2024年春(4月~6月)に放送されたTVアニメ動画一覧 74

あにこれの全ユーザーが2024年春(4月~6月)に放送されたTVアニメ動画を評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2024年04月21日の時点で一番の2024年春(4月~6月)に放送されたTVアニメ動画は何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

70.4 1 2024年春(4月~6月)アニメランキング1位
響け!ユーフォニアム3(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.8 (39)
303人が棚に入れました
高校3年生になり、部員90人超となった北宇治高校吹奏楽部の部長に就任した、黄前久美子。久美子たち3年生にとっては最後となる吹奏楽コンクールを控え、練習にも熱が入る。悲願の「全国大会金賞」は達成できるのか? 部長として踏み出した久美子、高校生活最後の熱い青春を描く!

声優・キャラクター
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
黒江真由:戸松遥
塚本秀一:石谷春貴
釜屋つばめ:大橋彩香
久石奏:雨宮天
鈴木美玲:七瀬彩夏
鈴木さつき:久野美咲
月永求:土屋神葉
剣崎梨々花:杉浦しおり
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

【第2回感想】“ダーク久美子”黒江真由

原作者・武田 綾乃氏は対(ペア)としてキャラを造形する。
冷静で冷めた久美子に、熱く意識が高すぎる麗奈をぶつけて“特別”を意識させる。
適当で面倒臭がりな久美子をカバーする“便利屋”秀一。お似合いの夫婦?
といった具合に各キャラの属性が被らないように“パラメーター”調整しつつ、
凸凹なキャラ同士を人間関係の魔境?w吹奏楽部の中で共鳴させて物語を紡いでいく(※1)

そのため、くみれい、のぞみぞ、なかよし川と、
本シリーズのカップリングは尊さが凄まじいレベルに達するわけですが。

3期より登場する黒江真由は武田 綾乃氏が“ダーク久美子”と“公称”する新キャラ。
久美子が北宇治の吹部で“特別”とも出会わず、上手くなりたいという熱病にも憑かれず。
常に一歩引いた場所で、“良い子”でなぁなぁなまま、楽しく平和ならそれで良いと高校生活を過ごしてきた、もうひとりの久美子が黒江真由(※2)

無邪気に嫌味なく本音をこぼす真由は、うっかり失言メーカー・久美子とはまた違ったタイプの失言王。
鏡面みたいに相手自身の見たくない過去やら自分やらを映し出すピュアな難敵。

そんな真由の片鱗が遺憾なく表現された第2回。
久美子をサポートする幹部、副部長・秀一とドラムメジャー・麗奈もまた、これまで対(ペア)として、
久美子の世界を広げつつも、時に心をざわつかせてきた存在。
幹部トリオの凸凹化学反応の導火線も伏線として着々と張られて黄前政権は波乱ムード?

久美子部長も俺も胃が痛いよw

【参考文献】※1『響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌』
※2『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ 公式ファンブック』



以下、各話レビュー。長くなるのでタグに格納

【初回感想】3期の注目キャラ。久石奏、滝昇、松本美智恵……
{netabare}
原作シリーズ全巻購読済。

初回から特殊OP&EDでシリーズの有終の美を飾りたいという、
スタッフの本気、熱意、悲願が存分に感じられる上々の滑り出しでした。

主人公の久美子部長や、私の推しの麗奈の鬼ドラムメジャーぶりへの期待が膨らむのは当たり前のこととして、
レビュタイにはその他に個人的に原作で良かったので、アニメでも注目したい登場人物を3人挙げさせて頂きました。

個々の注目ポイントについては、おいおい言及するとして、
この観点から初回冒頭、最初に登場するネームドキャラが{netabare} 松本先生{/netabare} という時点で、
私にとっては先頭打者ホームラン級の手応え。

京アニ並びにスタッフたちは、このアニメが何者なのか何者でありたいのかきちんと考えておられます。{/netabare}

正直、先の『アンコン編』位の出来だったら、
まだ京アニもリハビリ途上なので、多少遠慮して観た方が良いのかな?
とも考えていましたが杞憂でした。

これなら序盤からガチ視聴モードで行けそうです。
私も本気で行きます。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 21

大重 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

やはり別格の素晴らしさ

期の始まりは、既に素晴らしいことがわかっていて、視聴継続すると決めている作品は後回しにして、海のものとも山のものともわからない作品から見て、視聴有無を判断しなければなりません。
なので無職転生や本作を飛ばしている自分がなんかおかしいなぁ、と苦笑しています。

しかし頑張って見続けたことで、ようやく1本くらい見る余裕ができました。
そこで最優先で見たのが本作です。

…いや素晴らしい。
今は各アニメスタジオのレベルが上がって、どこも綺麗になりました。
それでも、京都アニメーションは一段上に居るように感じます。
本当に素晴らしい。

吹奏楽の演奏も良いですが、やっぱりこのヒロインの声ですよねぇ。
演技が素晴らしいからこそ、まるで演技をしていない普通の女子高生の、自然な声のようにすら聞こえる。
もちろんそんなわけはないのですが。
黒沢ともよさんは本当に素晴らしい。

いよいよ3年生になって部長になった黄前久美子。一体どうなるのでしょうか。
今期も本当に楽しみです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 5

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

クオリティ高すぎて、他のアニメ作品が観れなくなってしまうほど圧倒的(1話まで視聴して)。

>1話まで視聴して
1期・2期視聴済です。劇場版等はおそらく未見と思う。。
←それらがどういう時系列になっているのか等も把握できておらず、復習必至?><。

でも、心配ありません。
本作シリーズはどこから観始めてもまったく問題ないでしょう。

自分自身もしばらく本作シリーズの視聴から離れてしまっていて
2期終えた時点までの、おぼろげな視聴記憶程度しか残っていませんでしたが、全く問題ありませんでした。


うわー、いつの間にか3年生になり、かつての先輩たちは既に去り
部をひっぱっていく立場になっているのですね!。
で、さらに部長!!?。
もうこれだけでもドキドキできますね。
新たな下級生とのこれからの多くのあれやこれやが観られると思うだけでワクワクも止まりません。
あいかわらず1話ごとのラストの引きも神!!。

やっぱ好きなアニメ作品の続編は、すべて同じ制作会社・スタッフで作られてほしいな~。
本作を他社で・・なんて絶対無理っしょw。ありえない!!!。


なんというか、1画面、1画面ごとのすべての画面全体が、完全にこだわりぬいて
その作品独自のアニメ世界で統一されて描ききられている!。

背景描写にしても、単に実写的な写実的な取り込み的なモノではなく
ちゃんとそのアニメ作品の世界のアニメ描写にブラッシュアップされている地続きの世界。アニメ的な世界。

こうなってくると、なんの違和感もなく、安心してその作品のアニメ世界に没入できちゃいますよね!。


今期も多くのアニメ作品が多くのアニメ会社さんによって作られて放送されていますが
本作のクオリティを見せつけられてしまうと、継続視聴できる作品はかなり絞られてしまいます。
本作の出来と比較してしまうことは、もはや”酷”?、”罪”?ですね。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 11

67.7 2 2024年春(4月~6月)アニメランキング2位
夜のクラゲは泳げない(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (32)
213人が棚に入れました
“私”も誰かみたいに輝きたい。 明日話すべき話題も、今週買うべき洋服も、 全部スマホ(ルビ:トレンド)が教えてくれる。 何者かになってみたい——そんな願いを持つ間もないほどこの世界は忙しい。 活動休止中のイラストレーター“海月ヨル” 歌で見返したい元・アイドル“橘ののか” 自称・最強Vtuber“竜ヶ崎ノクス” 推しを支えたい謎の作曲家“木村ちゃん” 世界から少しだけはみ出した少女たちは匿名アーティスト“JELEE”を結成する。 自分じゃない“私たち”なら——輝けるかもしれない。
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 記号的な物語の進行で、誘導されている気分。解釈の幅が無いかな?

1話 内発的なものを描けるか友情感動ポルノどまりか。期待枠ですが…

{netabare} 平凡か特別な才能か、それは前提として才能があるのかないのか、特別になるための努力の過程、結果が出ない苦悩、周囲との軋轢、ライバルとの切磋琢磨、俺TUEEE、障害が降りかかってくるのを2人ではねのける、2人の間の熱いバトルと友情、シリアスの見た目のイチャイチャ日常もの、アイドルもの…どのルートにも行く可能性があります。もちろん組み合わせも。どれをとってもテーマ自体は平凡です。

 前提は説明的すぎて余韻も何もないのが欠点の様な気もするし、現代的で文学性よりも分かりやすさ重視で情報の処理がしやすいかもしれません。2話分を1話で説明しきった感じです。
 行間よりも感動という感じもします。どちらがいいかは作品の出来ですので今後の作品の質ありきでしょう。

 質は2話3話くらいまでで方向性を見たいですね。ただ、意外なテーマ…にはならない気がします。そして結論を見ないと評価はできないかもしれません。

 本作の価値はテーマ性よりもどんな「ドラマ」があるのかかなあ。テーマを伝えるメッセージ性が感情作りに落とし込まれているかどうかですね。本作の2人であれば「内発的」なものが描けるかが重要でしょう。
 いずれにせよ「感情」の作品になりそうな気がします。挫折や軋轢のカタルシスが、友情や成功ありきの感動ポルノにならなければいいのですが。

 オリジナル作品だけに秀作になりそうな期待値が大きい分、ひどいときはひどいでしょうからがんばってほしいです。

 作画はいいです。というか全体的にクオリティは高いです。音楽は作詞に40mPと出てましたが「タイムマシン」の人ですよね?作曲じゃないんだ…というのが意外でした。{/netabare}


2話 記号的な物語の進行で、誘導されている気分。解釈の幅が無いかな?

 この5年くらい、記号的な表現、データベース的なエピソードにライドして自分の中で感情を盛り上げて見る、という前提で作品が作られている気がします。いや、手塚治虫以来、マンガ、アニメは記号なんですけど、特にそれが強まっている気がします。

 本作は特にそれが顕著で、非常に記号的、情報的で感情の盛り上がり方を演出と音楽と合わせて、作品に全部指示されているような気がします。1話でもそういう感じが強かったんですけど、2話のめいのストーリーは、なんていうか記号の塊に感じました。

 彼女の2年前の状況から、なぜラストで花音を受け入れることができたのかが全く分かりません。それは内面描写が薄いからです。感情の描写はあります。状況の描写はあります。ですが、一番重要ななぜ花音に対する自分の感情が変化したか、その感情の移り変わりの理由が描けていない気がします。もちろん昔の約束というきっかけはあるんでしょうけど…その時の感情の動きが良くわかりません。

 その作り方が全部悪いかと言われると、理解しやすさや感動のしやすさなどで、いい面はあると思います。いたずらに難解にするよりは余計な考察に頭を使わない分、物語に集中できるかもしれません。ただ、解釈の重層性というか幅が少ないんですよね。

 それと本作はコンセプトとして、サブカル集大成みたいなところがあるんでしょうか。サブカルというものが現状で成立しているかは分かりませんが、ニコニコ的なクリエータを「使って」それっぽく仕上げている気がします。それがいい方向にも出ている気がしますが、これも作品の色付けが露骨に意図的なので、少し本作のコンセプトそのものが見えてしまい、冷める気もします。

追記 そうそう2話に関して言えば比較対象の「ガールズバンドクライ」の方が面白かったです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 9

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

I’m jelly!

“ jealous”(羨ましい)を縮めたスラングで、
ちょっと可愛く「いいなぁ〜」と言えば、主人公の台詞を借りるまでもなく、「きっと何者にも成れない“量産型”女子高生」の決まり文句。
自虐を込めて“泳げぬクラゲ”、それでも夜になれば、
U jelly?
動機はどうあれ、光を放つ。

オリジナルアニメである。
余計な設定はストリップト・ダウン、美しいイラストと音楽があれば嬉しいかな。

そして首尾よく完走を果たしたなら、「きみ〜、量産型と違うね〜」と言ってあげたい。 by御堂筋
                (2024/04/09)
実況など柄にも無くではありますが、一言だけ。
いや〜面白い。
とても良いキャラが登場したのです。
さすがの動画工房、ど真ん中のセルフパロディが潔いと言うか…。
“ シンちゃん”ばりにデレまくる“推しっ子”キムさんがとってもイイんです^ ^

投稿 : 2024/04/20
♥ : 10
ネタバレ

なっぱ‪‪𖧷‪‪𓈒𓂂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話目の感想。鑑賞続行決定!

予備知識なしの初鑑賞。


✎︎_______第1話の感想_______

盛りすぎないキャラデザがとても好みです!

キラキラした作画で可愛らしい世界観かと思いきや
内容はとても身近な問題と向き合ってますね。

{netabare}まひるの描いたクラゲの絵は
独特の可愛さがあって私はとても大好きなので、
友達からの予期せぬ「変な絵」という発言に
まひるが原案の自分の名前を隠すシーン辛かったです。

ここがきっとまひるにとっての
量産型人生スタートの瞬間だったのでしょう。{/netabare}

誰にとっても必要のない、
ただ本人が言いたいことを言うという
満足感の為だけに発せられた心ない言葉は
誰かに届いてしまう、刺さってしまう。

そんな最悪と出会ってしまった瞬間から
自分の好きや得意を封印してしまう人もいて、
その瞬間から人は輝けなくなってしまう。

そんなの絶対あっちゃいけないことだし
好きなものを好きだとなんの躊躇いもなく言える
素敵な場所を見つけられるといいですね。

よくある「気にしなければいい」という慰めの言葉も、
気にしないを実行できる人もいればできない人もいる。

そもそも悪く言う人がいなければ、
気にしない努力をする必要もなくなるのに‥

される側が圧倒的不利な意味わからない世の中だなと、
SNSのコメント欄なんか見てると特に思います。

余談がすぎましたが最後にひとつ。
年齢に合わない巨大胸作品が溢れる昨今で
これほどまでにぺちゃ胸の隙間の表現力が高く、
それなのに全く下品さを感じなかったので
ただただシンプルに「すげ!」と感心しました。
✎︎______________________


‪☆は最終回終了後に評価します。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 8

66.7 3 2024年春(4月~6月)アニメランキング3位
ゆるキャン△ SEASON3(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (45)
306人が棚に入れました
女子高生たちがキャンプに行く姿や日常をゆるやかに描くアウトドア系ガールズストーリー
同名漫画原作のアニメ第3期。山梨県や静岡県を舞台に、女子高生たちがキャンプに行く姿や日常をゆるやかな雰囲気で描くアウトドア系ガールズストーリー。制作会社がエイトビットに代わり、メインスタッフも一新される。

声優・キャラクター
各務原なでしこ:花守ゆみり
志摩リン:東山奈央
大垣千明:原紗友里
犬山あおい:豊崎愛生
斉藤恵那:高橋李依
土岐綾乃:黒沢ともよ
ナレーション:大塚明夫
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6

3話「なんですか?これは」僧侶枠より動かない。断念かな。 

1話 アニオリと実写的背景…少し不安が残るスタートでした。

{netabare} ロリリンがいきなり出てきて驚きましたが、アニオリなのかな?少しなら全然いいんですけど、あまり引き延ばしでアニオリを入れすぎないようにしてほしいなあ…と思います。原作は3期分まではぎりぎりありますからね。ただ、4期を見据えると1年生で終わらせたい思惑があるんでしょうか。

 ですが、特に前日譚を入れるとキャラの解釈の仕方が固定的になってしまうので。アニオリを入れるなら日常回とかにしてほしいです。それともロリリンの話って、どっかにありましたっけ?

