2022年冬(1月~3月)に放送されたTVアニメ動画一覧 45

あにこれの全ユーザーが2022年冬(1月~3月)に放送されたTVアニメ動画を評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2022年01月20日の時点で一番の2022年冬(1月~3月)に放送されたTVアニメ動画は何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

72.4 1 2022年冬(1月~3月)アニメランキング1位
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.9 (26)
147人が棚に入れました
西暦2011年、アメリカ・フロリダ州。恋人とのドライブ中、交通事故に遭遇した空条徐倫は、罠に嵌められて15年の刑期を宣告される。収容されたのは、州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所――別名「水族館」。絶望の淵に立つ徐倫だったが、父から託されたペンダントを手にした時、彼女の中で不思議な力が目覚める。

“この世には死ぬより恐ろしい事があって、それがこの刑務所で起こっているのは確実なんだ”

徐倫の前に現れた謎の少年からのメッセージ。次々と起こる不可解な出来事。面会に訪れた父・空条承太郎から語られた恐るべき真実、そしてDIOという名前…。

果たして空条徐倫は、この刑務所という「石作りの海」から自由になることができるのか? そして、100年以上に及ぶジョースター家とDIOの因縁に終止符を打つ、最後の戦いが始まる!!

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

今度の主人公は19歳の空条 徐倫…空条承太郎の娘です。

この作品の原作は未読ですが、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズを見ないという選択肢はありません。
しかもNETFLIXで先行視聴ができたのも個人的には嬉しかったり…
まぁ、1月から地上波でも放送されるんですけどね^^;


西暦2011年、アメリカ・フロリダ州
恋人とのドライブ中、交通事故に遭遇した空条徐倫は、罠に嵌められて15年の刑期を宣告される

収容されたのは、州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所――別名「水族館」
絶望の淵に立つ徐倫だったが、父から託されたペンダントを手にした時、彼女の中で不思議な力が目覚める

“この世には死ぬより恐ろしい事があって、それがこの刑務所で起こっているのは確実なんだ”

徐倫の前に現れた謎の少年からのメッセージ
次々と起こる不可解な出来事
面会に訪れた父・空条承太郎から語られた恐るべき真実、そしてDIOという名前…

果たして空条徐倫は、この刑務所という「石作りの海」から自由になることができるのか? 
そして、100年以上に及ぶジョースター家とDIOの因縁に終止符を打つ、最後の戦いが始まる!!


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

正直、ジョジョが女性と知った時にはビックリしました。
この独特の世界観を醸し出せるのは、筋肉質の男性ばかりと思っていたからです…

完走後にwikiをチラ見した時に目に留まったのは、女性の起用に関してです。
「主人公を女性にするという案は本作よりも前から出ていたが、考慮した上で取り下げられていたが、本作では荒木が女性案を押し、編集側は保守判断から反対案を出すも、最終的には女性主人公となった。」

やっぱりジョジョ=男性のイメージはこれまですっかり定着していますからね。
根底が崩れるように感じた関係者の方もいらっしゃったんでしょう。

ですが、本当に面白いかは実際に視聴してみなきゃ分からないと思い視聴を始めました…
何これ、メッチャ面白いんですけどっ!

主人公の徐倫のCVはファイちゃん…
「ダンベル何キロ持てる?」の紗倉ひびき役や、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」のえりぴよ役を演じている方と言えば、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ファイちゃんのwikiを見ると、こんな奇跡的なことが書いてありました。
中学生の時に読んだ漫画『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』を読んでファンになり、結果的に自分が声優を志すきっかけになったそうです。

しかも、プロ・フィットに入った理由は、養成所時代の講師が『ジョジョの奇妙な冒険』でウィル・A・ツェペリを演じており、プロ・フィットに入ったら徐々のアニメに出演できるチャンスがあるんじゃないかと考えたからという、動機全てがジョジョなんです。
だから、『ストーンオーシャン』で主人公の空条徐倫役に決定した時は、12年間追い続けていた夢が叶ったことの喜びで涙が止まらなかったそうです。

