここに至るまでに既に大きな負荷がかかっていることが、回想で示唆される。
が、この段階ならまだ、島で人間活動をする描写を通じて、土と心を耕せば、
まだ普通の人間の少年として再生できる可能性も示される。

ドアンの島の子供たちもモブではなく
一人ひとり、より明確な人格を持ったキャラとして再構築され、
各々が一年戦争の縮図を体現。
さらにドアン家の“母親役”の少女カーラや、
アムロと同年代の少年マルコス辺りは、
アムロに世話を焼き、突っかかることで、
人間アムロの要素を掘り起こす引き立て役としても機能。


サブがメインを引き立てるという意味では、
元ネタでは顔が出なかったザク強襲部隊。
本作では“サザンクロス隊”としてキャラが確立。
戦場でしか生きられない戦闘狂をドアンにぶつけたりすることで、
ドアンの生き様を際立たせる。


ガンダムがまだ“白いやつ”呼ばわりで留まっているのも前半部ムード。
この島で“白い悪魔”と呼ぶべきは、気まぐれな挙動で人間たちを翻弄するヤギのブランカでしょうかw

ただ真に喰えないのは、狐のマ・クベと狸のゴップの化かし合い。


【声優 4.0点】
『ガンダム』も後継声優が馴染んでいく中、
オリジナルから残っているホワイトベース隊はアムロ・レイ役の古谷 徹さんや、
カイ・シデン役の古川 登志夫さんくらいに……。
このお二人も、本作が最後のガンダムと公言する安彦 良和監督と同様、いつまで見られるのか……。

一方、島の子供たちの役には新人の抜擢も目立つ。
特にカーラ役の廣原 ふうさんは錚々たる顔ぶれの中でも、
ドアンに対する複雑な感情などを表現する堂々たる演技。

ドアンは声優界にも種を蒔いています。


【音楽 3.5点】
劇伴担当は『THE ORIGIN』以来の服部 隆之氏。
昭和を彷彿とさせる金管をアレンジし、
「ガンダム大地に立つ」など往年のBGMリバイバルの土台を整える。

ED主題歌は森口 博子さん「Ubugoe」
『Z』後期OP「水の星へ愛をこめて」の頃からは、流石に声質が変わってはいますが、
齢50を越えて尚、純度の高いボーカルを維持する辺りはお見事。


【感想】
本作もIMAXだの4DXだの様々な規格に対応して興行。
ですが私はこの映画に迫力やアトラクション性などを求めるのは何か違うと思い、
平日夜の閑散とした小規模スクリーンで静かに見届けました。

だから劇場で是非とは敢えて言いません。
BDは既に販売リリースされてますし、各人の目的に応じた方法で、島に潜入すればよいかと。

ニュータイプだけが『ガンダム』じゃないと再認識させられた。
渋い余韻が残った劇場鑑賞でした。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 12

カリウム さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

「チッ(舌打ち)」(作中引用)

 多くの人が知っているであろう初代ガンダムの、その中でも多くの人が忘れているであろう「ククルス・ドアンの島」の回。パリコレモデルびっくりの超スリムなザクが登場したり、かの有名な『ムンクの叫び』の如く顔の細いガンダムが登場したりと作画崩壊が顕著にあらわれた回でありつつも、ストーリーとしては“武器を棄てる”という戦争において今でも通じる重要なテーマを扱っていたと記憶しています。そのリメイクとして作られたのが本作でした。
 
 最初に結論を言うと、私にとってこの映画版は不評でした。恐らく、この映画は賛否が大きく別れます。

 最初に良い点として、作画が綺麗になった点があげられます。アニメ版のリメイクとして、この点は誰もが感じる非常に良いのではないでしょうか。その他に、賛否は分かれると思いますが子供の数を増やし描写も多く描かれていた点もリメイクとして私は良い点なのではないかと思います。

 次に良くない点です。私が結果として不評に感じた理由として、多くの描写の違和感があったからだと思います。以下、箇条書き。
 ・島や小さな畑の割にはドアンと子供達のあまりにも豪華なご飯
 ・ドアン自体の描写不足
 ・戦場に同行するフラウボゥと子供達
 ・核ミサイルを一人に任せたジオン
 ・MS戦のあまりにも生身の人間っぽい描写(切られた腕を痛そうに押さえているなど)
 ・終盤のヤギ(これだけは許せない)……など

 これに加えて、私自身はオリジンシリーズの人物の過剰な演技(オーバーリアクション)が苦手だったのですが、本作品でもオリジンと同じくらいかそれ以上の過剰な演技があり、それが苦手な方はこれも違和感の大きな要因になると思います。
 他にも、そもそも一律1900円であることや、細かいセリフの違和感など言いたいことはありますが、以上のことが特に重要であると感じた点です。

 このように、初代ガンダムの「ククルス・ドアンの島」のリメイクとしては良作と言えますが、1つの作品としては良い出来とはとても言えない作品でした。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 3

67.9 9 2022年春(4月~6月)アニメランキング9位
バブル(アニメ映画)

2022年5月13日
★★★★☆ 3.6 (65)
201人が棚に入れました
世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。
ライフラインが断たれた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。
ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。
そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた・・・。
なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。2人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

泡と渦は破壊と再生。未来の人魚姫は綾波レイ? 追記 欠点について

 ネトフリにやられて悔しいですが、迷いに迷って再び会員に…うーん。まあ、先に結論をいうと悪評が多かったですが私はかなり面白かったです。ですので、良しとしましょう。ということで1回目視聴しながらの感想です。

 新海誠との類似性の指摘もありますが、どちらかといえば、本作の映像的な見どころは構図の取り方だと思います。そして映画的な意味においてはまったく似ているように見えませんでした。