 マンガ原作は全部買いました。が、原作ってキャラの見分けがつかないので、見辛いんですよね。その点でアニメは見やすくていいですね。2期までとキャラデザの雰囲気が違いますが、そもそも記号的なキャラなのですぐに慣れました。

 で、写真背景かあ…と言ってもアニメ化の処理はしているみたいですけど。実写度は高いですねえ…「ヤマノススメNextSummit」で違和感がすごかったので止めてほしいなあ、と思ったら「ヤマノススメNextSummit」の会社なんですね。

 うーん…アニメの良さはアニメ絵ですから、私は正直この手法は好きじゃないです。

 アニオリと実写的背景…少し不安が残るスタートでした。{/netabare}



2話 これだけのビッグタイトルなのに低予算なの?

{netabare}  オリジナルシーンがあると思うと、原作とほぼ同じ構図やセリフが続きます。まったく同じと言っても良いでしょう。そして、動きがないんですよね。止め絵ばかりです。しかも背景が実写取り込みだし。いくらなんでもつまらなすぎます。
 やっぱり「ヤマノススメNextSummit」でアニメの変な作り方を覚えちゃったんですねえ…

 1,2期も止め絵を使ってはいましたが、料理と食べるシーンなどはかなりこだわりの作画でした。もちろん実写取り込みを使ってはいますが、調整もしていました。音楽性も癒されるシーンの作り方も上手かったんですけど、今回は単なるスクロールの背景に音楽って…これだけのビッグタイトルなのに低予算なの?

 何より、特に1期は面白かったんですよね…新鮮だったのもあると思いますが、その人気に寄りかかっての3期です。
 これから原作もワンパターン化して行く中、どれだけ演出で魅せられるかが勝負なのに…新キャラが出るまでこのままだと不安です。

 ただ、2期もはじめの数話は面白さが拾い切れなかったので、もう少し様子は見ますけど。{/netabare}


3話 全然うごかない。アニメの意味がない。なんですか、これは?

 さっきまで「ダンジョン飯」を見てたから落差がすごいですね。アニメの制作の姿勢を疑いたくなります。もちろん、真面目に作っている人もたくさんいらっしゃると思います。もっと上の何かなんでしょう。

 ですが滝先生(ユーフォ1期)ではないですが「なんですか?これは」と言いたくなります。僧侶枠より動いていない上に背景まで実写ならアニメじゃないですよね。
 アニメーションは「動きを与えて命を吹き込む」という意味だそうですよ。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 11

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6

このままではアニメ業界衰退しませんか?。(1話まで視聴して)

>1話まで視聴して
原作未読。アニメ1期・2期・劇場版等視聴済です(すべて★5評価)。

少しだけ事前情報で制作会社・キャラデザ等が変わるようなことを聞いてましたが
本作品の根本的な良さはかわらないだろうと、たかをくくっていました。

1話視聴開始。
ああ、幼少期の話から入るんだ~。
まあ、雰囲気いいし、こういうのもアリだよね~。

背景がほぼ実写取り込み??。
うーん、アニメの世界と視聴者の現実世界を地続きに描きたいのかな?。
まあ、なんとかギリ許容範囲かな?。
(好みではない。できればアニメ的な背景描写希望)

で、本来の?進行時間軸に戻ってくる。
ん?。キャラデザの目の描写がずいぶんかわってますね。

この段階では、まだわずかな違和感でしたが
登場キャラが増えるごとに、わずかな違和感は増え続け
こうなってくると、声優さんの演技にまで違和感が発生しはじめ
最後の決定打となったのが、斉藤恵那登場場面。
正直、誰なのかまったくわかりませんでしたw。そういえば先生も。

と、ここで視聴断念。。
ずっと期待してきた続編だっただけに、ダメージもデカい。


・・う~ん。
アニメ作品の製作・契約事情とかよく知りませんが
原作が進行途中にアニメ化決定し、1期・2期・3期とかに分割されてしまうのは
致し方ないと理解できますが

たとえばアニメ1期が成功して、もし2期も作る流れとなったら
2期以降もそのアニメ会社・スタッフ等で継続できるような契約事項にはできないものでしょうか??。
成功したら、プロテクトされて次の製作権利も継続保持できるような。

反対に1期がもしコケたら、その制作会社は続編を作る権利を失い
もし2期も作る流れとなったら、他社同士で製作権利を争うといった感じで。


アニメ視聴者にとって、楽しみにしてた続編の雰囲気がガラッと変わってしまって
悲しみ、絶望するといった悲劇?は、今後も繰り返していくつもりなの?(永遠に?)。

このままではアニメ業界衰退しませんか?。
アニメ好きだった人ですら、離れていってしまいますよね。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 10

saitama さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

あ、色々ダメな方向に振った感じで残念。キャンプブーム終焉のトドメを指すな、これ。

タイトル通り。
原作全巻所持。

ゆるキャン△の1期を観て、すぐに原作コミックを買った。
キャンプも久しぶりに楽しんだ。
2期になり、金の匂いがプンプンして「やばいなー」と感じ始めていたら、
映画版でなんとか1期の良さに戻ろうとしていた。

で、3期。

おいおい‥。これ、キャンプブーム完全終焉だろ。
まず、キャラの作画、こんな童顔にしてどうする?
大人も子供も楽しめる雰囲気から子供アニメに全振りな作画。
こんなのもう原作ファンも離れるわ。
バイクの作画とか背景とか、キャラデザとか、
リアリティとアニメ感の微妙な塩梅が素晴らしかったのに、そのバランスを捨てた。
シリーズ構成がばらかもんの奴か。ウマ娘の構成とかもしてたけど、この作品とは合わんよ。

何より監督と制作会社を外すとか、DeNAはバカなんだな。
2期の背景問題をネタに切ったのかもしれんが、
金しか見てないバカ連中の判断は本当にバカで困る。

あの監督だから原作リスペクトしつつ、アニオリも混ぜつつが最高だったのに。
まあ、原作者も今、正直原作がつまらないので、原作者とあの監督とは実は合わないかもなぁ。
とは感じていたが‥。

ただの普通のアニメになった。

「3代目は身上を潰す」がこのアニメ(いやキャンプ界か)にも使いまわせる言葉になるとは‥。

原作のパワーがどんどん落ちるからこそ、これは1期監督の才能でなんとかアニメとしての面白さを継続させるべきだったのに。アホじゃ。監督と制作会社切った上に、シリーズ構成があの人とか。悪手の連続すぎて。

まあ、とはいえキャンプブームを一気に盛り上げた作品だったからな、今までありがとう。
という感じかな。

原作者はグッズ展開とかで金儲けできただろうから作品作った意味あるし。
あとは売れる売れないは別にして勝手気ままに原作を続ければ良いと思う。
少なくとも作品は原作者のものだから、どう今後原作ストーリーが展開しても、それは文句ない。


⚪︎2話目視聴
あ、いろんな角度でキャラ作画が崩れまくって‥。完全に劣化版。残念だ。
そして無駄な背景写実‥。ストーリーや他の部分も含め全部のバランスが悪い。
全体的に評価下げた。本当に残念。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 8

66.3 4 2024年春(4月~6月)アニメランキング4位
この素晴らしい世界に祝福を!3(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (36)
356人が棚に入れました
交通事故(!?)によりあっけなく人生の幕を閉じるはずだったゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、ひょんなことから、女神・アクアを道連れに異世界転生することに。 「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」と舞い上がったのも束の間、転生したカズマには厄介なことばかり降りかかる。トラブルメーカーの駄女神・アクア、中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん、妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになったり、借金で首が回らなくなったり、国家転覆罪の容疑で裁判にかけられたり、魔王軍幹部を討伐したり、たまに死んだり……。 そんなある日、紅魔の里から帰還したカズマたちのもとに、手紙が届く。 その内容は、王女アイリスが、魔王軍幹部を倒したカズマ達の冒険譚を聞きたいというもの。護衛兼教育係のクレアとレインを伴い、アクセルの街を訪れた王女アイリスは、カズマ達パーティとの対面を穏やかに終えたと思いきや――― 「また私に、冒険話をしてくれるって言ったじゃない?」 王女アイリスが、カズマに懐いてしまった!? カズマが目を開けると、そこはなんと王都! アイリスに乞われて滞在するうちに、王城でのセレブ生活に味を占め、これ幸いと居座ることを決めるカズマ。 しかし、ちょうど同じころ、王都では義賊が暗躍する事件が起きていて――!?

声優・キャラクター
カズマ:福島潤
アクア:雨宮天
めぐみん:高橋李依
ダクネス:茅野愛衣
ルナ:原紗友里
荒くれ者:稲田徹
クリス:諏訪彩花
ウィズ:堀江由衣
バニル:西田雅一
ゆんゆん:豊崎愛生
ミツルギ:江口拓也
アイリス:高尾奏音
クレア:矢作紗友里
レイン:上田麗奈
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 このクオリティなら安心して見られそうです。

1話 作画はいいし面白いですが、カズマにちょっと疲れるかも。

{netabare}  やはりこの4人ですね。ひょっとしたら「爆炎」もこの作品と並行して見たら感情移入できて面白いかもしれません。

 原作4作目の映画版の紅魔の里に行く前の部分ですね。非常に独特な魔物が登場です。時系列がおかしくなるのでオリジナル要素を入れています。人気キャラ?なので分からなくはないですが、ちょっと引き延ばしのマインドがないか心配ですが様子見ですね。

 Dアニメで見たら、最後のパートが尻切れトンボになっていました。どうなっているんでしょうか。アベマも同様ですね。たぶん10秒か20秒くらいだと思うのですが、これはシラケます。演出…じゃないですよね?

 心配していた作画が良くなりすぎないか問題は、がんばって雰囲気を1期に揃えようという努力はちゃんとしているみたいです。

 ただ、1話を見てちょっと疲れました。カズマが絶好調過ぎてノリが強烈なので1期2期を視聴して感覚を合わせないと、きついかもしれませんね。 {/netabare}


2話 このクオリティなら安心して見られそうです。

 ということで、作画や演出はもちろんテンポもいいので、視聴継続は当然として満足度も高くなりそうです。ダクネスの表情も良かったです。

 ということでアイリス王女様登場ですね。待ちかねました。ちょっと思っていたよりもキャラデザが微妙な気がしなくはないですけど。最後の方だけは作画というか女性たちが妙に美人でした。

 文句があればレビューするかもしれませんが、今のところ良さそうです。楽しめそうです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 5

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

期待を裏切らない3期!(1話まで視聴して)。

>1話まで視聴して
1期・2期・劇場版等視聴済です。

テンポの良さとキャラの明るさ・能天気さ。
心地よい起伏ある、意味があるようでないようなストーリーw。

はい。帰ってきましたね、このすば3期。

紅伝説の続き感アピールがやや強い感じがしたり
ダクネスの空回りキャラアピールがやや強い感じがしたりと
若干、気になる点はありましたが、そんなのは些細なことです。

現時点で既に”約束された良作”といっていいのではないでしょうか?。

文句なしに継続視聴確定です^^。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 7

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

完全に映画の続きからスタートなのですね

そのためにTVで放送してくれたのですね。有り難い。
このすばは、普通に面白いですね。やっぱりカズマが居てこそです。

この作画のへちょい感じのするところも含めて、もう好きになってしまったのでもう文句は無いです。

まあ「きれいなこのすば」と言われたプリコネのような作画になってくれたらもっと良いですが。

王女様が新キャラとして登場するようで… 楽しみですね。
引き続き楽しんでいきます。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

66.2 5 2024年春(4月~6月)アニメランキング5位
怪獣8号(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (24)
231人が棚に入れました
日常的に怪獣が人々をおびやかす世界。 怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた日比野カフカは、いつしかその夢を諦め、怪獣専門清掃業で働いていた。 「二人で怪獣を全滅させよう」 かつてそう誓い合った幼馴染の第3部隊隊長・亜白ミナの活躍と、防衛隊を目指す後輩・市川レノとの出会いをきっかけに再び夢を追い始めるカフカ。 しかしその矢先、謎の小型怪獣によって強大な力をもつ“怪獣に変身”してしまう! 「怪獣8号」と名付けられ日本中から追われる存在になったカフカは、それでも防衛隊員への夢を諦めず、怪獣災害に立ち向かうのだった――。

声優・キャラクター
日比野カフカ/怪獣8号:福西勝也
市川レノ:加藤渉
亜白ミナ:瀬戸麻沙美
四ノ宮キコル:ファイルーズあい
保科宗四郎:河西健吾
古橋伊春:新祐樹
出雲ハルイチ:河本啓佑
神楽木葵:武内駿輔

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

流石の人気作。話は変わりますが、「ルックバック」と「きみの色」の予告ヤバくないっすか!。

 原作未読勢です。人気作のアニメ化だけあって力の入り方が違う!。世界観の薄暗い雰囲気といい、流石の西尾さん(忍空やNARUTOでお馴染み)のキャラデザといい、正直パキッとし過ぎな感があった原作のビジュアルがよりクールになっている。主人公がイケてない若者なのもイイネ!。線が少ないシンプルなキャラデザこそアニメでは実は難しいのに、それを見事に達成しているのは並大抵のことじゃない。最初の変身がこんな感じとは思わなかったが。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 7

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話 少年向け臭が強いので文句を言う前に撤退すべきか?