淡々と演じられたんじゃない…こんなにもファイちゃんの熱い想いが空条徐倫には乗せられているんです。
格好悪い筈なんて…ありませんよね。
公式サイトのキャラ紹介欄に記載されている通り、ジョースターの血統を受け継いだ強い意志とタフな精神、そして女性ならではのしなやかな感受性を併せ持っていたと思います。

一方、物語の方は徐倫が女性だからと言って甘く見てはいけません。
これまで以上に熱く、痺れるような展開が視聴者を待ってくれています。
もちろん、スタンド能力も大活躍です。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、ichigo from 岸田教団&THE明星ロケッツさんによる「STONE OCEAN」
エンディングテーマは、Duffyさんによる「Distant Dreamer」
岸田教団&THE明星ロケッツさんの楽曲は久々ではないでしょうか。
久々に聞けて嬉しいです~^^

1クール全12話の物語でした。
第12話目はなんの奇をてらうことなく、「To Be Continue…」で締めくくられましたが、しっかり堪能させて貰いました。
いつ続編の配信や放送されるか、などの情報は未だありません。
ですが、原作は完結しているので、これまでの作品同様ラストまで描き切ってくれることでしょう。
期待していますよ^^

投稿 : 2022/01/15
♥ : 10

72.2 2 2022年冬(1月~3月)アニメランキング2位
平家物語(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.8 (52)
313人が棚に入れました
《祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり 娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす》
平安末期。平家一門は、権力・武力・財力あらゆる面で栄華を極めようとしていた。
亡者が見える目を持つ男・平重盛は、未来(さき)が見える目を持つ琵琶法師の少女・びわに出会い、「お前たちはじき滅びる」と予言される。
貴族社会から武家社会へ―― 日本が歴史的転換を果たす、激動の15年が幕を開ける。

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

京アニとは全然違う美しき絵巻物。1クールでは大河感が少々…。

 確かパクさんこと高畑さんも映像化を考えていた「平家物語」を京アニの至宝「山田尚子監督」が外部のサイエンスサルに出てて制作というだけで興味深かったが、実に美しく見易いものになっている。


 声優陣が豪華なのは当然として、オリジナルキャラである悠木碧ネキ演じる未来視ができる琵琶に置くことで、悲劇の結末に向かう物語という視聴者の視点を作品内に持ち込むことに成功している。なにより今や声優当代一といっても言い悠木ネキの演技が流石の領域。


 平家は悪役にされがちだが、少なくてもそれは上の一部の男どものせいであって、少なくても女性や子どもたちには罪はなく、彼らは彼らなりの幸せをただ送っていただけだった…。その切なさが物語の推進力にちゃんとなっている。opでみんなが笑い、踊り、楽しんでいるのが余計にその想いを増す。



 そして、本作の一番のポイントだと思うのはビジュアルの美しさである。京アニやユーフォ的な書き込まれた端正な絵柄とは正反対のシンプル過ぎるほどにシンプルな絵柄、それでいながらその少ない線だけで可愛さも複雑な表情も表現できる作画力、そして題材にあった背景力、全てが合わさって他とは全然違う美に到達している。なにより引き算の演出と、線の軽やかさが見事。



 まだ全話見てないので途中レビューですが、少し見ただけで必見の作品として確定の出来栄えですなコレは!。



(追記)


 全話視聴。後半の「平家物語」のメインともいえる平家の都落ちからの滅亡というクライマックスが少々はしょり過ぎな感じと、主役の琵琶がそこから外れてしまったのが少々勿体ないが見事な良作でした。やはり1クールでは厳しかったかな。どうせならnhk枠でやって欲しかった。


 早見さんの演じる透き通るような美しい女性ってタイプは色々見てきたが、本作の徳子は思わぬ凄いハマり役だった。この物語は、男性は欲に囚われて現世の状況によって右往左往し「思い通りの人生」になんとかしようと必死に足掻いているが、女性はそういうった修羅界から外れて切なる祈りと赦しの世界へと解脱する存在として対になっているように思える。