以下ちょっと項目ごとに整理してみました。

{netabare}ディストピアもの
東京ですから過去例は沢山あります。こういうSFの場合、舞台設定なのかテーマ性があるのかが問題です。

 小松左京の首都消失やラーゼフォン、アキラなどの類似に見えます。が、私はどちらかと言えば本作は飛ぶこと…重力からの解放、エアギアとの類似性を強く感じました。空を飛ぶ夢というのは不安の表れまたは解放への憧れです。

泡と渦
 バブル…泡がなにを象徴するのか。ぱっと見では経済の崩壊=日本の自信が砕け散ったバブル崩壊=東京が廃墟とかさなります。

 渦が象徴するものは破壊と再生…フィボナッチ数を意識していますので、自然に含まれた法則ということでしょうか。ですが、本作はちょっと禍々しい意味に使ってましたね。銀河=渦は滅びと再生。一番初めに見せていた銀河の集合はボイド構造=「泡」構造という超銀河団、宇宙の大規模構造の世界観ですから泡と渦=宇宙。つまり滅びと再生という意図はわかります。

人魚姫
 出会いの時の「人魚」のセリフと泡を重ねると、人魚姫の結末。つまり風の妖精になるということでしょうね。溺れるところを助けられたし、しゃべらないですし、触ると泡がでる。歌は人魚ではないですが、ローレライを想起します。これは冒頭の20分くらいで読み取れます。と思ったら、普通に人魚姫を本で出しましたね。
 人魚姫=異文明との第1種接近遭遇…コンタクトとかメッセージなだと。知識を得る、しゃべれる…ではなかったですね。そこにフォーカスはあたりませんでした。宇宙意思だと長門有希ですけどね。後述しますが綾波レイとの類似性を感じましたが、心情的な部分では長門有希も入ってたかなあ。

 もう1つ。腕を失ったウタが、抱き合っているヒビキとマコトをうらやましそうに歌が見ていましたね。嫌な予感しかしません。

 つまり、泡と渦という対立構造と人魚姫で、ウタは宇宙の意思ということなんだと思います。


パルクール
 パルクールは立体的な動きですから、肉体回帰と重力からの解放…3次元=リアルの象徴なのかもしれません。
 ちょっと背景のビルですが、アキバ的な萌え映像が廃墟に描かれていましたね。これもちょっとエヴァの結論であるオタクからの脱却を言っていたのかもしれません。
 

 なお、人魚姫の本を出したり、パルクールのルールの説明や親がいないという事をセリフでしゃべってました。これはやらなくても普通にわかります。つまり余計な説明であって、視聴者を信頼していない、という気がします。映画のレベルを上げたいと思うならここは説明しないほうが良かったですね。


エヴァとの類似性
 ジョウロの水やりはスイカになればエヴァの加治さんですねえ。そういえばヒロインの青髪=人ならざるものはエヴァを想起します。重力異常の映像などシンエヴァの影響が感じられます。第2次降泡?(コウホウ)現象。東京の水没。
 なんといっても最後綾波レイは自然とのふれあい、人間の生活を知ってそして消えて行きました。(ニワトリ追いかけてましたね。農業のシーンと重なります。)
 ウタが象徴するものは非常にシンエヴァの綾波に近い気がしました。

{/netabare}

雑感
 本作の廃墟は映画の流れで言うとどうでしょう。
「君の名は。」のように東日本大震災を象徴しているのではないと思います。環境破壊の「天気の子」はあるかもしれません。でも私はどちらかといえばシンエヴァ…3次元への回帰。つまり恋をせよということ。そして文明と経済という価値からの脱却だとおもいます。

 音に過敏ということは人と違うということ。生きづらい世の中をバブルが救ってくれた。静かな東京つまり文明からの脱却で居場所が出来た。道具を持ったアンダーテイカーに勝つということは肉体への回帰ということ。ボーイミーツガール…コミュニケーションで心が芽生える。

 アンダーテイカー=墓堀りですね。既存の価値観にうずもれて行く。機械に頼る。経済重視。勝つための手段を択ばない。動画に投稿すアピールする。未来がないということ。現代的な価値観の否定ですね。

自主性重視。大切なもののために命をかける。

 草食化とポリコレで恋愛が出来なくなった。触れる事が出来ない男女。アナユキではないですね。肉体で触れ合えない。純粋な恋ですけど悲劇でもあります。シザーハンズとか死神坊ちゃんと黒メイド的かなあ。

 そして、自信を失った日本は経済や文明という既存の勝ちから離れることで居場所ができる。

 まあ、ちょっとBL的な演出が余計かなあという気もします。

 新海誠が「君の名は。」で、2011年の東日本大震災でいままでの世界系的な物語や別れによる涙を否定しました。「天気の子」で東京の終わりと「青春の衝動」を描きました。
 ここにシンエヴァ的な2次元からの卒業=3次元へ。

 本作は東京が終わった後の新しい価値観はなにか?経済と文明ではなく肉体と自然への回帰。そして女の子を迎えに行け…というふうに理解しました。

結末
{netabare}  人魚姫である以上結末は必然でしょう。風の妖精=自然と溶け込んだということだと思います。いつかまた会おうは、ヒビキが宇宙になるときなんでしょうね。
 ちょっと我慢してましたけど、最後のウタのカップでうるっと来てしまいました。うーん。最後並走していたあの泡がウタっぽい演出でしたけどあれはちょっと余計だったかなあ。{/netabare}