 ポテンシャルが有るような無いような…1巻か1話かはお試しか何かで読んだと思いますが、記憶がないなあ…

 たしか「大怪獣のあとしまつ」になるのかと思いましたが、そっちにはいかないんですよね?本作1話を見ておぼろげな記憶をたどると、バンパイヤハンターの亜流の感じで始まるんでしたっけ?試験の挫折とか幼馴染とか一応ヒューマンドラマはあると思いますが、やっぱりほとんど覚えてないなあ。面白くなかったのかな?まあ、ほぼ初見に近いと思います。

 その意味で言えば、本作アニメの1話は思っていたほどつまらなくはなかったです。ちょっとテンプレ感はありますけどね。それと食事中に見たくないなあ…そうか、それでマンガ版は放棄したかも…ちょっと気持ち悪いですよね。

 ちなみに「大怪獣の…」は見ない方がいいと思います…私見ですが映画レビューサイトで点数を確認してみてください。

 今の時点では何とも判断がつきませんが、少年ジャンプもの特有の「少年向け」臭はしますね。そこで深さがとかテーマ性が…とか言っても仕方ないですよね。
 文句を言わない内に撤退か、一応数話みるか迷いますが、土曜日更新なら「転スラ」の後に見ればいいかな?まあ、2、3話くらいまで見るかもしれません。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 5
ネタバレ

shino さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

怪獣大国、日本

ProductionI.G制作。

日常的に怪獣が人々をおびやかす世界、
主人公カフカは日本防衛隊への入隊を諦め、
今では夢破れ、怪獣専門清掃業で働いていた。
怪獣大国日本、その発生率は世界でも指折りで、
とある事件をきっかけに彼の生活は一変する。

職務を通じて描かれる正義感と夢への情熱、
ギャグ描写の数々も、落差があってなかなか楽しい。

まだ序盤ですのでよくわかりませんが、
{netabare}挫折する大人が、再起を目指して行動する、
その挑戦はいつだって尊いものだと思います。{/netabare}

怪獣たちの存在の謎に迫りながら、
基本は討伐が続いていくのでしょうか。

キャラクターが揃えば楽しくなる予感がします。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 22

65.9 6 2024年春(4月~6月)アニメランキング6位
無職転生 Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~ 第2クール(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (26)
337人が棚に入れました
2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始されて以来絶大な人気を誇る“なろう系ラノベのパイオニア”『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』。理不尽な孫の手の著による本作は、多くの作品が生み出されている「異世界転生系ラノベ」「なろう系小説」のまさに先駆者的作品であり、幅広いファンを獲得している当ジャンルの代表作。働きもせず他人と関わりもせず、ただ部屋に引きこもってゲームやネットに明け暮れるだけの34歳のニート男が、ある日交通事故に遭い死亡…したと思った次の瞬間、剣と魔法の異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生!少年ルーデウスとして生まれ変わった男が、前世の記憶と後悔を糧に、出会いや試練に直面しながら「今度こそ本気で生きていく」姿と壮大な冒険が描かれる大河ファンタジー。

声優・キャラクター
ルーデウス・グレイラット:内山夕実
前世の男:杉田智和
シルフィエット:茅野愛衣
ノルン・グレイラット:会沢紗弥
アイシャ・グレイラット:高田憂希
アリエル・アネモイ・アスラ:上田麗奈
ルーク・ノトス・グレイラット:興津和幸
エリナリーゼ・ドラゴンロード:田中理恵
ナナホシ/サイレント・セブンスター:若山詩音
ザノバ・シーローン:鶴岡聡
クリフ・グリモル:逢坂良太
ジュリエット:諸星すみれ
リニアーナ・デドルディア:ファイルーズあい
プルセナ・アドルディア:田中美海
バーディガーディ:楠大典

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

当然見ます。1話はイチャイチャしているだけですが…しっかり責任を取るのは偉いか

好きなシリーズなので当然見ます。

ただ1話の内容としては…
結婚しようという嫁のために、家を用意するだけの話w

いやまあ、ちゃんと結婚して責任を取ろうというのは偉いですね。

そこらのなろう主人公は良くわからんハレーム状態を維持したまま関係も進めず責任も取らず、なにしてんの? という中で、きっちり結婚を決意するのは偉いですね。

いや圧倒的クオリティの高い本作を凡百のなろうと比べるのはなんですが。

まあとにかく見続けます。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 2

65.3 7 2024年春(4月~6月)アニメランキング7位
狼と香辛料 merchant meets the wise wolf(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (45)
347人が棚に入れました
若き行商人クラフト・ロレンスは、荷馬車を引く一頭の馬を相棒に、街から街へと商品を売り歩く日々を送っていた。 ある日、黄金色の麦畑が広がる小さな村を訪れた彼は、耳と尻尾を有する美しい少女と出会う。 「わっちの名前はホロ」 自身を“賢狼”と呼ぶホロは、豊穣を司る狼の化身だった――。 彼女の「遠く北にあるはずの故郷・ヨイツの森へ帰りたい」という望みを聞き、ロレンスとホロは北を目指す商売の旅の道連れとなる。 だが行商人の旅には思いがけない波乱がつきもので……。孤独だった行商人と、孤独だった狼の化身を乗せた馬車が、今、騒がしく走り始める。
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

3話 どうしましょうね?旧作の2期を見ながら考えましょうか。

第1話 3DCGの技術的な挑戦が大きい?それとも海外を意識した? 

{netabare} 試しに旧版と本作を同時に見たら、冒頭に少女が出てくる以外、14分くらいまでほぼ同じ話、構成でしたね。場面とかセリフで30秒も差が無い感じでした。
 ただ、驚いたのが旧知の人って、旧版はクロエっていう女性でしたがヤレイっていう男なんですね。この違いがありました。

 そして14分以降キャラの関係で若干違いがありますが、旅立つところ以降は一緒でした。で、あれ小説どうだったっけ?と思い以前買った小説版を引っ張り出したら、この場面が丸々ないんですね。馬車でホロがオオカミであることを確認したらそのまま旅立ってました。

 まあ、そういう細かい違いがあるみたいですけど、大筋は同じですね。雰囲気や作画は当然ですが、旧版の方が圧倒的にいいです。しかし、本作はホロが可愛いですね。

 それと何といっても3DCG技術でどこまで演技ができるか情緒的な画面を作れるのかが見ものでしょう。
 今回のリメイクの見るべきところは、もし解釈が旧版と同じであれば、これに尽きるのではないでしょうか。その点では遠景の手足にまだ違和感があるものの短時間でかなり進化したなあという印象でした。
 海外セールスを狙ってしっかりした作品を選んだ、という意味もあるのかもしれませんけど。

 せっかく小説を引っ張りだしたので、以前の疑問を含め読むかもしれません。ストーリーが旧版と同じならいちいちレビューはしませんが、気が付いたところがあれば、随時。 {/netabare}


2話 リメイクの意味が薄いなら飛ばし見か放置かもしれません。

{netabare} 1話のヤレイの登場シーン以外は、原作にほぼ準拠という感じで進んでいるようです。ただ、ロレンスって開き直ってホロと馬車の上で一緒に寝ているんじゃなかったでしたっけ?

 原作を改めて読んでいますが、なぜ家に数巻あるのに原作を覚えていないのだろう?と思ったら、1期の銀貨とかこの後出てくる武具の話とかの内容が理解できなくて、そこだけ集中的に読んでいたみたいですね。

 ですので、2巻までで放置してたみたいです。今回読み返し始めました。面白いことは面白いですが、経済的な部分の謎解きをしないで話が進んでしまい、どいうことなのかエピソードの最後の方まで説明がないので、頭を使ってしまいます。そうすると感情が引き戻されてメタ的な気分になるんですよね。そこが没入できない原因だったかな。

 むしろ長寿のホロが北にかえる旅路の話…商人との信頼関係を結びながら…そして…という話の方が面白いです。その部分は「フリーレン」をちょっと思い出します。

 それと、やっぱり雰囲気は旧作の方がいいです。作画で見るべきところもないし。話が原作・旧作準拠でリメイクの意味が薄いようなら飛ばし見か放置になる気がします。{/netabare}



3話 どうしようかなあ…どうしましょうね?旧作の2期を見ながら考えましょうか。

 もちろん前作を最後まで(1期だけ)見ているので、話が面白くないということはないです。リンゴのシーンも良かったです。

 ですが…うーん、同じすぎ?例えば「キノの旅」などのリメイクを考えると新旧見比べる意味があるのですが…ただ、まあ雰囲気は慣れてくればそれほど違和感もなくなってきた気も…

 それと今回の部分で、以前はスルーしてたんですけど原作を読み返して気になったのが、テンの皮(革?)の時の匂い問題なんですけど…あれは取引上の口の上手さなんでしょうか?なんとなく詐欺というか騙しだと思うんですけど…そう言うものなの?とちょっと引っ掛かりましたね。

 どうしましょう?継続にしとこうかなあ…とりあえず旧作の2期が先かなあ…一応、中断にしておきます。違いを確認するためにチェックはすると思いますけど。

 EDを初め音楽は結構気に入りました。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 10

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

懐かしい… 一度アニメ化された作品が再アニメ化するのは珍しいですね

いや、ダイの大冒険とか、封神演義とか、ハンターも2回アニメ化されたっけ。
ジャンプ系では結構あるか。

原作既読。
大変、良い作品でしたね。

しかし原作は20年も前の作品。それが今アニメ化するというのは…
どういう流れなんでしょうかね。
でも、良いことだと思います。

丁度見ていなかった頃なので前回のアニメはあまり知らないのですが…。
作画等は当時レベルでは十分良かったような印象です。
ただ、あくまで当時レベルなので、今リメイクすれば当然レベルは上がるでしょう。

だったら、かつてアニメ化したからって気にせず、本当に良い作品は、改めて再アニメ化したって良いと思います。

まあ、調べたら続編も書いていたりと順調に続けていたから、こうして機会が訪れたのでしょうかね。

内容は知っているのでちょっと悩む面もありますが、このクオリティなら見たい…。 でも内容は知っているからなぁ。
見たい候補ですが、まだ考えます。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 2

いこ〜る さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

再アニメ化

続編をやるのかと思っていたので意外でした。まさか再アニメ化とは!
で、改めて見るとこの話は男性視点ではホロの魅力に尽きるわけですが、女性視点だとロレンスってどうなんでしょう?

もちろん『為替取引』ってそう言うものだったのか!と経済の面白さも大きのですが、ホロと経済どちらが抜けたら話が成り立たないかを考えれば、ホロ=キャラクターの魅力によって話が成り立っているのは自明のように思います。

何はともあれ、再アニメ化の意義はどこにあるのかも含めとても楽しみです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 3

65.0 8 2024年春(4月~6月)アニメランキング8位
魔法科高校の劣等生 第3シーズン(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (24)
228人が棚に入れました
魔法。それが現実の技術として確立されてから約一世紀が過ぎていた。 国立魔法大学附属第一高校、通称“第一高校”にとある兄妹が入学する。 魔法師として致命的な欠陥を抱える劣等生の兄・達也。 すべてが完全無欠な優等生の妹・深雪。 二人の学生生活は激動に次ぐ激動の日々だった。 政治結社《ブランシュ》の襲撃。 九校戦への香港系国際犯罪シンジケート《無頭( ノー・ヘッド・)竜(ドラゴン)》の介入。 大亜連合軍の横浜への侵攻。 人の精神に取り憑いて変質させる魔物パラサイトの出現。 そしてUSNA軍魔法師部隊スターズ総隊長アンジー・シリウスことアンジェリーナ=クドウ=シールズの来訪。 波乱に満ちた一年が終わり、二年生になった二人の生活も少しずつ変化する。 四葉家から使わされた桜井水波が達也たちと同居することになり、 達也は新設された魔法工学科、通称《魔工科》に転科する。 深雪と共に平穏な学園生活を送るはずだったが それを世界が許すはずもなく…。 そして、──波乱の日々が、再び幕開く。

声優・キャラクター
司波達也:中村悠一
司波深雪:早見沙織
桜井水波:安野希世乃
九島光宣:戸谷菊之介
千葉エリカ:内山夕実
西城レオンハルト:寺島拓篤
柴田美月:佐藤聡美
吉田幹比古:田丸篤志
光井ほのか:雨宮天
北山雫:巽悠衣子
黒羽亜夜子:内田真礼
黒羽文弥:加藤英美里
七草真由美:花澤香菜
七草香澄:喜多村英梨
七草泉美:悠木碧
七宝琢磨:橘龍丸
周公瑾:遊佐浩二
中条あずさ:小笠原早紀
十文字克人:諏訪部順一
九島烈:大塚芳忠
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

3話 この話が理解できると面白さがわかるのですが…すごいが不親切かも。

1話 予想の斜め上の映像と演出でした。悪くないと思います。

{netabare}  映像的に面白いですね。人物もフル3DCGの様に見えます。その割に2Dっぽい良さがあります。髪の毛が若干塊になってしまったり、身体、特に女子の制服がヌメッとした感じはありますが、かなり自然でした。加えて構図や動き、魚眼レンズ効果など面白いことをやっています。
 強いて上げると深雪の横顔がどうかなあ、と思わなくは無かったですが、以前も同じだった気もします。

 3DCGは好きじゃなかったんですけど、もうここまで来れば毛嫌いする必要はないかもしれません。冒頭のシーンや最後の戦闘シーンを含め、かなり高度な水準ではないかと推察します。視覚効果を使った演出は面白かったと思います。テンポも声優さんも期待通りでした。

 さて、今回はどこまでやるのでしょう?2期の来訪者編が3冊分+アルファで中途半端な話がくっついた感じで1クールの完成度は低かった印象でした。
 ラノベはダブルセブン編から1冊が薄くなった気がするので、ちょうど4冊分、ダブルセブン、スティープルチェイス、古都内乱編2冊までの消化でピッタリでしょうか。1話を見る限り変な引き延ばしは感じられませんでした。

 ラノベのSF的ストーリー的な完成度で言えば1期の横浜騒乱編までが98点だとすると追憶編は85点来訪者編92点、この3クール目の(おそらく)3作は80点ぎりぎりかなあという評価です。ですが、面白さではなかなか良いパートです。その面白さを拾えていると思います。

 ここのパートは女子たちが面白く、特に七草真由美が面白いパートです。特に古都内乱編は最高です。登場シーンは少ないですけど。

 なお、Dアニメの1話のサムネの映像ですが、女子の胸のサイズが陰影でモロに分かるようになっています。これも遊び心なのか、3DCGのレベルの高さを見せつけているのか…{/netabare}


2話 幽霊みたいなモブはやめて。それとCGは良いけど画面がクリアすぎます。

{netabare} 後ろを歩いているモブが幽霊みたいで、あれはやめた方がいいですね。群衆の密度は確保できているのだから必要ないでしょう。他の出来の良さを全部打ち消してます。

 女性たちは美しいですねえ。深雪と真由美嬢、黒羽亜夜子は非常に良かったです。このCGモデルは本当に素晴らしい。それと映像としては冒頭の四葉家の深雪はかなり美しくできていました。このシーンのクオリティで全編作れれば感動ものですね。達也がちょっとおかしい気がする以外、主要キャラは本当に技術的進化を感じます。

  ただ、最大の欠点が画面が独特すぎて話に集中できません。CGは出来は良いんですけど、あまりにクリアです。ごくごく少しでいいのでエフェクトを使ってコントラストを下げた方がいい気がします。

 それと、九島烈役は声優さんが交代したんですね。他界されていたのを知りませんでした。

 内容は2期の最後のタワーの件をまだ引きずっているんですね。それほど話に影響しない感じですけど。 {/netabare}



3話 この話が理解できると本作の面白さがわかる。すごいが不親切でもある。説明なしにこの作品を理解できるのか?