 女性キャラの代表である琵琶は、結末を知っていても何もできない少女だが、自分が共にあった人々のことを語り継ぐということで祈りとなす。もう一人の代表である徳子は母という大いなる赦しの象徴になって、単なる綺麗な女性キャラを超えた大きさに到達している。「思い通り」にならない人生を恨むのではなく、そのことを赦した人だけが得られる道がある。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 13

のび太 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

平家物語

作者は諸説あり、はっきりとはしていないらしいです。

祇園精舎の鐘の声~の冒頭で始まる、誰もが知っている有名な古典の軍機物語です。

最初は湯浅監督かと思ったら、監督は山田尚子氏でした。
制作はサイエンスSARUなので、やはり湯浅色は残ってるような感じですね。

この平家物語、たぶん何のアレンジもせず、アニメ化したのなら、おそらく平凡な作品になっていたと思います。
架空の主人公びわを登場させ、びわをとおして物語を俯瞰するようなアレンジがされています。

史実でも、琵琶法師たちが、この平家物語を語りひろめたのだとか。

そして歴史上の有名な人物たちも、なんとも普通の人間として描かれていて、身近に感じる事ができました。

現代に、アニメ作品として幻想的に再現された平家物語という感じです。
個人的には、かなりお薦めの作品となりました。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 7

サイバー司教 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

タイトルなし

中世日本史をアニメ化してくれたことには嬉しかったのですが
1クールで全てを収めようとしたため
色々と端折ったダイジェスト版を観てるような感が拭えませんでした。

自分的に平家物語というと大雑把に言って三竦みによる権力争いなんです。

政治の実権を握り続けるため、天皇と邪魔になってきた平家を除こうとする後白河上皇が率いる朝廷勢力。
侍という身分が軽んじられるため、自分の地位を上げようとした清盛率いる平家一門。
天皇と上皇の政争に巻き込まれ、その結果平家に負け、いつか再起を願う頼朝率いる源氏勢力。

このアニメは平家の滅亡に焦点をあてられており
朝廷側の実情や源氏側の実情が描かれないので、重要人物である頼朝が先ず登場しません。
一番好きな源義経はモブで弁慶は名前すら名乗らず、常盤御前も登場しません。
平家物語だから、と言われればそれまでですが、
源氏側の登場人物が好きな自分としては、これが残念でした。

ただ日本史のアニメ化は希少なのでそこは嬉しかったです。
1クールに収めるなら次回は忠臣蔵のアニメ化をお願いしたいです。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 3

70.9 3 2022年冬(1月~3月)アニメランキング3位
魔法科高校の劣等生 追憶編(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (93)
328人が棚に入れました
魔法が技術として確立され、約一世紀が過ぎた二〇九五年四月。 魔法師を育成する国立魔法大学付属第一高校、通称“魔法科高校”に二人の兄妹が入学した。 一人は魔法師として致命的な欠陥を抱える劣等生の兄・達也。 もう一人は完全無欠の魔法師として讃えられる優等生の妹・深雪。 時に恋人同士と間違われるほど仲睦まじい二人だが、ほんの数年前までは、まるで女主人と使用人のように冷え切った関係だった。 その関係が変わった背景には、ある出来事があった。 三年前の沖縄。 深雪にとって忘れられない出来事によって、二人の心と、その運命が大きく変わっていく。 シリーズ累計2200万部を突破したスクールマギクスの始まりの物語 《追憶編》が幕を開ける。

ひろたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

私はいったい何を見せられているのだろうか・・・

この兄妹がこうなってしまったのは、いったいなぜなんだろう?
そんな興味のみで観てしまった本作です。

緊迫的な状況で緊迫感や切迫感がないのは相変わらずですね。
脚本や演出の問題なのか、予算の都合上細部を削っているからなのか・・・。
作品、作風が自分に何かを訴えかけてくるような感じがしないんですよね。
たぶん相性の問題かもしれませんが、この淡々とした感じは、私は少し苦手です。