 作画はもちろんこのレベルの映画ですからほぼいう事はありません。演出はViVyぽかったですね。


 欠点としては、ストーリー内の時間の幅が短くて、ちょっと壮大感がなかったですね。あとウタへの感情移入できるエピソードがせめてもう1個あればなあ…。

 いろんな映画のオマージュは沢山ありますが、それは現代においては仕方がないです。けど、少なくとも新海誠の下手な模倣ではないと思います。ストーリーは面白いし、テーマ性もアップデートしていると思います。

 映画見ながらレビューしたので、ネトフリ会員中にもう1回見ると思います。




で、追記です。2回目…とはいっても気になった部分を重点に。

 テーマ性は1回目のレビューの通り。整理すると、東京の喪失=失われた日本の30年。経済、文明で日本は廃墟に。
 虚業である動画配信や2次元コンテンツがはびこる。個人のメシや必需品=経済に支配されてその戦いに明け暮れる。
 東京タワー=昔の日本、東京の象徴の破壊から始まる

 破壊と再生=渦と泡…宇宙の理が入った感じですね。

 パルクール=3次元=自由。価値観からの解放。2次元からの脱却自然回帰。というか何か新しいものを見つけようぜ。

 ただ、工事現場を描いていました。そしてエンディングで日常に溶け込むウタ。うーん。未来の東京はまた逆戻り?それとも新しい東京を作るということ?あの画面は意味が分かりづらかったですね。


 2回目みて思ったのが、東京タワーで怒りに触れた…というよりウタとの出会いな感じなんでしょうか。あのあたりが言葉足らずですね。ウタ=歌とヒビキ=聞くことができる、と言う名前からいって2人はあそこで出会っと見るのが映画的文法の気がします。

 ただ、そこは宇宙のなんらかの存在であるウタがなぜヒビキのところに来たかが説明不足です。
 ここに意味性があるかどうか。未来の人魚姫=綾波プラス長門が消えてなくなる部分。2次元からの解放ではあると思うんですけど、それだけか。なぜ東京なのか。東京が世界で最も歪んだからか。

 最大の欠点はやはりウタが描けてない。ウタとヒビキの心を通わせるエピソードが弱いです。冗長な部分があるのでカットすれば時間をそんなに変えないで、エピソード作りができたはず。

 この2つ。ウタとヒビキに関して設定的な出会いの理由と、ストーリーの骨格としてのラブストーリーが弱かったと思います。

 ということでちょっと評価は下げておきます。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 13
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

【コメント辛目】若者の無茶を危険だと止めずに見守るのが大人の役割

劇場版公開前に武田 綾乃氏(『響け!ユーフォニアム』原作小説など)のノベライズで物語を押さえた上でのドルシネ鑑賞。

【物語 3.5点】
アニメーションの力を信じる余り、説明を削ぎ落とし過ぎて、鑑賞者が落下(フォール)する恐れ。

プロデューサー・川村 元気氏が荒木 哲郎監督作を一般層にも認知させたいと立ち上げた企画。
「降泡現象」により重力崩壊&水没した東京を舞台に、
近年のアクション映画で定番となったパルクールを、
より過激に競技化した「バトルクール」を軸に鑑賞体験をアトラクション化し、万人受けを狙う。

その上に現代版『人魚姫』を展開するが、
脚本・虚淵 玄氏によるSF設定の根幹も、主人公&ヒロインが恋に落ちる過程も、
言葉にせずにアニメーションで伝えようとするため、
一般受けを目指しながら、結局、何気ないカットから考察するマニア層じゃないと喰らい付けないミスマッチ感。

例えば泡(バブル)の正体についても……(※核心的ネタバレ)
{netabare}バブルは歌のネットワークで繋がったシャボン玉型の地球外生命体。
泡群体全体で一つの意志を共有した生命を形成。
宇宙を漂い、進化し過ぎた文明、生態系を発見しては浄化(リセット)し、宇宙の均衡を保つ。
調整者の役割を感情を有さず淡々と担う。
泡一つ一つは生物の細胞のような物で本来自我はなかったが、
その中の一つの泡が東京タワーにて泡群体の歌を捉えた少年・ヒビキを意識し自我と感情が芽生えヒロイン化(後にウタと呼称)。
ヒビキにいなくなって欲しくないウタは、泡群体の「お姉さま」たちに浄化の執行を猶予してもらう。
が、ウタ自身も、自我と感情いう“エラー”を生じたガン細胞みたいな物で、抹消の運命にある。
が、ラスト、{netabare}ウタは泡群体に自らの意志の優先を認めさせ、ヒビキと人類を残す判断を泡群体全体の意志に書き換える。(赤泡→青泡。バブルと人類の共存){/netabare}{/netabare}
などと小説版では詳述されますが、劇場版では映像での示唆が大半。

【作画 4.5点】
アニメーション制作・WIT STUDIO

浮遊する瓦礫や列車を飛び回り、時に足場が崩れたり、
泡(バブル)に至っては、踏んでみるまでどの方向に重力が働くか、弾けるか分からないスリル。
さらに水面に落ちたら生きて帰れない渦潮「蟻地獄」。
そこをパルクールでとなると高度なカメラワークが必須。
が、ここはWITも勝手知ったる立体機動。
自主練でスキルを積み上げたヒビキ、猫を彷彿とさせる野生児・ウタとスタイルを描き分けつつ、
東京のビル群をかいくぐる「バトルクール」映像はスクリーンで体感する価値あり。