 この作品がすごいと思う反面、不親切だと思うのは今回を見ればよくわかると思います。

 核融合の仕組みは今ホットな物資でああるトリチウム(3重水素、陽子+中性子2つ)と(2重水素、陽子+中性子)を超高温にしてプラズマ状態つまり電子と原子核が分離した状態にします。
 この状態で両方をぶつけると2陽子+2中性子のヘリウムの原子核と中性子になります。このヘリウムができる過程で、実は質量がほんの僅か減少します。これがE=mc2乗により莫大なエネルギーを生み出します。

 で、この状態は高温プラズマ状態のために飛び出した中性子が高速で動き回るあめ、いろんな衝突と分解、結合が起きます。3重水素原子核、2重水素原子核、中性子、陽子などさまざまな粒子が飛び回ります。次の原子核にぶつかることで連鎖反応がおき、核融合反応が継続することになります。

 この高温プラズマ状態は1千万度から1億度に近い状態でこの反応している場を閉じ込めるのが非常に困難になります。現在は磁力などを用いて閉じ込めることを想定しています。が、これを重力制御で閉じ込める、といっているのだと思います。

 核分裂ほどではないですが「ガンマ線」がでるので、これを防いでいます。プラズマとは固体液体気体の次の「第4の状態」ということです。「クーロン力」は原子核はプラスの電荷の陽子と中性子なのでプラスです。原子核同士、つまりプラスとプラスをぶつけようとしても反発します。これをぶつけるために高温にするわけですが、クーロン力を制御できれば炉の効率があがりますし、反応速度の調整もできるでしょう。

 こういう核融合反応の基礎知識が重要…とまでは言いませんが知っていると何をやっているのか、どんな話なのか理解できます。

 本作の主要テーマの1つとして、今までなぜ魔法でできなかったかといえば「重ね掛けはできない」という設定がありました。だから飛行魔法つまり飛び続けることができなかったわけですが、それをループキャストを機械制御することで継続的に魔法をかける技術で飛行魔法を実現しました。核融合炉は反応の連続なので魔法をかけ続ける必要があります。

 つまり、シルバーホーンという設定は俺TUEEEでなく、飛行魔法の発明から重力制御の熱核融合炉の実現につなげる設定ということです。これが一つのテーマとして魔法師と一般人の対立と絡めて、この作品を貫いています。
 達也のマテリアルバーストにより質量を消滅させることができますので、その魔法と対になっています。これが平和と軍事のアナロジーとなっているのも面白いところです。

 また、市川先輩の横浜の実験ですが、ちょっとわかりづらいのですが実験の様子を見るとクーロン力をゼロにすることで強引にぶつけに行っているのかなという気がします。さらにレリックによる常駐型魔法の実現もここにつながります。

 こういう風にSFとオカルトを融合させてかなり面白いストーリーになっています。核融合炉の仕組みがわからなくても、この軍事のみの魔法師の身分と一般人の問題、四葉家の内部闘争と外部対立など十分面白いのですが、達也が研究している内容のつながりの意味の説明、つまりSF的知識的な伏線の種明かしが弱い気はします。

 つまり「これで面白さが伝わるか」ですね。本作が酷評されるケースはこういう部分の説明不足なのかなあ、という気がしています。


 



 

投稿 : 2024/04/20
♥ : 7

ヤマナ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4

良さがわからない。

初見評価
前作まで大体見てたはず、、、たぶん。
有名作品だしファンも多いのだろうけど自分には良さがわからない。
作画も動き少なくCG使ってて綺麗とも言えない。
キャラクターの個性も薄い。
ストーリーもよわい。
今期は有名続編が多くあるがそれらと比べても、
1話のつかみが弱い。
新規参入に取ってはつまらない1話だと思う。

単純に主人公も妹も好みじゃないのが大きいとは思うけど人気になら意味がわからない。
よっぽど低予算なろうの方がツッコミどころもあり楽しめる。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

64.9 9 2024年春(4月~6月)アニメランキング9位
アストロノオト(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (25)
132人が棚に入れました
料理人・宮坂拓己が新たな就職先として面接に訪れた、木造アパート"あすトろ荘"。そこは"朝食付き"が売りなのだが、可憐な大家・豪徳寺ミラの料理に耐えきれなくなった住人の要望もあり料理人を募集していたのだ。ミラと出会った拓己はその場で一目惚れ。急遽作ったアジフライは大評判。拓己の住み込み料理人としての生活がスタートする。しかし、それは穏やかな日々とはいかなかった。癖のある住人たちとの、ご近所より近く、家族より遠い距離感の中、次々と巻き起こる不可思議な現象。ふとしたことで知った、ミラが宇宙人だったという秘密。拓己が抱くミラへの恋心はどうなってしまうのか。また、不可思議な現象の謎は解明されるのか?食卓から宇宙にまで広がる、新感覚SFアパートラブコメディ!
ネタバレ

shino さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

コイノアシオト

テレコムアニメーションフィルム制作。

朝食付きのアパートあすトろ荘を舞台とした、
料理人と美人大家さんとの新感覚ラブコメディ。
木造アパートで次々と巻き起こる不思議な現象。
その謎は解明されるのか、そして恋の行方は!?
料理人宮坂拓己の新生活が始まる。

窪之内英策のキャラクターデザインを頼りに、
期待もせずに視聴をしましたがこれが楽しい。
SF要素満載のラブコメディです。

あすトろ荘の住人たちとの交流が始まり、
主人公と大家であるミラとの恋愛模様!?
背景にある世界観はなかなか奇抜なようですが、
興味を惹く物語の始まりであります。

{netabare}どうやらミラには大事な探し物があるみたいだ。{/netabare}

物語は大きく飛躍するのでしょうか、
ひとまず今後も注目してみようと思います。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 19
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 メチャメチャ面白い。管理人さん可愛い。超ダークホース?

1話 SFめぞん一刻?おとなりに銀河のリメイク?正直滅茶苦茶なアニメです。

{netabare} ただ、冒頭のシーンの間抜け感からいってギャグ度が高いと作品だとは思います。ですので、どういうスタンスで見るかでひょっとしたら面白いのかもしれません。実際1話は結構面白くてあっという間に終わっていました。

 窪之内英策のキービジュアルに惹かれて見始めたら結構微妙なキャラデザでした。といって可愛くないわけじゃないです。EDの絵はものすごく良かったです。

 設定は滅茶苦茶です。4家族しか入居してない古いアパートで雇われ大家に料理長。待遇としてはわざわざ面接に来るくらいの給与を出している、ということです。あの広いアパートの固定資産税や修繕費が出るとも思えません。リアリティはまあゼロですよね。

 何となく惹かれますので、数話様子見ですね。{/netabare}


2話 メチャメチャ面白い。管理人さん可愛い。超ダークホース?

 なんかヒロインがメチャメチャ可愛く感じてきました。そしてなんと言っても面白い。トンデモ設定のドタバタ劇ですが、話に筋がありそうだし、ラブコメだし、SFだしで2話は本当に面白かったです。

 めぞん一刻のパロディであることはもう隠さないんですね。というか初めから隠してないですけど、明言しちゃいましたね。その方がいいです。だからこそズラしが面白いんだと思います。

 梅酒のあった場所をみるとあのアパート自体が宇宙船とかそういう感じなんでしょうか?

 作画は2話の方が良かった?いや1話を見直したいですね。それとOP・EDアニメのレベルの高さよ。これはすごいですね。本当に良いです。

 今期の超ダークホースですね。このメジャー作品ぞろいの中にぶつけてきただけのことはあります。 
 

投稿 : 2024/04/20
♥ : 7

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

作画はやや微妙も内容は良好。宇宙人要素が無くても普通に楽しかった

窪之内英策のキャラデザは悪くはないですがそこまで今風で魅力的とは言い難い。
作画自体そんなに良くは無いですが…。

しかし内容は良好ですね。
ヒロインの大家さんは宇宙人だからこそのズレっぷりで変な求人を出して、それに騙されで訪れながら、大家さんの魅力もあって入居を決めると…。

ヒロインは可愛らしい感じで、主人公がヒロインに惚れるのには共感できました。
じゃあもう文句はないですね。

どうでもいいけど主人公は朝食を作るのでちゃんと報酬を得ているんですよね?
もちろん家賃減額とかで良いと思いますが、触れないのも気にかかりました。
まあ大した問題ではないですが。

普通にボーイ・ミーツ・ガールで興味があるところに、実は宇宙人…
ミボウ星のミボウ人を未亡人と勘違いするという小ネタも挟んで、果たしてどうなるのか、という感じですね。

まあ普通に気になります。高優先順位で視聴予定。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

64.8 10 2024年春(4月~6月)アニメランキング10位
変人のサラダボウル(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (25)
159人が棚に入れました
貧乏探偵、鏑矢惣助が尾行中に出逢ったのは、魔術を操る異世界の皇女サラだった。 なし崩し的にサラとの同居生活を始める惣助だが、サラはあっという間に現代日本に馴染んでいく。 一方、サラに続いて転移してきた女騎士リヴィアは、ホームレスに身をやつしながらも意外と楽しい日々を送る。 前向きにたくましく生きる二人の異世界人の姿は、惣助のほか、鬼畜弁護士、別れさせ工作員、宗教家といったこの地に生きる変わり者達にも影響を与えていき――。

声優・キャラクター
鏑矢惣助:古川慎
サラ・ダ・オディン:矢野妃菜喜
リヴィア・ド・ウーディス:M・A・O
プリケツ:大地葉
皆神望愛:藤田茜
愛崎ブレンダ:沼倉愛美
永縄友奈:高田憂希
閨春花:真野美月
草薙勲:上田燿司
タケオ:立花慎之介
鈴木:鳥海浩輔
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 予想どおり普通過ぎるくらい普通の面白さですね。

1話 ベテラン作家原作を日朝アニメ制作会社が作る安定感。

{netabare}  原作の平坂読氏は「僕は友達が少ない」のアニメではまって、原作を楽しみに読んでいましたが…まあ、その先は言うまい…ですね。それでちょっと苦手になってしまいました。
 ですので「妹さえいればいい。」はアニメも原作も全く手を付けていません。

 本作も見始めてから「古いタイプのキャラ造形だなあ」と思い、サブスクの概要を見て初めて平坂氏の作品だと知りました。ヒロインは「ハヤテのごとく」のナギの亜流ですし、主人公が探偵というのも最近では全く見ません。冒頭の展開はもちろん「はたらく魔王さま」ですし。

 一方で古い故に、ゼロ年代ラノベ的安定感がある感じで爆発力はなさそうですが、ひょっとしたら面白いかもとは思いました。
 平坂氏は「はがない」の最終巻こそアレですが同作品は700万部で、「妹さえ」は250万部。1発屋ではないし、他に数作数巻のシリーズを出しているようです。つまりもはやベテランで実力はあるのでしょう。

 アニメ制作会社のSynergySPというところはなじみがないですが、シンエイ動画の子会社で日朝をやってたみたいですね。ということは安定的な作品になるだろうなあ、と思います。

 制作会社と原作者から言って、70点以上75点くらいの作品になるのでは?という予感がします。{/netabare}

2話 予想どおり普通過ぎるくらい普通の面白さですね。

 予想通り、普通の面白さの普通のドタバタ劇以上でも以下でもなさそうです。理解しやすい「ヒナまつり」と言えばいいんでしょうか。まあ、見るかもしれませんが、優先順位は…普通?

投稿 : 2024/04/20
♥ : 5
ネタバレ

なっぱ‪‪𖧷‪‪𓈒𓂂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話目の感想。鑑賞続行決定!

原作未読。予備知識なしの初鑑賞。

✎︎_______#1の感想_______

少なくとも1話目のテンポはよく、
登場キャラ達の知能が高めだったので
ちゃんと意思疎通をし合う会話が繰り広げられ
ストレスフリーで観ることができました!

おバカが場をかき回すのではなく、
異世界同士の常識のズレによるハチャメチャで
楽しませてくれるお話なので今後も楽しみです。

明るいサラを観てるだけで元気チャージ(*´꒳`*)

{netabare}サラの日本適応力は見所でしたねw

1番の推しポイントは
飛騨牛を実食したサラの幸せそうなお顔!!
(これを書く直前に公式サイトへ飛んだら
そのお顔のGIFが配布されてたので即保存しましたw)

コナンくんにポジティブな影響を受けたサラが
これから探偵の相棒としてどう活躍していくのか、
毎日の食卓で飛騨牛を並べることができるのか、
乞うご期待ですね( *´艸`){/netabare}

✎︎_____________________

‪現時点での☆は未評価の状態です。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 7

たナか さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

Survival of the Fittest

はがない作者×カントク。キモくないカントクアニメ。

金髪ツインテのじゃロリ王女が異世界転移してきてなんやかんや。王道×王道で正面突破。新鮮さや奇抜さが微塵もないのに面白い。すごい。地力の高さを再確認。捻りのない設定だからこそ実力がモロに露呈する。今の時代にコレで勝負できるのすごい。みんな違ってみんないいみたいな適者生存っぽいのも今風。

02
合流したかと思えば別行動。上手い。

ずっと並走させたままだとリヴィアがただの口だけ野郎になってしまう。しかし美少女押しかけハーレムをする気はない。王女をあっさり残して立てるのも信頼の証。奇想天外な異世界人という設定だが展開自体はそこまで現実離れさせない。異世界設定のトンデモ異能にも頼らず現実の価値観の範疇でキャラのやり取りを介してキャラクターの存在感を演出する。エピソード回想を多用して全部セリフで語るゴミラノベとはレベルが違う、まさにベテランの仕事。

露悪的なインパクトが皆無なのでやや地味だがベテランの実力は垣間見える。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

64.8 10 2024年春(4月~6月)アニメランキング10位
忘却バッテリー(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (21)
86人が棚に入れました
中学球界で名を馳せた完全無欠の剛腕投手・清峰葉流火、切れ者捕手の“智将”・要圭の怪物バッテリー。全国の強豪校からスカウトを受けていた彼らが進学したのは何故か野球無名校の東京都立小手指高校だった。さらに圭は記憶喪失で野球に関する知識も失っていた。 そしてかつて彼らに敗れ散り野球から遠ざかっていた天才たちも、偶然同じ高校に入学しており…。 巡り合い、再び動き出す彼らの高校野球ストーリーがいま始まる―!

Glutton さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

こんなイケメンが野球やるわけ(以下略

かつて無双していたバッテリーの片方が記憶喪失になった(?)ので野球を続けられるか…
というところから始まる。
それは良いのだが、記憶喪失のせいで(?)お下品なギャグというか寒いオヤジギャグみたいな
事を言うようになってしまっている為、このノリについていけるかどうかがポイントか。
あとシリアスに魅せたい場面なのかギャグっぽくしたいのか分からない時があるというか…。

関係ないが1話冒頭の盗塁阻止の場面でセカンドがランナーを手(グローブ)でブロックする
シーンが怖い。骨折しそうで。(小並感)

投稿 : 2024/04/20
♥ : 0

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

記憶喪失になった悪くはないですが

原作はジャンプ+でしたね。
あまりちゃんと読んでいませんでした。

うーん… いや悪くはないですね。
ただはっきりすごく面白い、というほどでもない。

今のところ金髪の方のギャグの寒さがうざいとしか…。
まあ内容自体は決して悪くはないです。
普通のスポーツものですね。主人公が記憶喪失というところは風変わりで面白さはあります。

制作はMAPPAですか。その割には絵がいまいちのような?
はっきり悪いとまでは言わないのですがMAPPAにしては…。
それともこれで良いのかな? 制作会社を信用していると自分の目の方が悪いのか疑わしく。
でもやっぱり何か微妙な部分が多い気がします。

うーん…
まあやや低優先順位かなぁ。見れたら見ます。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 0

たナか さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

野球部の無い学校に行ったのに何故か天才が集まってしまった件

イケメン野球ギャグてえてえポエムアニメ。
ギャグというよりスベリ芸なので人を選ぶか。

02
漫画はあまり絵が上手く無いけどサクサクテンポなのでアニメだとサムいギャグがよりクドくなるのは仕方ない。しかしこのアホ全開からの差分がよりポエムのてえてえを強くする。キャッキャウフフからの絶望みたいな上げて落とすエロゲシステムの転用みたいな、スベリ芸で下げてポエムで上げるシステムが上手く作用している印象。実際読むか観るかしないとやりたいことがわからない点は惜しい。

ポエムの語り部である凡人の山田が天才たちに重宝される理由づけが実に上手い。オレ様な清峰は便利なやつだから、アホの要は相手して欲しいから。大体は導入のスピード感を優先するためやや強引さが出てしまうものだが、ここの見せ方が上手くてご都合感が無いから脳内補完も不要でスッと話に入れる。記憶喪失なのに可哀想お涙アニメにしないのもいい。

アニメは原作漫画のいらんパロディは消しつつやりたいことを忠実にというか、きちんと底上げして演出意図が伝わりやすくなってると思う。漫画はややキメどころがキメ切れてないところがあるが、アニメではしっかりバシッとキマッている。それでいて解釈違いもほぼないと思う。しかしなぜかあえてなのか顔がイケメンになりきれてない。天才ばかりだから嫌味になると思ったのかもしれんが、素直に美麗なイケメンアニメにしてもよかったのでは?そこらのアクスタCM動画とはちがうぜってか。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

64.8 10 2024年春(4月~6月)アニメランキング10位
オーイ!とんぼ(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (15)
74人が棚に入れました
トカラ列島を舞台に、ゴルフと人が紡ぐドラマティックストーリー 過去を捨て、世間から逃げるように鹿児島県「トカラ列島」に移り住んだ五十嵐。 "日本最後の秘境"と言われる"火之島"で出会ったのは、島でたった一人の中学生、とんぼだった。 天真爛漫な少女は、とんでもないゴルフの才能を秘めていた!? この出会いをきっかけに、二人の運命が大きく変わっていく…。

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

この作画じゃ期待できない… からの内容良好。過疎の島での暮らしも興味深い

作画を見てまあいまいちだと思ったのですが…
内容は結構良かったですね。

主人公は… どっちだ。男は元プロゴルファーで、挫折しただか色々あったらしく過疎の島で就職目指す。
そこでダイヤの原石のような少女に出会う… という。
ゴルフ描写もちゃんとしているしヒロインは可愛らしく、過疎の島での生活が興味深い。

ちょっと見たいと思えました。
ただ絵柄的に華はないのは確かなので… 考えます。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

自分にとっては救済作品かも(1話まで視聴して)。

>1話まで視聴して
原作未読です。

ゴルフアニメ作品ラッシュですね。
某ゴルフアニメ作品ロス真っただ中の自分にとっては救済作品かもと期待し視聴開始。

今のところ素直で優しい人たちばかりなのでストレスフリー。入っていきやすいですね。

今のところ、とんでもゴルフな雰囲気や前触れもなく
リアル準拠な作品になっていくのかな?。

とりあえず継続視聴したいです。

ちょっと気になって原作マンガ検索してみたら
え??、49巻も出てるんですか?。それと既に完結してる?。
ってことは全部描き切る前提でのアニメ化なのかな?。
1クールじゃ絶対無理と思うから、最低でも2クール?。それ以上も??。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 6

たナか さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

Blowin' in the Wind

ゴルフ雑誌掲載漫画のアニメ化。
原作は2014年から既刊49巻180万部らしい。

またおじいちゃんの昭和センスゴリ押し企画かと思えば…。
今のバズってナンボな露悪的な要素が皆無な心地よさがある。

アニメ化記念で漫画が数巻無料!