兄「達也」がなぜあのような性格になってしまったのか?
妹「深雪」がなぜあのような性格になってしまったのか?
結局のところ、この作品は、後にも先にも兄と妹に対するこの疑問につきます。
その答えが分かっただけでも、大収穫でした。
なぜなら、いままで話よりもこの二人の関係の方が気になっていましたから。

では、なぜ妹はこんなにも兄ラブになってしまったのでしょう。

兄に「みゆき」と名前で呼ばれて、ドキッとする妹。
兄に「俺がついているから大丈夫」と言われて、ついにスイッチが入る妹。
そして、妹の結論、「私のすべてはお兄様のもの」。

えっ、マジか。こんなことで!?
私はいったい何を見せられているのだろうか・・・。

途中までは、確かにそう思っていました。
でも、実は、もっと深い理由があったというのがミソでもあり良かった点です。

このシリーズを好きな人ごめんなさい。
実は、私は、このシリーズは、ネタとして観ているふしがあります。
でも、そうやって力を抜いて観てみると、意外と楽しめる作品だなと思うのです。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 19

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

今明らかになる、最強の兄妹(ふたり)の過去

この作品の原作は未読ですが、TVアニメ「魔法科高校の劣等生」「魔法科高校の劣等生 来訪者編」「魔法科高校の優等生」と劇場版は視聴済です。


魔法が技術として確立され、約一世紀が過ぎた二〇九五年四月。

魔法師を育成する国立魔法大学付属第一高校、
通称“魔法科高校”に二人の兄妹が入学した。

一人は魔法師として致命的な欠陥を抱える劣等生の兄・達也。

もう一人は完全無欠の魔法師として讃えられる優等生の妹・深雪。

時に恋人同士と間違われるほど仲睦まじい二人だが、
ほんの数年前までは、まるで女主人と使用人のように冷え切った関係だった。

その関係が変わった背景には、ある出来事があった。

三年前の沖縄。

深雪にとって忘れられない出来事によって、二人の心と、その運命が大きく変わっていく。

シリーズ累計2200万部を突破したスクールマギクスの始まりの物語
≪追憶編≫が幕を開ける。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

まず、視聴して気になったのがアニメーションの制作会社でした。
アニメーションに既視感はあるものの、つい先日視聴した「魔法科高校の優等生」とは明らかに違いがあるからです。

ググってみると、アニメーション制作会社は以下の様になっていました。
無印:マッドハウス
来訪者編:エイトビット
優等生:CONNECT
劇場版:エイトビット
そして今回の追憶編もエイトビットが手掛けています。

上記をみると基本的に本作のアニメーション制作はエイトビットなんですが、優等生だけCONNECTを起用した…構図になっています。

理由を考えてみました。
あくまで個人の勝手な憶測ですが、優等生編は、深雪を中心に主に女性陣の活躍が描かれていました。
だから、より女性を美しく魅せることに特化した結果なのではないでしょうか。

もちろん、エイトビットの手掛ける女性キャラだって目を見張るキャラがいないわけではありません。
これまで、IS〈インフィニット・ストラトス〉、ワルキューレ ロマンツェ、東京レイヴンズ、グリザイアシリーズ、Rewrite、転スラに推し武道などを手掛けてきているのですから…

また、CONNECTはSILVER LINK.の子会社で、優等生は単独の元請け第3作目の作品となっています。
それにも関わらずストブラや2022年に放送される作品も同時並行して制作しているようなので、制作パワーの問題もあったのではないか、と思います。

そうなると確固たる実績を持つエイトビットが請けるのは自然の流れに思えてきます。
まぁ、実際のところは複雑な大人の事情も絡んでいると思うので分かりませんけどね^^;

一方、物語の方は達也、深雪、そして来訪者編でこの兄弟と同居することになった桜井水波の3人が、長期休暇に合わせて沖縄旅行に向かう準備をしているところから始まります。