ヒビキ&ウタが一言も交わさなくとも、共にパルクールで汗を流す内に、
恋に落ちていくアクション動画も、アンテナを張った人には感知できる。


泡(バブル)、球体、細胞、目玉焼き、星々、泡宇宙。

渦、巻き貝、ヒマワリ、ブラックホール、銀河系。

相似形による考察材料の明示はできているので、
誘導に従い思索すれば、方向性は間違えないとは思います。

【キャラ 3.0点】
水没した東京に不法滞在し「バトルクール」に興じる若者たち。
それは外の世界での生き辛さ故。

が、その若者たちの生き辛さに具体性が乏しく共感度がイマイチ。
唯一、主人公ヒビキについては、{netabare}街の喧騒が耐え難い程の聴覚異常からの母との離別{/netabare}と回顧されるが、
生き辛さというより、先天性疾患からくる特殊例という誤解が生じやすいキャラ設定。
注意深く見ればラスト……{netabare}復興工事により東京に喧騒が戻る中、ヘッドフォンを外したヒビキ{/netabare}から、
ヘッドフォンも外部の音を遮断するというより、
周囲とのコミュニケーションを絶つためのツールだったと察知はできますが……。

若者たちの乱心を「バトルクール」の競技ルール整備を通じて発散させたのが
元カリスマ・パルクール競技者のシン。
レビュータイトルは若者の無謀を見守るシンの語りから。
マコトさんとの会話シーンは小説版だとさらに深いのですが、
劇場版では最低限のやり取りに削減。う~む……w

【声優 3.5点】
メインは俳優タレント陣。

脇は宮野 真守さん、梶 裕貴さん、畠中 祐さん、千本木 彩花さん。
荒木監督作品の主役声優同窓会の様相。


ヒビキ役の俳優・志尊 淳さん。
自己表現が苦手だけど、詰まった心情が滲み出る声色を最大限活かそうと、
クライマックスの収録にて、実際に{netabare}床に散らばった泡を集める{/netabare}動作を入れながらアフレコするなど、
俳優としてのチャンネルから演技力を引き出そうと苦心。

ウタ役のシンガーソングライター・りりあ。さん
演者とEDも含む歌い手の一致。
さらに声優初挑戦の彼女が演技を体得していく過程と、
野生児から言葉を覚えていくウタちゃんの生態とのリンクを狙った思い切った抜擢。

その他、マコト役の広瀬 アリスさんも大人の味を出そうと奮闘してはいましたが……。

正直、例えば主演・畠中さん、ヒロイン・千本木さんの『カバネリ』夫妻じゃダメなんでしょうか?
との私的欲求を払拭するまでは至らず……。
千本木さんのウサギ役の少年ボイスが明快で、マスコット感が良好だったので尚更そう感じました。

【音楽 4.0点】
劇伴担当・澤野 弘之氏。
相似形を並べる作画同様、シンプルに4音で構成された学校のチャイムから発想したという
泡(バブル)のハミングをメインフレーズとして各楽曲、楽器に割り振り一貫性をフォロー。
長尺パルクールでは、適宜、楽器パートを抜いたり付加したりしながらメロディを繋ぎ、没入感を持続。

劇場版OP主題歌はEveがUta(りりあ。さん)をゲストボーカルに迎えた「Bubble」
トランスをアレンジした疾走感溢れるメロディの中に物語の核心を捉えた歌詞を乗せる。
動画配信中のAMVの作品要約が優秀なのも相変わらず。

ED主題歌はりりあ。さんの{netabare}「じゃあね、またね。」{/netabare}
本編完走してから曲名知って欲しい気もするので敢えて伏せておきます。


【感想】
鑑賞中、大人たちが若者の無茶に向き合う関係性を見ていて、
日本の都市における子供の遊び場、公園の少なさを嘆くニュースを思い出しました。
泡(バブル)は最後、{netabare}異端児を新たな自我として許容し新生しました。{/netabare}
共同体に冒険する異分子が発生した時、受け入れて新陳代謝できねば社会はやがて壊死する。
破壊と再生の物語から、そう問われているようにも感じました。


【余談】
本作もまたコロナ禍により難航した企画。
緊急事態宣言で東京の街中から人が消えたのも、東京五輪の感染対策にバブル方式が採用されたのも本作の企画後。
ついでにEveが『呪術』OPで一発当てたのも本作タイアップ決定後だったそうで。
現実の数奇を感じるエピソードです。

それよりも私は、アニメーションによる伝達能力の過信、相似形多用による迷宮入りのリスクなど、
川村 元気氏が新房 昭之監督作品を一般層に紹介し損ねた印象の『打ち上げ花火~』のデジャブが(苦笑)
私も小説版先に読んでなければ危なかったと思いますw

投稿 : 2022/10/01
♥ : 21
ネタバレ

羽宮 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4

で、何がしたかったの?

駄作と聞いて参上!!

制作はSPY×FAMILYで大活躍中のWIT STUDIO。
監督はカバネリ・進撃・ギルクラの荒木哲郎。
脚本はPSYCHO-PASS、ガルガンティア、まどマギの(良くも悪くも有名な)虚淵玄。
キャラ原案はプラチナエンド、バクマン、DEATH NOTEの漫画家、小畑健。
音楽は荒木哲郎と大体セットの澤野弘之。
この豪華(な気がする)ラインナップの話題性はすごい。
一番の不安要素といえばなんといってもよく外す虚淵玄。

簡潔にひと言で表すとすれば、評判通りの駄作。

まず脚本以前にキャストどうした?
・ヒロインはED歌ってるただの ち っ く と っ か ぁ
・主人公はイケメン笑俳優 志 尊 淳
・(メインキャスト)研究者は 広 瀬 ア リ ス
ファーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
バカにしてんのか。
ほんとド下手ド素人使うの大好きだなこういうの。耳が腐る。
3.5点以上付けてるやつらは補聴器買え。