よくあるやつと言えばよくあるやつ。ドロップアウトした元プロが田舎で出会った少女の才能に魅せられ、彼女の成長と共に自身もまた回復していく業界蘊蓄ハートウォーミングライジングストーリー。

02
新鮮さも奇抜なフックも微塵もないのに先が見たくなる吸引力。

漫画見たけどゴルフ論はこれでもかなり削ってるし、トカラ列島蘊蓄はまるまるカット。おかず的な情報描写を削ってはいるが物語の面白さ自体は微塵も損なわれていない。もともとの漫画の出来の良さがアニメと見比べることでよりわかる。漫画は専門誌掲載ゆえマジでゴルフ用語バリバリなのでこれでもかなり削ってる。これだけ削ってても普通に矛盾なく見れるのまじすげえ。

流石にゴルフ雑誌掲載作品なんか全く知らなかったので「なんだこれwwwwwまたおじいちゃんのゴリ押しかよwwwww」って思ってましたごめんなさい。今期トップクラスに面白いです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 2

64.7 13 2024年春(4月~6月)アニメランキング13位
転生したらスライムだった件 第3期(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (25)
276人が棚に入れました
クレイマンを倒し、正式に魔王となったリムル。魔王たちの宴(ワルプルギス)を経て、リムルの支配地域はジュラの大森林全体に広がった。その影響で各種族の代表が挨拶しに殺到することが予想されならばいっそのこと魔王リムルのお披露目と、テンペストの新規住民獲得も兼ねた「開国祭」の開催を思いつく。 一方、魔物を敵視するルミナス教の総本山・神聖法皇国ルベリオスでは、聖騎士団長・ヒナタがリムルのメッセージを受け取る。しかしそれは、何者かによって改竄された宣戦布告だった。テンペストにヒナタが向かっていると報告を受けたリムルの決断はーー。真の敵と味方を見極め「人魔共栄圏」という理想を追い求める、リムルの新たな挑戦が始まる。

声優・キャラクター
リムル:岡咲美保
智慧之王:豊口めぐみ
ヴェルドラ:前野智昭
ベニマル:古川慎
シュナ:千本木彩花
シオン:M・A・O
ソウエイ:江口拓也
ハクロウ:大塚芳忠
リグルド:山本兼平
ゴブタ:泊明日菜
ランガ:小林親弘
ゲルド:山口太郎
ガビル:福島潤
トレイニー:田中理恵
ミリム:日高里菜
ラミリス:春野杏
ディアブロ:櫻井孝宏
ヒナタ:沼倉愛美
ダムラダ:浪川大輔
グランベル:小野大輔
マリアベル:水瀬いのり
レナード:野島健児
アルノー:竹本英史
バッカス:飯島肇
リティス:相川遥花
ギャルド:駒田航
フリッツ:村田太志
サーレ:千葉翔也
グレンダ:日野まり
グレゴリー:山根雅史
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 23時からの地上波なんですね。それでレベルが上がったのかな?

1話 意外なことにテンポも作画も演出も良くて面白かったです。

{netabare} 意外なことに…というと失礼ですけど、1話面白かったです。2期のダラダラ感とスピンオフのせいで作品に対して反発心がないわけではないですが、試しに見たら1話はスッキリしていて面白かったです。
 また、シオンが「肉塊」にしたファルムス王をどうやって描くのか気になっていたので、そこはテレビ向けに工夫したなあという感じでした。

 原作の既刊分21巻は買って読んでいるのですが、19巻以降は1回しか読んでいません。要するに結論が知りたいだけなので。この作品は「会議」と「進化・強さの説明」「バトルシーン」を半分以下にできていればずっと面白かったのにというのが感想です。ですが、東の帝国との戦いの前半まではそれでも面白いのでそこまではアニメも付き合うつもりです。

 今回は開国編、お祭りまでやるんでしょうか。そこまでは原作は普通にワクワク感がありました。アニメ3期の本作については、テンポ、作画、演出など1話が良かったので、このままなら面白く見られると思います。(1クールだとお祭りまでやるのは結構つらいかな?でもそれくらいのテンポの方がクオリティが担保できると思います)

 それにしてもシオンの胸よ…久しぶりに視たら相変わらず強烈でしたね。 {/netabare}


2話 23時からの地上波2クールなんですね。それでレベルが上がったのかな?

 そうか、フリーレンのあと枠で地上波23時の優遇枠で2クールなんですね。道理でアニメのレベルが上がっていると思いました。ルミナスが結構この絵柄にしては美しく描けていますし、1場面の長さはぎりぎり飽きる寸前で調整されている気がします。シリーズ構成とか演出の水準が上がったのかもしれません。
 2話ということで、説明的な回でしたが、原作を比較的テンポ良く消化している気はします。2クールなら区切りで考えるとやはりお祭りまでかな?つまり、ヒナタ、ルミナスメインで進む感じ?

 アニメ人気が一般化されて「オタク」が大衆化しましたが、怪我の功名ですね。視聴者が増えて、スポンサーがつけば作品の質は上がるということでしょう。その意味では「フリーレン」の成功はアニメ界にとってプラスだったのかな。



 

投稿 : 2024/04/20
♥ : 7

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

人気作ということで普通に見ます

転スラはまだまだ人気が高いのでしょうね。
なろうの総合ポイントランキングではとんでもスキルで異世界放浪メシに抜かれてしまいましたが、それでも2位。
完結して4年居座っているのだから立派です。
完結して9年居座って3位の無職転生もやっぱり凄いですが。

作画クオリティは相変わらずの高さで申し分無しですね。
これは普通に見ます。

まあ自分は転スラは心底好きというわけではないのですが。

私の中では、無職転生やReゼロなどは「なろうだけどこれは別格」という扱い。
転スラは「これぞなろう系という人気作」という扱いですね。

まあ単に主人公が苦戦するかどうかで分けているのですが。
主人公は苦戦せずストレスフリーで見られる人気作。
今となってはそれも一ジャンルとして受け入れつつありますが、まあ今後も面白い作品とは何なのかと考えるためにも、人気作はできるだけしっかり見ていきたいです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

64.7 13 2024年春(4月~6月)アニメランキング13位
終末トレインどこへいく?(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (36)
198人が棚に入れました
郊外のとある町。 ここはどこにでもある、ごくごくありふれた田舎……ではなかった。 住民たちに大きな異変が起きているのだ。 だけどそんな中でも千倉静留には、強い思いがあった。 行方がわからない友達に、もう一度会いたい! 静留たちは放置されて動かなくなっていた電車で、生きて帰ってこられるかどうかもわからない外の世界へと出ていく。 走り出した終末トレインの終点には、いったい何がある?

イムラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

設定が気持ち悪い気になるアニメ

<2024/4/1 初投稿>
新年度に入ったので今期新作で一本レビュー書いておきます。

まだ1話なので評価はデフォルトの3.0です

現代日本を舞台とした不思議系終末もの
終末少女旅行よりもケムリクサの方が雰囲気は近いかも
そんな西武池袋線

ただ設定が妙な違和感で気持ち悪い、
と思ったら水島努監督のオリジナルアニメだった笑
またあたおか(褒め言葉)なアニメ作ってるのかもw

それにしてもブレイバーンといい今年のトレンドは「気持ち悪い」なのかな

今期の気になる枠ということでしばらく見てみます。

<2024/4/8 追記>
第2話見ました
EDクレジットのマツタケイコで不覚にも笑ってしまった笑
今んとこおもしろいですよ

投稿 : 2024/04/20
♥ : 17
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

3話 キノコが何のアナロジーかはもちろん考えますが、時間経過が?

1話 なにこれ?メチャメチャ面白いんですけど?

{netabare} 現代の最先端のSFはどうあるべきでしょうか?設定や世界は科学的である必要はありません。メチャメチャでいいんです。その設定や世界観の中に含意があればいいし、人間が描ければいいと思います。

 その意味で24年冬のオリジナルSFがこじんまりと分かりやすくありきたりな世界観になっていた後、この作品が出てきたのはいいですね。

 大人になると動物になるという社会的なアナロジー、そして、情報の隔絶、ディストピアと組み合わせることで、かなりぶっ飛んでいますが面白い世界を構築しました。
 ただ、世界観的には最先端の物理学は情報物理学だし量子コンピュータの仕組みを考えると、7Gという情報空間で物理が影響を受けるという発想はSF的な意味では、現象としては滅茶苦茶ですけど、発想はそれほど荒唐無稽ではないと思います。JKが登場する意味も大人になる前という意味で、上手く理屈をつけましたね。

「アリスとテレスのまぼろし工場」をどことなく彷彿とさせる第1回でした。出落ちで無ければいいのですが。ちょっとスタッフ的には失礼ながら心配ですが…1話を見る限りではメチャメチャ面白かったので、今期の期待枠ができました。 {/netabare}


2話 さて「終末」の意味はやはり不穏なものとなるのでしょうか。

{netabare}  7Gが意識の反映だとすれば前に進むしかない状況というのは、多分ヒロイン静留が戻りたくない、という潜在意識が反映したのではないでしょうか。

 そもそも、「終末」トレインですからね。死出の旅なんでしょうか。水面を渡る電車って「千と千尋」にもありましたが、死後の世界に向かうイメージですよね。高麗川=「三途の河」と取れば、死の世界に入り込むということにもなりますし。

 夜空の描き方も幻想的で不穏ですよね。2話の冒頭のシーンの感じから言って「中富葉香」を探す旅とは…ちょっとインナースペースというか、一筋縄ではいかない仕込みがある気がします。

 それとゴーヤとか、1話で澁澤龍彦の「黒魔術の手帖」が何の意味があるかは気になります。澁澤はスルーしてたんですけど、わざわざ1話のEdにクレジットがあるんですよね。思わず買ってしまいました。

 EDソングが「ユリイカ」でソクラテスの「わかった」ですけど、その内容はどうも友達との仲違いというかそんな歌詞です。どういう意味なんでしょうね。あと映像ではつり革のシーンって、何か見えない人が乗っている感じもして不気味です。

 追記 途中でもらった地図で2駅目がキノコのマークになっていました。つまり、あの地図の通り話が進むのでしょう。

 それと、始めに到着の時間について話をしていたら、電車のスピードが上がってしまいました。食事の心配をしていたらゴーヤが育ちました。で、やはり戻ろうと言う話が出ると津波が起きましたね。{/netabare}


3話 キノコが何のアナロジーかはもちろん考えますが、時間経過が?

 いや、面白いです。今回もあっという間でした。

 キノコがなんのアナロジーかですね…まあスマホの電波の様に見えなくはないですが。何も考えなくなるというのは良いとして、その比喩が1,2年の命というのとぴったり重なるかは微妙ですね。むしろドラッグかな、という気もしますね。

 ゴーヤが苦手=明るさ、光り、生い茂る、成長と反対概念のキノコですから、ネガティブな生活の何かとも取れますし。ミストサウナはキノコの育成のためでしょうけど、サウナで整うとかいう不健康な流行もありますしね。

 ここで気になるのはたしか設定は7Gから2年経過後の話だったと思うのですが、1,2年で死ぬというのに、まだ沢山の人間が東吾野にはいました。これは時間経過に何かトリックがあるのでしょうか?それとも7G以降である程度の時間経過後にキノコが生えるようになったんでしょうか。この辺は次話以降に要確認です。

 それと、あの黒髪短髪の子のお尻に生えたのが何かが気になります。キノコなのか来週の話なのか。来週は地図によると狐の絵みたいな感じでしたけど。

 1夜だけ寝て、そこに地元の人間とドラマがあって、電車で旅立つのは999を思い出します。そんな感じで進むのでしょうか。もしかしたら銀河鉄道の夜の方なら、やっぱり死に向かう旅です。つまり、各駅ではいろんな死の選択を見せられることになるのかもしれません。

 最終的にはどうなるんでしょうね。どうもヒロインと葉香という子の仲違い…都会に出たい葉香と地元に残りたいヒロインの仲違いの結果、そのマインドが距離を生んだという話だとは思いますが、それだけだと露骨すぎますよね。じいさんの手術も気になるし。どうなるんでしょうか?

 終末…誰の終末=死なんでしょうね?


 

投稿 : 2024/04/20
♥ : 10
ネタバレ

shino さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ユリイカ

EMTスクエアード制作。

2年前に起きた7G事件により世界は改変された。
住環境の急激な風化や緑化、土地の広大化など、
各地で異変が起こっているようである。
廃墟と化した世界で少女たちは人探しの旅を始める。

戸惑いながらも、楽しめています。

放置された列車に乗り、人探しの旅は始まる。
{netabare}主人公静留が住む田舎町では、住民の動物化など、
かなり大胆な物語設定で評価も分かれるでしょう。{/netabare}

7G回線が実現した社会とは、思う即伝わるの、
情報伝達を可能にした技術世界とのことで、
このあたりはまだうまく想像が出来ません。

目的地に向け、動き出した列車も、
一駅ごとに予測不能な展開があればと、
次の駅も楽しみにしたいと思います。

犬のポチさんに注目しています。

人を選びますが、どうぞお試しを。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 17

64.7 13 2024年春(4月~6月)アニメランキング13位
バーテンダー 神のグラス(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (19)
115人が棚に入れました
「神のグラス」と称されるほどの若き天才バーテンダー、佐々倉溜。パリより帰国し、銀座のバーで働き始めた彼のもとに、多種多様な事情や生き様を抱えたお客様が訪れる。彼らに差し出される一杯のグラスが、あるときは彼らの人生を変え、あるときは彼らの心を少しだけ慰める――。酒と人とがドラマを紡ぐ、大人のためのスタイリッシュ・BARストーリー!
ネタバレ

Witch さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

【3話視聴】第1作とは異なる方向性はきちんと提示されていたと思う

【中間レビューNo.2】(2024/4/18現在)
コミック原作で2024年作品。全○話。
第1作は好きだったので、第2作にも期待ですかね。

(ストーリー)
バーテンダー・佐々倉溜は、パリから帰国後銀座のバー”イーデンホール”で
最近働き始めた。
ホテル・カーディナルの営業企画部で働く来島美和は、ホテルのカウンターバ
ーに相応しい、客の魂を癒す「神のグラス」を作れるバーテンダーを探してい
るが一向に見つからず焦っている。
偶然街で出会った溜がバーテンダーであると知る。
(公式サイトより)

(評 価)
・第1話:温故知新的な取り組みは評価したいが・・・う~ん、様子見ですかね
 {netabare}・第1作は2006年にアニメ化されており、2回程視聴してますかね。
  第2作の位置づけが分からなかったのですが、公式サイトや1話を見た限り
  では、リメイクというより
  ・原作からの主要キャラや舞台等世界観を引き継いだ上で
  ・現在風解釈等を加えながらの完全新作ストーリー
  という感じっぽいですね。
  原作未読なので、完全アニオリかどうか等は判断できないですがw
  1話はベースとなる世界観を提示する必要があるので、ある程度前作で既視
  感のあるものをみせつつ、ところどころ改変が行われているという感じでし
  たね。

 ・例えばグルメなんかは「食堂食堂」や「ダンジョン飯」等ここでも異世界モ
  ノが席巻している感があり、個人的には少々食傷気味な感じではあります。
  (これらの作品は好きなんですが、こうも異世界モノが多いとね・・・)
  なので、下手に「異世界バーテンダー」とかに走らずに、こういう時代だか
  らこそ過去の名作に回帰してみようという「温故知新」的な取り組みは大い
  に評価したいところですね。
  第1作での魅力であった
  ・バーという(重い扉で閉ざされた)隠れ家的な空間に流れる緩やかな大人
   の時間や癒し
  ・そこで繰り広げられる人間ドラマ
  ・バーやお酒のウンチク等
  第2作ではどうみせてくれるのか。

 ・ただ1話を観た感じだと「う~ん、コレジャナイ」って感じが・・・
  ・前作より幼さを感じるキャラデザやコメディ要素を加えたキャラ描写
  ・前作よりも明るい感じの色調
  ・過剰なアニメ演出等
  前作の素材の味を楽しむような大人な空気感が・・・って感じですね。
  しかし
  ・第2作を創る以上、前と変わらないという訳にもいかんやろしなあ
  ・第2作として面白いテーマ性とかがあるかも
  ・新作エピソードは気になる
  という感じではあるので、しばし様子見ですかね。
  あと前作は思い出補正がかかってる可能性もあるので、この機会に前作も見
  直してみようかなっとw{/netabare}

・第2-3話:第1作とは異なる方向性はきちんと提示されていたと思う
 {netabare}先日の 第1作のレビューで
 ・第1作はよくも悪くも「昭和世代が思い描く『かっこいい大人の男像』」を
  描いている
 ・第2作は尖った感じがなくなり、凡庸な作品になりそう
 と書いたのですが、

 第1話
 メインキャストが神嶋部長から来島美和に変更。
 それに伴い、神嶋部長の人間ドラマをカット。
 その分佐々倉の人間臭いキャラ描写を追加。
 → 「かっこいい大人の男像」が後退

 第2話
 第1作で2話分のエピソードを1話に詰め込み
 → 人間ドラマは薄味になり、ストーリー重視の味付けに

 第3話
 見習いバーテンダー・川上京子を追加。
 第1作では友好的な熟練バーテンダー・葛原が越えるべき壁という存在。
 まさかのカクテル対決w
 → 第1作では客に寄り添う存在であった佐々倉を第2作では前面に押し出し
   た演出

 やはり第1作のエピソードが古く時代に合わないという判断なのか
 ・第1作:客の人間ドラマとそれに寄り添う佐々倉
 ・第2作:佐々倉の人間臭さや彼や来島美和、川上京子等の成長譚
 という方向に舵を切っていくのかなあって感じですね。
 個人的には
 ・第1作の「昭和世代が思い描く『かっこいい大人の男像』」がストライク
 ・第1作でしっかり描かれていた「人間」が、単純な記号化され面白みがな
  くなったように感じる
 と、どうしても辛口になってしまうのですが。
 第1作とは異なる方向性はきちんと提示されていたのかなっと思いますね。{/netabare}

投稿 : 2024/04/20
♥ : 10

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

ビジネス系の漫画がアニメ化するのって珍しい。しかし… なんだかなぁ、ですね

原作は序盤だけ既読。ジャンプ+だかで無料で読めた時に。

こういうビジネス系漫画という、青年誌ジャンルがありますね。
職業を題材に人との関わりを描いていくという。
気づけば何十巻と続いていることも多いながら、アニメ化することは少ない印象です。
なので珍しいなぁ、と思いました。なんでこれがアニメ化したのでしょうね?

それこそ酒系なら神の雫なんて相当ブレークしましたけど、アニメになってないですし。まあドラマか映画かになっているみたいですが。

でもまあ、本作は知らないけどアニメ化するくらい人気だったのでしょうかね。
ちょっと調べたら2006年にもアニメ化していたそうで。そりゃすごいですね。

まあバーテンダーの技術をアニメ化しているのはちょっと面白さもありましたが…。
原作通りですし特に見る必要は無いと思いました。


しかし、珍しいだけに色々感想が思い浮かんじゃったのでくどくどと語ってみます。

見た印象としては…。まあ原作通りなんですが、他人を上から目線で評価している人間って、改めて感じ悪いですね。
いやまあ、こういうビジネス系漫画はこういう評価する人間が出てきて、主人公が高く評価されてこそなんですが…。

何様だよ、って感じがありますね。
私がバーに行って勝手に「これは神のグラスではない」とか言う資格ってあるんですかね? 無いと思います。そんなことを言える人間って何様だよ、ってなりますよね。

だから、こういう作品に出てくる評価者、食通は、人間国宝とか、大きな組織の長だったり、それなりの箔を必要とするわけですよ。海原雄山とか味皇とか。
しかし本作だと小娘が偉そうに評価しているので、ちょっとイラッとしました。

いやもちろん美味しい、美味しくない程度はどんな客にも言う資格はありますが。
飲む前から失望したとか、偉そうだな、とイラッと来ました。

またこの漫画のキャッチフレーズのようなセリフに文句をつけるのも野暮ですけれど、客を裏切って良い仕事というのは、この世に一つも無いと思います。

医師や薬剤師は確かに「お前のせいでウチの子は死んだ」と言われてしまうのでやばいです。
でもバーテンダーは、注文を聞き違えても人は死なないし、『すみません、作り直します』で済むじゃないですか。もちろん激昂して手がつけられなくなるキチガイ客というのは居るでしょうけれど、そんな客に正当性は無いのでは。

後は女を酔い潰したい男と、断りたい女が並んでいた場合、男はアルコールを増やして欲しい、女は減らして欲しい、どちらに加担しても他方を裏切るわけですが、どうするんでしょうね? 
まあそういう話があるかはわかりませんが。ノンアルコールを出しながら話題が弾んで仲良くなる手伝いをして、両方きっちり満足させる、あたりが落とし所でしょうか。
漫画なら可能でしょうけれど、現実では不可能ですね。
そこまでやらなきゃバーテンダーじゃないなら、求める基準が高すぎですね。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 3

イムラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

「3B」の一角

<2024/4/13 初投稿>
漫画原作でテイストは「ギャラリーフェイク」
蘊蓄人情ものです。

昔、漫喫でちょいちょい読んでました
全部は読めてませんが
結構好きな漫画でした

2006年ごろに一度アニメ化されてるようなので今回は2回目のアニメ化
2話まで見た限りではかなり良い感じ
主人公のバーテンダー佐々倉に寺島拓篤さんの声が合ってます

バーの雰囲気って好きなんですよ
一人旅とかでホテル泊まってバーがあるとだいたい行きます
その街のこといろいろ聞けるし

あと家の近所のバーにもたまに行ったりします
ぼーっと酒飲むのにちょうど良い

そういう雰囲気が好きな人には楽しめる作品だと思います


あとレビュータイトル「3B」
これは「めちゃくちゃ女性にモテるんだけどいざ付き合うと女性がめちゃくちゃ苦労する職業」と言われる"美容室"、"バンドマン"、"バーテンダー"の頭文字を指してのもの
女性の皆さんはお気をつけください笑

投稿 : 2024/04/20
♥ : 13

64.0 16 2024年春(4月~6月)アニメランキング16位
ささやくように恋を唄う(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (15)
141人が棚に入れました
高校入学初日、新入生歓迎会でのバンド「SSGIRLS」の演奏を見た新入生の木野ひまりは、ギターボーカルを務めていた朝凪依に憧れ、彼女に‟ひとめぼれ”をする。 その気持ちを伝えられた依は、ひまりに‟ひとめぼれ”という名の恋心を抱くことに。憧れと恋心。同じ‟好き”でも異なる気持ち。 すれ違うふたりの関係に、バンドメンバーの想いも絡み合い…。ふたりの‟ひとめぼれ”は、やがて鮮やかな青春を奏で始める——

声優・キャラクター
木野ひまり:嶋野花
朝凪依:瀬戸麻沙美/笹倉かな(歌)
水口亜季:小松未可子
筒井真理:小原好美
橘香織:加隈亜衣
泉志帆:根本優奈/水上スイ(歌)

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話 ひまりがヒロインだと崩壊するでしょうね。ヨリ視点だと思います。

 一応、ヒロインはひまりという1年生なんだと思いますが、この娘に感情移入するとちょっと厳しいかもしれません。歌い手であるヨリから見た恋愛の対象で、よくわからない存在で内面がないですからね。キャラとして、ウザがらみワガママ系で脇から傍観すると少しも可愛くないからです。この子をヒロインにしたら恋愛ものとして成立しないでしょう。作品が崩壊すると思います。

 むしろヨリという歌の人のマインドが、引っ込み思案で歌でしか想いを表現できない、と思った方が作品の中には入り込みやすい気がします。それが原作者、制作者の意図かは不明ですけど。

 この関係性の構築の仕方は、なんとなくですけど、作者は男性なのかな、という気もします。

 そもそも髪型のセンスとか、アクセサリーの描写、制服着崩し方、女子たちの集まった雰囲気が、原作は知りませんが結構リアリティがないですよね。これは男の妄想女子高生の気がするんですけど、間違ってたらごめんなさい。
 ということはどこまで深く「百合マインド」を描けるかは、あまり期待しないで視聴した方がいいかもしれません。

「ささやくように」なのにライブで一目ぼれして、アコースティックギターで歌を歌っているのに、そこのズレに言及が無いのもちょっと違和感と言えば違和感かなあ。つまり題名からどんな話になるのかが今のところ想像が出来ません。

 いろいろ言いましたが「百合もの」は研究中ですし、バンドものも24年春期は比較しながら見てますので、視聴候補の一つです。ただ、期待値は低いかなあ…

 ボーカルの人のバズリ期待の作品ではないことを祈ります。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 3

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

これは良い百合。恋愛ものとしてキュンときた

百合はイマイチ。
なぜなら女同士であるという必然性が無い作品が多いから。

しかし本作はかなりキュンと来ましたね。
まず作画クオリティは高めで良いですね。

主人公… どっちだ。下級生の方は、ファンという意味で一目惚れと使ったのですが、上級生の方は恋愛的な意味で一目惚れ。
で、上級生の方は自分が勘違いした、と思いつつ、下級生の子が好きだからと積極的に近づいていく。
格好いい先輩だと思って欲しいと努力したり。
そういう所が、普通に好きな子に振り向いて欲しくて努力する感じで良いですね。
下級生の方はファンだから当然嬉しいし…。

と、ちょっとすれ違った状態から始まります。
上級生が堂々と踏み出せない理由として、女同士だから、というのも挙げられる。

女同士だから、常識的に考えたら恋愛的な意味で一目惚れってのは無い。
だから自分は勘違いしたと思う。

つまり私の嫌いな、女同士の必然性が無くて当たり前に女同士が恋愛する世界観ではなく、女同士だからという戸惑いがガッツリあるわけです。
これこれ、こういうのですよ。
こういうのは、百合でもぐっと好物になります。良いじゃないですか。

というわけで本作は気に入りました。
一応まだ観たいにしておきますが… 本当に観たいですね。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 0

たナか さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

Grateful Days

百合姫のバンドアニメ。
おっさんが見てもてえてえが過ぎる。

「私、一目惚れしました」。ひまりのファンとしての言葉を告白だと勘違いし「私も」と返す依。「憧れ」と「恋心」。言葉の解釈に振り回され周囲も巻き込んでいくJKすれ違いラブストーリー。

01
なにこれめっちゃいい

これもまさかのバンドもの。多いな。しかもまさかの百合姫ってことはガチなやつですかい。原作漫画表紙の美麗イラストを見事に再現してて原作勢も満足なのでは?原作と声がチガウとかは知らんけど。JKバンドものなので部活もの同様に狭い距離感での人間模様つまりギスギスドロドロが想定されるが、初回みる限りすこぶる爽やかなのであまり胸糞展開はなさそう。百合=ギスギスではないと思うが、そういう本格的なやつを期待すると薄い軽い浅いみたいになるのかな。絶叫怒号が飛び交う岡田麿里的昼ドラみたいなのはアニメに求めてないのでむしろそれなら本格的でなくていい。

楽曲もアニソンキャラソンというより配信で普段使いして欲しい感じの商業寄り。やはり最近の若者向けシンガーはハラから発声しない歌唱法なので少しモヤるのだがささやくように唄うって言ってるから作品にフィットさせた結果か。ちゃんと楽器の音も聞こえるミックスで慣れれば聞けなくもない爽やかなライトさが心地よいガールポップ。作風からメルヘンチックなので楽曲もアレみたいに青臭くてこっ恥ずかしいやつではないが音楽はメッセージ性重視!みたいな人には軽すぎて物足りないのかも。少なくとも楽曲にはメンヘラ感はない。しかも芝居と歌唱は別人なので品質も確か。

百合作品には明るくないが見ていて「そっちかーい」というフックにやられた。上級者用美少女アニメ同等の作画品質ながら微塵もキモくないのはやはり百合だからなのだろうか。依もひまりもキャラ設定のわりにはあまりにも顔が整ってるのだが、マジな地味顔でやられても萌えないわな。

ひまりの天然無自覚小悪魔ムーブがもの凄いのだが女性からはどう見えるのかな。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 0

63.8 17 2024年春(4月~6月)アニメランキング17位
となりの妖怪さん(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (17)
69人が棚に入れました
山合いの風がよく吹く町、縁ヶ森町―。妖怪と人と神様が暮らすふしぎな日常の中で、それぞれの喜びや悩みを胸に日々を生きる、妖怪たちや人間たち。猫として20歳まで生きて、猫又に新生したぶちお。行方不明の父親を気にかけながらも、前向きに生きている人間のむつみ。代々この町を守っているカラス天狗のジロー。まったりほのぼのした田舎町の日常の中で起こる、ちょっとふしぎで優しい、繋がりの物語――。

鬼戦車 t89 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

黙れ小僧!雰囲気だけの出来損ないアニメかな?