そして脚本は、今回は大ハズレ。流石にこのビジュアルで絶望のドン底系ではないが、なんかあれだよね、新海誠と細田守に影響受けすぎちゃったよね。
{netabare}まず唐突にパルクールと足場判定がある謎の泡にボコボコにブン殴られる。
宇宙猫「??????????」
パルクールについて雑な解説乙を挟んだかと思えば、キャラや世界観についてはいっっっっっさい触れる気がなく、 {netabare}「人魚姫チラつかせて敵と戦って最後泡になって涙のハッピーエンドにすればいいんでしょ?」{/netabare}というのが登場シーンでわかってしまう薄っぺらさのまま最後までズンズン進行し置いていかれる。結局泡は?渦潮は?ブラックホールは?え?
無から有を生み出すエドもビックリの謎の靴だとか、ツッコミどころはあまりに多すぎるため割愛する。{/netabare}

当然WIT STUDIOの作画はいい。えっと……それが?そんな感じに映像でゴリ押すだけで、演技と中身が伴わないチグハグにも程がある究極の駄☆作。時間の無駄。

ちなみにYahoo映画の評価は現在、2.6/5.0(644件)★☆☆☆☆=38%

投稿 : 2022/10/01
♥ : 1

65.5 10 2022年春(4月~6月)アニメランキング10位
映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ (アニメ映画)

2022年4月1日
★★★★☆ 3.4 (24)
97人が棚に入れました
偏屈で無口な変わり者・小戸川。個人タクシーの運転手として街を流しながらも、なるべく他人と関わらないように、平凡な日々を過ごしていた。ところが、ある日、思い掛けず、『練馬区女子高生失踪事件』に巻き込まれてしまう。さらに、小戸川の周囲からは、「一人暮らしの部屋から話し声が聞こえた」など、不穏な証言も。事件は、億を超える巨額 の金、目的不明の半グレ集団、売り出し中のアイドル、カリスマ化されていく大学生など、様々な事物が絡み、 収拾不可能なほど混沌としていく。

ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

【評価辛目】公式ファンブックを映像化したような微妙な劇場版総集編

【物語 2.5点】
キャッチコピー"真実は、藪の中。"

この”藪の中”という表現の由来は芥川龍之介の同名短編小説。

※「藪の中」あらすじ概要……{netabare}平安時代。藪の中から侍の遺体が発見される事件。
検非違使(役人)が容疑者の盗人、遺体の侍の妻、目撃者、
さらには死んだ侍の霊を巫女に霊媒させて集めた証言集の形式。
事件の発端は盗人による侍の妻への強姦願望だが、
それぞれが自分が暴かれたくない心の秘密を優先させ、
食い違う証言をするため真相が見えないまま終わる。
文学研究における謎の“考察”が熱を帯びてしまったため
真相は“藪の中”といった言い回しが現在まで定着するに至る。{/netabare}

TVアニメが想定以上の話題作に。
急遽、劇場版も作りたいが興行成功のためには時間を空けるのは不味い。
よって新録プレスコ(作画の前に収録)も、新規カットも用意するコストと時間が限られる。
それでいて、既存ファンだけでなく新規にも訴求したい。

無茶振り企画をまとめる苦肉の策として「藪の中」の証言集形式を当てはめた。
というのが劇場パンフレットの脚本・此元 和津也氏の”証言”などからの私の推理。

証言集形式も悪くはないが、会話劇としてのTVアニメの良さは消えてしまう。
強引な企画で崩れた劇場版総集編の典型だと感じました。


構成は事件後、警察取調室での、主人公のタクシードライバー・小戸川への事情聴取。
クライマックス前の時点に”調査報告書”を集める謎の集団が
カフェ等で実施した各キャラへのインタビュー。
二つの時点の証言集によるTVアニメ総集編が大半。

あとは終盤にTVアニメラストで勿体ぶられた結末の追加カットによる方向性の示唆と、
さらなる謎の提示が少しだけ。
TVアニメ版のちょっと先を把握することはできるがモヤモヤは残る。

そのためだけに劇場鑑賞料金&2時間の価値はあるのか?は要自問。
私は不満を抱きつつも、元が良かったのと、
何より『オッドタクシー』が好きだったので退屈はしませんでしたが。
感覚としては、気に入ったTVアニメ視聴後に、公式設定資料集等で、
ストーリーやキャラを振り返って余韻に浸るのに近いです。


尚、"初乗り歓迎”と宣伝されていますが、
TVアニメ未視聴者に本劇場版を鑑賞させても、
“田中革命”は尺不足で弾かれる。
など、結局、TVアニメ見なきゃ分からない。
後からTVアニメ見ても、驚きが激減する。
正真正銘の悪(あく)じゃん!と思うので、悪の反対の方は全力で止めましょうw

小戸川交通は個人タクシーなので初乗りできるのはTVアニメ版の一台だけですw


【作画 3.5点】
新規カットはラスト数分と、各キャラの証言シーンくらい。

証言する各人物の挙動にはキャラクター性が現れておりファンならニヤニヤできます。


【キャラ 3.5点】
概ねTVアニメ版の多くのキャラを網羅するが
報告書作成時点で拘束されていた{netabare}今井{/netabare}など、
あと付けの証言集形式による歪みで取りこぼしたキャラクターもあり。

インタビューにより私が一目置いたのはドブ。
証言者の事情によって、何なら積まれた金額によって証言内容は変わると、
主観的な証言の限界を指摘した上で語り始める知的な言動。
やはりドブはケンカ強いだけの脳筋ヒヒではない懐の深さがある。
アルパカが囚われたのも金と暴力だけじゃないです。


【声優 3.5点】
特徴的なのが聴取に当たった捜査員、報告書作成者のノーキャスト。
あたかも鑑賞者がインタビュアーの一人称視点で証言を集めていくような誘導。
これも「藪の中」及び同小説の映画化作品・黒澤 明監督『羅生門』と同様の構図。