 2話まで観ました。2024.04.14

 小学校に普通に子供妖怪が通学しており、妖怪先生もいます。妖怪化する回路は色々ある様です。

 そんでもって、妖怪達も家族や恋愛、アイデンティティの問題で悩んだりするんですよねぇ…。

 これって、出来損ないのSFに良くある、人格のある人造人間が悩んでいるのと同じ構造なんですよね…。

 物語の前提条件として人間と混在して生活しているのに、クドクド悩むか?妖怪は人間と交雑できるのか?ぶちおは猫又だけど、性別は?雌猫妊娠させたり出来るのか?もしくは子猫を産んだとしたら、子猫は何なのか?猫時代の子供はいるのか?飼猫として去勢されていたとしたら、家族にどの様な感情を抱いているのか?無条件に家族に感謝しているが、その感情は本当なのか?餌に満足してたのか?いつか殺すとか思ってなかったのか?

 キャラを悩ませるなら、そのキャラの社会的立ち位置をはっきりさせなさいよ。定義されていない曖昧な存在の連中がゴチャゴチャ言っても、意味不明です。

 ぶちおの師匠の化けギツネも何か家族問題を抱えていそうですが、お前は動物なのか人間なのか?どっちなんだい!

 夏目友人帳の妖怪達位の存在が丁度良い様です。にゃんこ先生が発情して雌猫の尻を追っかけてたらショックでしょうが…。
………………………………………………………………………
 初回観てのレビューです。2024.04.07

 妖怪と人間が仲良く暮らしている田舎が舞台の物語の様です。20年生きた家猫のぶちおが猫又に転生して…。

 ちょっと不穏さも感じますが、中々雰囲気は良さそうです。ただ、妖怪が随分フレンドリーです。

 人間よりも長生きしているので、もののけ姫の犬神のモロ(CV美輪明宏)みたいに、二言目には「黙れ小僧!」と言い放ってきそうです。

 ぶちおも、10年位しか生きてないガキにイジられたら、尻の青いガキが殺すぞ位言いそうなのに腰が低いです。老獪なヌコ様らしからぬ好青年ぶりですね。

 田舎者は妖怪も人間も人が良いのだ!的な思い込みがありそうですが、都会人の傲慢な視線で視聴継続です。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 2

なっぱ‪‪𖧷‪‪𓈒𓂂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話+‪αの感想。3度目の寝落ち‥なかなか2話終了まで起きてられず。

原作未読。予備知識なしの初鑑賞。

キャラデザに不安を抱きながらも
まったりしてそうな雰囲気にそそられ鑑賞。

✎︎______第1話+‪2話途中の感想。______

U-NEXTの紹介分に"ふしぎで優しい日常"とあり、
本当にその通りでこの作品の良さですね。

ただ私には好みでないキャラデザに加え
刺激が少なすぎるからなのか‥
どうしても途中で寝落ちしてしまいます。

1話終盤から3度見直したのですが
毎回2話の途中で寝ちゃうんですよね。

他のまったり作品では滅多にないことなので、
もしかすると物語に"楽しい"が足りてないのかも。

"ふしぎ"の部分もワクワクとまではしないので
退屈に感じる時間が多い気もします。

その代わり心にはとても優しい作品なので
そういう気分の時に改めて観ようと思います。
✎︎_____________________

☆は改めて鑑賞した際に評価します。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 4

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

ゆるく優しい世界観。まあほんわかまったりした内容のようですね

妖怪が普通に存在して、存在も社会で認知されていて、普通に生活しているという。
ゆるく優しい世界観の、ほんわかまったりした内容ですね。

全然悪くはないです。そういう癒やしを求めている人には、きっと楽しめるでしょう。

でもまあ、私はアニメにはもっと強い感情の動きを期待するので…。
格好良く熱く激しいバトルとか、エロいとか可愛いとか。

睡眠時間を削って見るほどの内容ではないかなぁ、と思ってしまいますね。
ほんわかまったりするだけの内容なら、睡眠時間を確保したいです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

63.3 18 2024年春(4月~6月)アニメランキング18位
転生貴族、鑑定スキルで成り上がる(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (27)
155人が棚に入れました
異世界に転生した主人公アルス・ローベントは、小さな領地を持つ弱小貴族の子として生きることになった。 アルスには特別な知力や武力はないが、生まれながらにして他人の能力・ステータスを見抜く“鑑定スキル”を手にしていた。 そのスキルを活かして世に隠れた「逸材」を発掘し、弱小領地から最強の領地へと変貌させていく。 心優しいアルスと、個性豊かな逸材たちの出会いと成長を描く異世界統一記が今、始まる!

声優・キャラクター
アルス・ローベント:藤原夏海
リーツ・ミューセス:坂泰斗
シャーロット・レイス:佳穂成美
ロセル・キーシャ:岡咲美保
リシア・プレイド:花澤香菜
レイヴン・ローベント:東地宏樹
ミレーユ・グランジオン:生天目仁美
ファム:戸松遥
ネタバレ

Witch さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

【1話視聴】ゲーム「信長の野望」などを下敷きにした作品かな

【中間レビューNo.1】(2024/4/2現在)
ラノベ原作(なろう)で2024年作品。全○話。
今期も異世界なろうっぽい作品が多く、ほとんどタイトル切りですが、本
作は「鑑定スキル」が「何の鑑定やねん?!」と気になったので視聴。
出来れば「イセレべ」っぽい「ネタ実況」枠のレビューをやっていきたい
のですが、そこまで香ばしさがある作品かどうかw

(ストーリー)
異世界に転生した主人公アルス・ローベントは、小さな領地を持つ弱小貴
族の子として生きることになった。
アルスには特別な知力や武力はないが、生まれながらにして他人の能力・
ステータスを見抜く“鑑定スキル”を手にしていた。
そのスキルを活かして世に隠れた「逸材」を発掘し、弱小領地から最強の
領地へと変貌させていく。
心優しいアルスと、個性豊かな逸材たちの出会いと成長を描く異世界統一
記が今始まる!
(作品情報より)

(評 価)
・第1話:ゲーム「信長の野望」などを下敷きにした作品かな
 {netabare}・1話の大まかな流れですが、
  ・主人公が現実社会で心臓麻痺っぽい死に方(過労死?)。
   → 田舎貴族のローベント家に「アルス・ローベント」として転生。
  ・3歳になったアルスは鑑定スキルで、ある兵士の鑑定を実施。
   槍より弓矢の適性が高いので、そちらへの転属を勧める。
   → 試してみると一同「おおー!!」
  ・この世界の文献を調べると、中央政権の腐敗が進み、今後動乱の時
   代を迎えそう。
   → 領地を守るためにまずは優秀な人材を集めねば!
  ・町で鑑定スキルで人材を物色していると、武力が高いマルカ人の少
   年リーツを発掘。
   (マルカ人は通常奴隷等で差別対象)
   → 当然登用は周りから大反対。
  ・アルスの熱心な説得の末、この領地最強の父・レイヴンが試験する
   ことに。
   → リーツは才能の一端を示し、父や部下たちも彼の才能を認め、
     無事アルスの家臣に。
     リーツは自分を見出してくれた大恩に報いるためにアルスに忠
     誠を誓うのだった。
  (まだ大したことをしていないということもありますが)3歳で異常に
  しっかりしている点を除けば、悪くない無難な滑り出しだったのでは。

 ・個人的には光栄ソフトの歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」や
  「三国志」を下敷きにしてるのかなっという印象ですね。
  これらゲームも武将の能力・ステータスが数値化されていて
  ・有能な人材を発掘し登用していく
  ・知力や政治力の高い武将で国力を上げたり、謀略で他国の戦力を削っ
   たりしながら戦争準備を整えつつ
  ・武力の高い武将で周辺国に攻め込んでいく
  って感じなので。
  この手のゲームは今でもたまにやっているので、なんか愛着が持てた
  というのも大きいですかね(笑)

 ・でも当面は人材発掘でエピソードが創れそうですが、このターンが終
  わるとどうみせていくのでしょうか?
  発掘した家臣は見せ場がありそうですが、アルスをどう扱っていくの
  かがちょっとわからないんですよね。
  ・ひたすら「アルス様にために!」で担がれる神輿になる
  ・「鑑定スキル」の拡大解釈でガバガバ設定にw
  ・現実世界の知見を活かした「領地改革」
   (それじゃ劣化「現実主義勇者の王国再建記」になりそうですがw)
  まあその辺含め、今後も見守りたい作品ではありますね。
  個人的には「イセレべ」のような香ばしい作品になればという感じで
  すが、そこまでのパワーはないかもですね。{/netabare}

投稿 : 2024/04/20
♥ : 6

なっぱ‪‪𖧷‪‪𓈒𓂂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話目の感想。

原作未読。予備知識なしの初鑑賞。

弟が原作を気に入っていて私はアニメの方を鑑賞。

✎︎_______第1話の感想_______

主人公、アルスのキャラデザが何ともいえず‥
"弟のお気に入り"という点がなければ
1話すら観終えることが出来なかったと思います。

だけど中盤から出てくるリーツという少年が
好みに刺さったのでもう少し様子見してみようかと。
(不純な動機www)

ストーリーに関してはタイトルと公式あらすじの通り
他人の能力やスキルを見抜く鑑定スキルで
その人の力を最大限に生かし成り上がっていくので、
私にはまるでポケモンや遊戯王などの
対戦型カードゲームをしているようにも見えます。

最終回まで観続けられるかどうかは、
今後登場するキャラクターのキャラデザと
(これ以上キャラ追加なかったらどうしよw)
ワクワクする話の展開が待ってるかにかかってます。
✎︎___________________


‪☆の評価は後ほど。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 5
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 差別と貧困と主人公の無能力は良いですが…やはりテンプレかなあ

1話 類例が有るようで無いのかな?

{netabare} なるほど…有るようで無い…のかな?転生ものがあり過ぎて本当に類例が無いのかわかりませんが自分が鑑定以外能力がないので、人を集め、育てる、と。珍しい気がしますが…強いて上げれば「このすば」カズマ?方向性が全然違いますけどね。

 普通自分が「信長」だと思うのですが、拾っちゃうんですね。ちょっとアナロジーが把握しづらいですが、柴田、丹羽、堀、森、明智、羽柴…と集めて行くんでしょうか?それとも上杉、徳川、武田、北条…みたいに武将を集めるの?

 うーん、信長と言われてしまうと興味がなくはないですので、見るかもしれません。設定も面白いし。 {/netabare}


2話 差別と貧困は主人公の無能力は良いんですけど…やはり異世界転生テンプレかなあ

 黒人差別、孤児と貧困。視点は悪くないですよね。ただ、漂うテンプレ感が残念です。もう1ひねりあれば、設定は悪くないと思うんですけど。
 1話で言ってた信長云々は全然出てこないし、あのスーパー執事的な黒人の民族的背景もほとんどないし…弥助っていうわけでもないですよね?ちょっと期待外れでしたね。

 あの魔法少女が明智光秀とか羽柴秀吉だったらもっと見たかもしれませんが…使いきれないなら信長とか言わなければいいのに。

 加えて少女の正体が、スーパー魔法少女でパラメータが高くて、孤児の面倒を見る本当は性格がいい優しい少女はテンプレ過ぎるでしょう。

 とはいえ、なろう系…なのかも知りませんが、異世界転生ものの中では珍しい設定だし無能力を貫くなら悪くないと思います。しかし、全体感としてはご都合主義のなろう系異世界転生ものから抜け出せていない残念さを強く感じました。

 24年春は見るものが多いので一旦中断で。春期が進んでみるものが減ってきたころ合いでもう1回チェックするかもしれません。そう…決してつまらないとかひどいというわけではないです。異世界転生ものなので優先順位が低いということです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 5

63.2 19 2024年春(4月~6月)アニメランキング19位
ガールズバンドクライ(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (26)
116人が棚に入れました
高校2年、学校を中退して単身東京で働きながら大学を目指すことになった主人公。 仲間に裏切られてどうしていいか分からない少女。 両親に捨てられて、大都会で一人バイトで食いつないでいる女の子。 この世界はいつも私たちを裏切るけど。 何一つ思い通りにいかないけど。 でも、私たちは何かを好きでいたいから。 自分の居場所がどこかにあると信じているから。 だから、歌う。
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 ヒロインのキャラは面白いが、プロモーション臭が強いです。

1話「ぼっちざろっく」の柳の下のどじょう?CGの使い方が…

{netabare}「夜のクラゲ…」と同時期に始まったという点で興味があって見てみました。両作とも「ぼっち・ざ・ろっく」の人気にあやかった「柳の下のどじょう」で終わるんでしょうか。それとも別の何かを見せてくれるのでしょうか。

 MMDの様な出来損ないの人物CGに強烈な違和感を抱きつつも、東京の丸の内北口の再現度の高さの無駄さ加減にちょっと驚きます。「リソースの使い方…」というツッコミを入れればいいのでしょうか。冒頭の新幹線内部の描写もあんな無駄なシーンを入れるなら違うところに力入れた方がよいのでは?
 ただ、あの丸の内のシーンで改札を出てしまっている感じがしたのですが、あそこの表現は何でしょう?よくわかりません。

 ストーリーは…うーん…自然と言えば自然な冒頭ではあります。寝過ごすところが無駄かなと思いましたが、鍵が受け取れないから出会いのシーンということで流れとしては悪くないです。
 牛丼屋のシーンにもヒロインの描写という点で意味はありましたし。充電はどこでもできるだろうと言う部分をあえて無視すれば、ですけど。

 まだ、ヒロインのモチベーションの描写がないので良くわかりません。「夜のクラゲ…」との対比でしばらくチェックしてみます。 {/netabare}


2話 ヒロインの作り方は悪くない気がしますが、話の行く末は単純明快なバンドプロモーションの気がします。

 ヒロインが自意識過剰が肥大してコミュニケーションが取れなくなった、非常に面倒くさいキャラ造形です。しかしながら、世間にこういう人は今多いかもしれません。
 そして、生きづらい、時代が悪い、世間が悪い、親や周囲が悪い、自分可哀想…と言って悲劇の主人公(男女とわず)気取っている人は珍しくない気がします。

 好意が素直に受け取れないのは、自分の投射でおそらく自分が人に対して被害妄想を常に抱いているということかもしれません。

 このヒロインに対し、どういう見方をするかですね。歳が離れていれば単純に性格悪い女に見えるかもしれません。世代が近ければ共感もあるかもしれまんせんが、同族嫌悪があるかもしれません。

 矢向駅って…随分面白い場所をご当地にしましたね。武蔵小杉、新川崎、綱島、川崎…そういうメジャーな駅の丁度ど真ん中の昔の川崎が残っている確かに何もない駅だったと記憶しています。そういう立地選定も作品の「気分」として悪くない気がしました。

 その辺のキャラ造形、ストーリーは古き良き青春物語の体裁ですが、ちょっと現代的だし舞台も設定も悪くない気もします。
 ただなあ、どう見てもバンドのプロモーションなんですよね。プロモーション臭が強すぎるでしょう。声優さんとか露骨すぎますよね。こういうアニメ作るときって、その意図を隠して意外性を持たせられないんですかね?企画が単純すぎる気がします。

 これから仲間が増えてって、受験とか家族とかでいろいろあって、仲間とギャーギャー喧嘩して…バンド結成だ、がんばろーになる感じです。

 



 

投稿 : 2024/04/20
♥ : 4
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

【2話までの感想】東京よりも近い川崎で中指を立てるw

束縛の強い家庭環境、学校でのイジメ……。
抱えきれない葛藤を抱えて高校中退し九州から“上京”を志した少女が、
{netabare} 不動産屋に言いくるめられて{/netabare} 川崎に流れ着き、
色々こじらせている内に、もう全部吐き出しちまえと、バンド活動へと誘われていく。
同名2.5次元企画の東映アニメーションによるオリジナルCGアニメ。

アニメというより実写邦画ドラマの手触りという第一印象を受けます。
熟練の俳優よりも、新人やら子役やらを集めて、
ストレートに青臭い諸々をぶちまけて共感を得ていく。
そういった実写映画企画等の如き表現を、CGで再現していくようなタイプの作品なのだと感じました。
こういうジメジメした痛いノリが嫌いでない方なら楽しめると思います。

脚本は今年、絶好調の花田 十輝氏。
『僕ヤバ』2期、『戦国妖狐』、そして今期『ユーフォ』3期と原作物のシリーズ構成・脚本でも筆が走ってる感アリアリな花田氏。
このオリジナル作品では、萌えに配慮することもなく、
2.5次元キャラの汚い部分も洗いざらい書ける無礼講に興が乗ったのか、
フリーダムな青春劇が展開され楽しいですね。
この意味不明に面倒臭いけど笑える感じ、黒めの『よりもい』を想起させられます。

2話では、初めての都会でのひとり暮らしで、さらに自己嫌悪のモヤモヤを募らせた主人公・仁菜(にな)が、
{netabare} 部屋に取り付けるためにと、友達の友達から、せっかく頂いたライトを夜中に咆哮しながら振り回して破壊して{/netabare} 面倒クセェと笑われる衝(笑)撃展開w
川崎市民の皆様、この度、最高にヤベェ女が“上京”して参りましたw
今期、川崎はロックな嵐に飲み込まれますw

この春は光の『ユーフォニアム』と闇の『ガールズバンドクライ』。
花田 十輝氏脚本の食べ比べなど如何でしょうか?