この観点からエンドロール後の{netabare}実写カット。
私は、リアルのTVアニメ考察勢≒調査報告書の作成首謀者と考察します。
YouTubeオーディオドラマにて、事件物ノンフィクション取材のため
盗聴していたタエ子ママたちは実行部隊かなと。
脱線しますが、ラストの(※核心的ネタバレ){netabare}小戸川生存{/netabare}ルートも、
TVアニメファンの願望を具現化した形なのだと思います。
この辺りも公式ファンブック的な構成かなとw
『オッドタクシー』実写化だけはないと信じたいですw{/netabare}


三矢ユキ役の村上 まなつさん。
冬アニメでは明日ちゃんも演じた方と意識したら乾いた笑いが止まりませんでしたw
田舎娘も色々ですw


【音楽 3.5点】
こちらも主題歌「ODD TAXY」がリミックスされエンドロールで流れる程度で新要素は最低限。

ただ劇場大音響で唐突に鳴り響く
インド映画風?カポエラのリズムは分かっていてもツボにハマりますw


【余談】
公開館を絞り込み、公開週週末・劇場館アベレージ1位を達成した本作。
私が行った平日午前の客入りも上々でした。
数年間、丹精込めて制作した力作が閑古鳥という惨状が続いた
今年前半のアニメ映画の中では、成功した興行だと思います。

小戸川は不器用だけど、スタッフはドブくらいのやり手ですw

投稿 : 2022/10/01
♥ : 14

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

新訳 オッドタクシー 真の結末 運の強い小戸川しかり

 TV放送の回想を小戸川以外の目線、インタビュー形式で振り返るです。
 実は全てまるで小戸川の見た人の姿は、こうだったです。あのとき救われた小戸川が、いつもの日常に戻り意味ありげな客が乗ってきて、どちらまでだったな終わり方だったです。
 新たな形の今回は、さらに少しプラスして、真のラストを迎えるお話だったです。小戸川どうなったかなぁ?です。

 最初見たとき、誰かがあの関係者とインタビュー?して回想、違う語りで振り返っているしかないようにしか見えなかったです。映画で知っているお話またか?と思ったです。

 終盤で新作カットがでてきて、あの小戸川の一連の行動と並行して進んだ事件の真相が分かりやすくなると思ったです。
 サスペンス要素に本当の終止符が打たれるのです。その結末は一瞬で、あれがどうなるか?私には分からなかったです。
 小戸川が、何事もない平和なラストに進みです。EDでそれがちょこっとわかるけど、具体的に危険をどう回避したか?結局分からなかったです。

 サスペンスな要素が、何だかんだ乗り越えられたことで、ややモヤモヤした感じが晴れたように思えたお話だったようで感じた「オッド・タクシー」です。相変わらず、落ち着いているというのか?不愛想で淡々とした小戸川が、いい感じでしたです。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 4

takato さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

the・蛇足。

 こんなんなら作らんほうが良かった案件。雑な総集編、いらないオチがついちゃってテレビだけで良かったですね。週間漫画的に次はどうなるで引っ張るミステリーと、丁々発止な会話の長いやり取りが面白かったのに、総集編では全部消えてような。どうせなら、編集と新規カットで別の物語にした「ゼーガペイン」みたいなことした方が良かったような。関係ないが、ラーメン二郎歌舞伎町店が意外にソフトな味わい量だったのが救い。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 5

計測不能 11 2022年春(4月~6月)アニメランキング11位
銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章 (アニメ映画)

2022年5月13日
★★★★★ 4.1 (8)
29人が棚に入れました
帝国暦489年(宇宙暦798年)4月、ケンプ提督が率いる銀河帝国軍が突如としてイゼルローン回廊へ出現。イゼルローン要塞への苛烈を極める攻撃が始まった。その時、イゼルローン要塞駐留艦隊司令官のヤンは査問会に出席のため不在であった。司令官代理を務めるキャゼルヌを中心とした防衛戦が繰り広げられる中、帝国軍急襲の報せは、ヤンが召還されている首都ハイネセンにも届き…。
ネタバレ

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

すんなりいかないイゼルローン攻略

 前作で、イゼルローン要塞を攻略に要塞惑星ごとワープしてきた銀河帝国と、自由惑星同盟の攻防のお話だったです。攻勢にでようとした帝国軍が、惑星同盟軍にさらに手玉に取られる様子を見たです。

 ラインハルトから前線を任されたケンプとミュラー、攻撃を仕掛ける上手くいくはずの作戦が、逆にヤン不在の同盟軍により予想以上の反撃に苦戦を強いられる様子を見たです。
 打つ手打つ手が、読まれるようだったです。

 一方でヤンも査問会からこの状況により解放され、この戦線に合流できるかな?展開だったです。上手上手の同盟軍に、焦るケンプとミュラーどうなるのかな?です。ケンプサイドと、ヤン、同盟軍、それぞれの立場、駆け引きがやや面白く見えるです。

 あせるケンプが最後、最終手段を決意するけど、まだまだつづく{netabare}2022年9/30「{{/netabare}銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE {netabare}策謀 第一章」{/netabare}だそうです。
 相変わらず、宇宙における戦艦同士の激突、要塞砲などスケールが大きく描かれていたです。でも、今作ではまだまだ物足りない感じだったです。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 4

計測不能 11 2022年春(4月~6月)アニメランキング11位
映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝 (アニメ映画)

2022年4月22日
★★★★★ 4.1 (8)
20人が棚に入れました
ある日、野原家にしんのすけの“本当の母親”を名乗る女性とひとりの子供が現れる。その女性によると、5年前、産婦人科でしんのすけとその子が取り違えられたというのだ。俄かには信じがたい事実に戸惑うみさえとひろし。しかしその夜、謎の集団が現れ、女性としんのすけは連れ去られてしまった――。
二人が連れてこられたのは、人里離れた忍者村。そこでしんのすけは地球を脅かすとんでもない事件を目撃してしまう。
果たして野原一家はどうなってしまうのか!?
そしてしんのすけが見たものとは一体――!?!?