【余談】関東民の方々にデリケートな質問なのですが、
例えば仁菜みたいに地方から川崎市に移住することは上京と言うのでしょうか?
上京経験のない私には判断が付かないので“”を外すことができません。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 11

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5

憎めない作品だけど、アニメ作品としては低評価。(1話まで視聴して)

>1話まで視聴して
予備知識なしでしたが、タイトル&テーマに惹かれて1話視聴。

あー、全面的なCG作品なのですね。

・・うーん、全面的にカクカクしてて
これではキャラへの感情移入は困難ですね・・><。

ノベルゲームのアニメパートであれば許容範囲ですが
地上波放送のアニメ作品としては、かなりキビシイです・・。

キャラから受ける印象が、人間ではなく”からくり人形”的というか・・。

感情芝居がなされていても、どうしても”作り物感”が払拭できません・・><。

1話クライマックスの見せ場でも
脚本的な”無理”が垣間見えて、正直、観てて若干恥ずかしくなってしまうような・・

ああ、この感覚。

ああ、初代バンドリで感じたアレと同じだな・・と。

主人公であろうあのキャラの性格面では光るものがあったし、
ストーリーとして描きたいのであろう理想形はなんとなく伝わるのですが

作画面や演出面等において、ぜんぜんそれらが描き切れてないので

世に出すにはまだ早かった?と感じてしまいます。

もう少し全面的にブラッシュアップされていたら
継続視聴できるだけの要素は込められていただろうと思えるだけに
結果的には残念なレビューとなってしまいました。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 4

63.2 19 2024年春(4月~6月)アニメランキング19位
Unnamed Memory[アンネームドメモリー](TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (15)
98人が棚に入れました
絶大な力を操る五人の魔女が、人々にとって畏怖の象徴となっていた時代――。 大国ファルサスの王太子・オスカーは、幼い頃に受けた「子孫を残せない呪い」を解呪するため、荒野の塔に棲む“青き月の魔女”ティナーシャのもとを訪れる。 どんな望みも叶えるという“魔女の塔”の試練を乗り越えたオスカーが望んだのはティナーシャを妻として迎えることで……。 魔女の契約者となった王太子と、王太子の守護者となった魔女。 二人の出会いは“魔女の時代”に変革をもたらし、やがて、世界の〈運命〉を書き換えることになる。 オスカーとティナーシャの行く手に待ち受ける物語とは――。

声優・キャラクター
オスカー:中島ヨシキ
ティナーシャ:種﨑敦美
ラザル:梅田修一朗
シルヴィア:夏吉ゆうこ
メレディナ:赤﨑千夏
アルス:佐藤拓也
カーヴ:天﨑滉平
ナーク:森永千才
トラヴィス:福山潤
ルクレツィア:川澄綾子
レオノーラ:斎藤千和
ラナク:柳田淳一

鬼戦車 t89 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ロリババァゲットだぜ!

 初回観てのレビューです。2024.04.10

 俺様王子様、攻略に人数制限のない魔女の塔に単騎で挑んであっさりクリアー、年齢不詳のロリババァと1年契約成立です。

 1話のあらすじは本気でこれだけで、なにコレ?感が強いです。色々ぶち込んできますね。

 魔女とは何なのか?王子が単独でウロチョロ出来る状況なのか?王子は何でこんなに強いのか?

 ただ、魔女は可愛いです。ラノベっぽい会話劇が売りなのかな?ベラベラ喋るロリババァ好きなら面白いかもです。特殊性癖の私めは視聴継続です。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

普通に良さそうなファンタジーラブコメですね

なろう系とは違うスッキリしたタイトルが良いですね。
普通の作品だ…。

呪われた王子が呪いを解くために魔女に出会う。
呪いを解かなくても魔力に耐えられる母体が居れば良いとわかって、目の前の魔女に求婚するお話ですね。

なかなか良いファンタジー系ラブコメで楽しいですね。
ヒロインは可愛らしく主人公も面白い感じで、興味が持てました。

狼と香辛料といい、今期は年の差カップルがありますね。

後はCMで言っていた塗り替えられるとか、タイトルの意味は果たして?
といった気になるポイントはありますね。

今はまだ特別面白いというほどではないのですが、普通に好きなジャンルで普通に面白そうなので、これは高優先順位で見たいです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 1

Glutton さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

Unknown Story

1話を見たのだが、いきなり王子が塔を上がって行きその上階で"魔女"という人と
なぜかずっと喋っていた、という印象で終わってしまった。
というか実際本当にほとんどそこに時間が費やされていたわけだが。
初回なので物語の説明ゼリフという意味もあるのでまぁこんなものだろうか。
なぜ王子が直接(少数の部下だけで)乗り込んできたのか等、謎はあるがとりあえず
次話は見てみようと思う。キャラが美男美女で、絵的にも結構良いですし…。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 0

62.9 21 2024年春(4月~6月)アニメランキング21位
怪異と乙女と神隠し(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (12)
105人が棚に入れました
見えてはいけない「!」の標識— それは、そこに“怪異”があった証。 とある街の書店員で、作家志望の緒川菫子は、 今日も同僚の化野蓮と、不毛な無駄話に花を咲かせている。 しかし化野には、菫子の知らない秘密があった。 人々が噂する怪談、都市伝説、現代怪異の一部は実在する。 ある日、書店にいつの間にか増える“逆万引きの本”をきっかけに、 二人は街で次々と起こる不可思議な事件に立ち向かっていく。 これは現代社会に巣食うミステリーに挑む凸凹コンビの、 ささやかな友情と別れの物語。

声優・キャラクター
緒川菫子:ファイルーズあい
化野蓮:山下大輝
化野乙:幸村恵理
畦目真奈美:堀江由衣
シズク:高橋李依
天地のどか:会沢紗弥
時空のおっさん:内田夕夜

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

おっぱいすご…

内容としてはそこまでガツンと心は掴まれませんでした。
まあ割と良くある内容で、この手の作品多いですよね。

でもまあ… おっぱいすご…

私はまあ、おっぱいは大きい方が大好きでして、特にこう、爆乳好きなんですよね。
世間一般では大きすぎだろ、と言われるようなのが好きでして…。
まあ内容はうーん、と思ったものの、これは好みにバッチリですね。
かなり見たいです。
あ、作画のクオリティは高いですね。特に文句は無いです。

とはいえ内容に心が掴まれなかった以上は切る理由もあるわけで…。
考えますがやや高優先順位です。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 0
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 団地妻って…全体的に妙な面白さがあります。

1話 面白いけど竜頭蛇尾感があり。風呂敷を広げ過ぎると…

{netabare} これもよくわからないのが来ましたね。ある意味誉め言葉でもあります。奇抜な発想の物語は大歓迎です。ただ、怪奇、都市伝説ものって、恐怖の持って行き方をどうするかでバカバカしくもなりますので、数話見てからでしょうね。

 1話を見るとテーマ性なのかキャラ性なのかちょっとわからないですが、何かは意図している感じです。それと書けなくなった小説家って「菫」つながりだと、「ROD」の菫川ねねねを思い出しますね。ただ、倉田英之氏は参加していないようです。

 出落ちでなければ面白くなりそうな気もしますが、始めに盛りすぎな気がします。風呂敷を広げ過ぎて、畳めず帳尻合わせの作品になる懸念がありますね。竜頭蛇尾にならなければよいのですが。「出会いと別れ」と初めに言って「別れ」を曲解するとシラケますので、その辺は工夫してください。{/netabare}


2話 団地妻って…全体的に妙な面白さがあります。
 
 第1話で変身すると死にそうになってませんでしたっけ?という点を脇においておけば、面白いです。怪異と菫子さんの作家としての才能問題というシリアスとメチャメチャな設定とギャグが変な風に絡んでいるのが、不思議な世界観を作っています。女子校にリアリティもないですが、あまり気になりません。

「ダークギャザリング」「虚構推移」「裏世界ピクニック」などと同じようなカテゴリーではあるのでしょうけど、一番見やすくて面白いかも。2話までなら。

 それにしても団地妻っていうセンスがなんとも…作者は昭和の人なんでしょうか?それと先生の声が羽川翼すぎかな。そのズレたところもちょっと面白いです。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 6

なっぱ‪‪𖧷‪‪𓈒𓂂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話目の感想。鑑賞継続。

原作未読。予備知識なしの初鑑賞。

落ち着いた声の童顔糸目とか‥観るに限る!←ちょろw

✎︎_______第1怪の感想_______

観終えて思い出すのは9割おっぱいどーん!!

‥‥すみません。

怪異系のお話って好きだなって思うことが多く、
本作も1話目いい感じのスタートでした。

怪異系の作品で脱落する最も多い原因となるのが
グロテスクな表現(集合体恐怖症に不向き等)だけど
そこの心配もとりあえず1話目はクリアしていて、
2話目以降もこの調子で続いてくれると助かります。

個人的に糸目男子とまろ眉女子のビジュが好きなので
私得の奇跡的なペアが誕生してるんですよね!

このまま続行決定です。
✎︎______________________

☆は最後に評価します。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 6

62.6 22 2024年春(4月~6月)アニメランキング22位
転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます(TVアニメ動画)

2024年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (32)
167人が棚に入れました
第七王子は“魔術ヲタク” 魔術に大切なものは、“家柄“・”才能“・”努力“……。 魔術を深く愛しながらも、血筋と才能に恵まれずに非業の死を遂げた“凡人“の魔術師。 死の間際に「もっと魔術を極め、学びたかった」と念じた男が転生したのは、強い魔術の血統を持つサルーム王国の第七王子・ロイドだった。 過去の記憶はそのままに、完璧な血筋と才能を備えながら生まれ変わった彼は、前世では成しえなかった想いを胸に、桁外れの魔力で“気ままに魔術を極める“無双ライフをエンジョイする! ライトノベルを原作とし、マンガアプリ「マガジンポケット」(講談社)で連載を開始したコミカライズはアプリ内セールスランキング1位を記録し、シリーズ累計発行部数は250万部を突破! いま最も注目される“転生異世界ファンタジー“が満を持してアニメ化! 舞台となるのは獣や魔人が巣食う異世界。本作では魔術に通じる者たちが恐れを成すほどの絶大な魔力を持つロイドが、自身の興味の赴くままに魔術を学び、極めようと成長する姿が描かれていく。ちょっぴりお気楽だけど、強大な力で圧倒していく魔術バトルの爽快感と迫力が詰まった、“第七王子“による気ままな転生物語が今はじまる! 「俺は、魔術を楽しみたい、それだけだ。」


声優・キャラクター
ロイド:小市眞琴
グリモ:ファイルーズあい
シルファ:Lynn
タオ:関根明良
レン:高橋李依
グリモワール:大塚明夫
アルベルト:堀江瞬
ディアン:広瀬裕也
アリーゼ:熊田茜音
シロ:松井恵理子

青龍 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

特撮の監督もした「アクション監督」がいい仕事してます。

謙虚なサークル(原作)、メル。(イラスト)による原作小説は、「小説家になろう」から「講談社ラノベ文庫」(講談社)で書籍化(既刊7巻、小説未読)。
石沢庸介(作画)によるコミカライズ版は、マンガアプリ「マガジンポケット」(講談社)にて連載中(アプリ内セールスランキング1位を記録、既刊15巻、コミカライズ版既読)。
アニメの監督は、『明治撃剣-1874-』の玉村仁。制作は、同じく『明治撃剣-1874-』のつむぎ秋田アニメLab(本作が2作目)。テレビ東京系列などで放映(第3話まで視聴、評価は暫定)。
(2024.4.14投稿、4.18一部推敲)

あらすじは、血統による魔法の才が絶対的なファンタジー世界で、才能に恵まれなかった魔術師が生来の魔法の才能に恵まれた貴族と決闘して死亡した後、サルーム王国の第七王子ロイド(CV.小市眞琴)として転生。その後、血統による魔法の才を得た主人公ロイドは、第7王子という気楽なポジションと前世の知識を武器に魔術を極めて俺TUEEEするという、いかにも「なろう」な作品。

ただ、第2話まで観た感じとコミカライズ版を読む限り、全般的にキャラの造形がかわいらしく、登場人物に個性はあっても一般的に嫌悪感を抱くようなクセはなく、テンポよく話が進んでいくので、コメディとして普通に観やすい作品だと思います。


【特撮の監督もした「アクション監督」がいい仕事してます。】
だがしかし、「あーいつものよくあるちょっといい感じの『なろう』作品ね」なんて高を括ってはいけないのです。

本作には実写のアクション映画で見てもアニメでは見なれない「アクション監督」(『ダンス・ダンス・ダンスール』の主人公・村尾潤平の父親がアクション監督でしたね)がいて、特撮のウルトラマンシリーズで監督などをしたアベユーイチさんという方が、いい仕事してます。

私もいきなり始まった、それまでのコメディタッチな流れとは不釣り合いとも思える凄まじいアクションシーンに良い意味でびっくりしたので、このレビューを書いてます(笑)。

アクション監督が求められる理由は、頭に全身の具体的な動きのイメージがないと動画化できないから。アニメのアクションシーンも動きのアイディアとその動きに説得力を持たせるだけの一連の描写の裏付けがないと迫力のある画にならない(やりすぎと思う人もいそうですが(笑)、私は静止画の漫画にはできない動画としてのアニメ独自の魅力として評価したいと思うので、作画の評価をあげてます。)。

本作のアクションシーンは、他のアニメとは一線を画すレベルだと思うので、「百聞は一見に如かず」、話のネタに一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

投稿 : 2024/04/20
♥ : 3

たナか さんの感想・評価

★★★