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

モノボケの術、親心、ドサクサの術、なんでもかんでも忍法

 ちえみが、息子ちんぞうを連れて忍びの里から逃げてたです。野原家に行き人ちんぞうを守るため人形を操り、しんのすけを自分の子と偽り接触したため、野原家が巻き込まれるお話だったデス。しんのすけ奪還に奮闘するひろし、みさえがやっぱり面白いです。ひまわりも活躍実は、していたことがわかるです。 かすかべ防衛隊いつもの面々も、らしかったです。
忍者に対してその場しのぎ?しんのすけらしいいい加減適当な行動が忍術において、ここではすべて通用してしまうところが、どこか面白おかしいです。
 ここでの、ポイントはニントル、地球のおヘソ、もののけの術になるです。これが終盤でどういうなるのか?注目です。また、個性的な名前の悪者も相変わらずな感じです。

 でもやっぱり、野原一家の家族愛といった点も面白おかしながら、どこか時にはジンと来るところもあったのが良かったです。しんのすけを思うひろし、みさえの親心も見どころの一つだと思ったです。
 子供向けアニメとして、十分楽しめる内容だったと思うです。2023年上映予定は、具体的にわからないけど、クレしん初となるかもしれないしん感覚かもしれないです。
 OPのパペット、EDの何気ない子供らしさのあった演出は、悪くなかったです。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 1

計測不能 11 2022年春(4月~6月)アニメランキング11位
FLEE フリー(アニメ映画)

2022年6月10日
★★★★☆ 3.9 (4)
12人が棚に入れました
故郷とは、ずっといてもいい場所

アフガニスタンで生まれ育ったアミンは、
幼い頃、父が当局に連行されたまま戻らず、
残った家族とともに命がけで祖国を脱出した。
やがて家族とも離れ離れになり、
数年後たった一人でデンマークへと亡命した彼は、
30代半ばとなり研究者として成功を収め、
恋人の男性と結婚を果たそうとしていた。
だが、彼には恋人にも話していない、
20年以上も抱え続けていた秘密があった。
あまりに壮絶で心を揺さぶられずにはいられない過酷な半生を、
親友である映画監督の前で、
彼は静かに語り始める…。
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ドキュメンタリーをアニメ化する意義と可能性

【物語 4.0点】
事実を元にしたフィクションではなく、ドキュメンタリーのアニメ化。

題材は旧ソ連のアフガン侵攻~撤退後も続いた内戦の混乱からデンマークに逃れて来た
難民の青年・アミン(仮名)の半生。

が、これを実写でやるとなると、不安定なアフガン情勢等により、大きな問題が2つ生じる。

①取材対象者の身の安全が保証できないこと。
加えてアミンは同性愛者でもあり、イスラムの戒律、世間体の面でも実名顔出しは躊躇される。

②特にアフガニスタン国内ドキュメントが、
政情的にも、物理的にも、撮影、再現不可能であること。

本作はアニメという仮面により取材対象者の匿名性を確保。
考証に基づいた作画により、喪失しかけた記憶をも再構築し、
実際に撮影できた素材を元にした映像との間を自在に行き来し連続させるアニメーションの力。
これにより実写で制作困難なドキュメンタリーを再現するという難題と新境地に挑む。


物語というより取材成果として挙げたいのは、
難民を長期視点でドキュメントしたことで見えてくる側面。
短期的に野次馬的に難民を憐れむだけで、後は忘れ去ってしまうことの残酷さ。
よく象徴的だと言われるのが{netabare}恵まれた先進国の観光船から興味本位で撮影される難民船{/netabare}のシーンですが、
私は{netabare}ロシアにて北欧への密入国待ちで身動きが取れなくなり、
メキシコのドラマ観るくらいしかやることがなくなった{/netabare}
難民の待つ時間の長さ、人生が停止する絶望感を炙り出した点も秀逸だと思いました。

昔、難民キャンプに向かって、暇そうにしてないでチョットは働けば良いのに
と新聞コラムで毒づく作家がいて、私はソイツのことが大嫌いですが、
本作を見て、やはり実態を分かっていないんだなと再認識しました。


【作画 4.0点】
アニメーション制作・Sun Creature Studio(デンマーク)

動画のクオリティ自体は低め。
枚数不足のせいか人物の動きもカクつき気味。

が、本作が重視するのは表情描写、美術、プロップデザイン、映像演出等によるリアリティ追求。
例えばアミン青年を取材したインタビュアーは、
対象に横たわらせ目を閉じて、じっくりと記憶を呼び起こしてもらうという手法を用いますが、
その"撮影過程”をもアニメーション化することでドキュメンタリー感を醸成。

その上で、記憶の再現シーンでは、当時のニュース映像など、
適宜、実写動画も挿入し、証言に迫真性をもたらす。

一方で、爆撃シーンなどトラウマとなる描写はモノクロタッチで抽象化。
これらはアミンの心象風景として活用される。
その有用性が発揮されたのが、{netabare}アミンが密入国したデンマークの空港で嘘を交えて難民申請するシーン。
これまでの体験の悲惨さもあって、嘘泣き演技が思いの外うまくできてしまった件。{/netabare}
トラウマのフラッシュバック映像が、その時の心情に説得力を持たせていたたまれなくなります。


【キャラ 4.5点】
主人公というより取材対象者のアミン青年。
難民かつ同性愛者。マイノリティの立場が重なり沈む一方かと思いきや、
同性愛者であることが時に個性として一服の清涼剤ともなり得る意外性。
{netabare}密入国トラックの荷台で同乗した男の子への恋。
親族に同性愛をカミングアウトした夜に、兄に放り込まれた初めてのゲイクラブ。{/netabare}
悲惨な状況下でも青春は確かにあります。

アミンの心を開いた親友など温かい人物との出会いもあるが、
人間を貨物と割り切る密入国業者など、人はここまで冷たくなれるのか?との衝撃が上回る。
ソ連崩壊直後、価値観がぶっ壊れた混乱期、ロシア警察も腐敗度合いが底なし。
{netabare}金があれば見逃す。無けりゃ身体で支払いな。{/netabare}
ここまで明確な悪党はフィクションでも中々いない。おそロシア。


【声優 3.5点】
字幕版を劇場鑑賞。

外国語演技の巧拙は判定できないので基準点と行きたいところですが、
インタビューシーンと回想シーンの連続性などの貢献度は確かに感じたので、そこは加点要素。


【音楽 4.5点】
劇伴担当・ウノ・ヘルマーソン
アミンの人生を反映して、全体的に哀しげな弦楽、ピアノが続く重苦しいムード。

それだけに作品内の時代を彩ったロック、エレクトロの挿入歌群が眩しい。
どんなに権威主義的な体制が民衆を抑圧しても、
難民が落ち着いて暮らせる地に一向に辿り着けない苦難の中でも、
音楽は国境を難なく飛び越え少年アミンの携帯カセットプレイヤーの中に入り込み青春の1ページを刻む。
またしても音楽の力を思い知らされました。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 16
ネタバレ

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

剃っても髭の濃い青年?身の上話

 これはイケメン上腕二頭筋美の若者の水泳を舞台にした「Free!」ではありませんです。

 これは「FLEE」、アミンという男性の1970年代を舞台にした、生まれたアフガニスタンから家族で密入国亡命をしてきたこと、自分がゲイと呼ばれる同性愛者であることを告白する身の上話をインタビュー形式で、ドキュメンタリーに度々当時の実写を織り交ぜながら進めていったお話だったです。
言葉がいろいろな言語で、よくわからない字幕アニメです。

 現代に想像つかないアミンの波乱万丈な人生を生々しく描いていて、面白いというよりこんな事があっていいのだろうかと思いたくなる内容に思えたです。
 やけに多い実写が、現実のものでアニメとかけ離れたように見えたです。多くの人に受け入れられる内容に思えないようにも見え、地味でつまらない退屈だと思う人もいるかもしれないです。

{netabare}  アミンが生まれた当時のアフガニスタン。父親も連行され、また戦争に若者を駆り出す環境です。アミンが母兄弟とロシアに亡命する過程も衝撃的だったと思うです。
 ロシアに着いたら着いたで、自由に生活することが困難で外に出れば警官に身分証の提示を強制的に求められ、お金を渡せば見逃すという環境だったです。
 数年後、密入国の協力者を通して単独デンマークに亡命するなど、幼い頃から過酷ともいうべき道のりがある意味すごきと思うです。

 更に数年、運命の人に会い共に生きることになり、アミンがようやく開放されたような気がするです。
 再開した肉親に対して自らゲイであることに対する告白は、当時今以上に受け入れづらいものであったはずでしたです。でも寛大にもそれを認め、アミンを受け入れる案内をしたところに人間味を感じられたです。{/netabare}
 でもやっぱり、面白いというのと違うと思えるです。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 4

計測不能 11 2022年春(4月~6月)アニメランキング11位
ミューン 月の守護者の伝説(アニメ映画)

2022年4月19日
★★★★★ 4.5 (4)
8人が棚に入れました
ツキも自信もありません。

空想の世界に暮らす、青白くいたずら好きな森の子、ミューン。

ひょんなことから、夜を運び、夢の世界を守る『月の守護者』に選ばれたミューンだったが、何をするにも失敗ばかり。

そしてとうとう月は失われ、太陽は冥界の王に盗まれてしまった。世界に昼と夜を取り戻すため、ミューンはプライドの高い太陽の守護者ソホーンと、か弱い蝋人形の少女グリム(フランス語版では蝋を意味するシール)と共に旅に出る。

これは素晴らしい冒険を経て、ミューンが伝説の守護者となるまでの物語。

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

フランス発ファンタジックアドベンチャー

公開:2022年4月19日
監督:アレクサンドル・ヘボヤン、ブノワ・フィリッポン
脚本:ブノワ・フィリッポン
原案:ブノワ・フィリッポン

製作は2014年フランス
東京アニメアワードフェスティバル2015コンペティション部門優秀賞受賞

漸くの公開となりました。


2D 3D自由自在の映像表現、素晴らしきアートアニメーション

壮大なファンタジックワールドに擽るラブロマンス、

日本語吹替えもバッチリ嵌まり

グリムがメッチャ可愛い!

投稿 : 2022/10/01
♥ : 4

計測不能 11 2022年春(4月~6月)アニメランキング11位
雄獅少年 少年とそらに舞う獅子(アニメ映画)

2022年3月25日
★★★★★ 4.2 (1)
3人が棚に入れました
両親が出稼ぎしていて広東の田舎に住む少年・阿娟が獅子を舞うことを夢見て、不思議な縁で師匠と出会い、仲間と獅子舞チームを結成し、貧弱な野良猫からライオンに成長する、奇跡を起こす熱血の物語を描いている。
ページの先頭へ