達也と深雪はこれが初めての沖縄ではありませんでした。
3年前にも一度沖縄を訪れたことがあったんです。
写真立てに飾られた1枚の写真…その写真から追憶編の物語が始まります。

今では超が付くほどのブラコンの深雪ですが、どうやら3年前は様子が違っていたようです。
1枚の写真に込められた思い出と、達也と深雪の兄妹の絆の謎に迫る物語が動き出します。

この作品は、ファン必見の作品と言っても過言では無いと思います。
今の達也と深雪の関係の根源が描かれているのですから…
言い換えると、それは深雪がこれまで謎に包まれていた達也を知っていくということ…

原作既読組の方々は既にご承知のことだと思いますが、アニメしか見ていない自分にとっては、結構衝撃的な展開でした。

そしてもう一つ明らかになるのは、ガーディアンの背負う宿命について…
ここでは桜井穂波という、かつて司波深夜の身の回りの世話も担当していたガーディアンが描かれています。
来訪者編で触れられていた、桜井水波の叔母にあたる方です。

公式サイトでは以下の様に紹介されていました。

遺伝子操作により魔法資質を強化された調整体魔法師「桜」シリーズの第一世代。
30歳。対物・耐熱防御魔法を得意とし、単一の対物・耐熱魔法の防御力は国内魔法師の中でもトップクラス。
深夜のガーディアンを務めており、警護だけでなく、身の回りの世話もしている。
達也や深雪に対しては姉のように接していて、何かと二人のことを気にしている。

そんな彼女が何を思い、何を選択するか…そんな生き様こそがガーディアンの背負う宿命そのものだと思います。
限られた時間の中でも情報が盛り沢山の作品になっています。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

主題歌は、八木海莉さんによる「Ripe Aster」

想像以上に堪能させて貰った作品でした。
しかも、シリーズの続編制作が決定するという嬉しいサプライズまで…^^
現時点では放送時期などの情報はありませんが、続編の情報を楽しみにしています。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 16

圧力鍋 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

これは達也と深雪の3年前のお話

原作未読
追憶編は魔法科高校の劣等生1期から3年前の話。いわゆるエピソード0的な立ち位置ですね。
魔法科高校の劣等生といえば深雪が達也の事を「お兄様」と慕っていたり「さすがです。お兄様」でお馴染みである「さすおに」などで有名ですが、なぜ深雪がそんなに達也の事を慕っているのかが分かるお話です。
物語の内容は原作を見なくても全く着いていけない訳ではなく、ある程度着いていけれると感じ劣等生の中でまだ見やすい方だと感じました。ただ、劣等生1期を見た方が追憶編をより楽しめるとは思います。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

68.9 4 2022年冬(1月~3月)アニメランキング4位
進撃の巨人 The Final Season Part 2(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (26)
302人が棚に入れました
最後の進撃が始まる。 「その巨人はいついかなる時代においても、 自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人。」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。 それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 やがて時は流れ、一度目の「超大型巨人」襲来から6年。 調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を敢行する。 「壁の向こうには海があって、海の向こうには自由がある。 ずっとそう信じてた……」 壁の中の人類が、初めて辿り着いた海。 果てしなく広がる水平線の先にあるのは自由か、それとも……? エレン・イェーガーの物語は、新たな局面を迎える。


声優・キャラクター
エレン・イェーガー:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
コニー・スプリンガー:下野紘
ヒストリア・レイス:三上枝織
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ハンジ・ゾエ:朴璐美
リヴァイ・アッカーマン:神谷浩史
ジーク・イェーガー:子安武人
ファルコ・グライス:花江夏樹
ガビ・ブラウン:佐倉綾音
ピーク・フィンガー:沼倉愛美
ポルコ・ガリアード:増田俊樹
コルト・グライス:松風雅也

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

いよいよ完結だねぇ<83>

1話視聴。
確実に観るであろう続き物はおいといて新番組をまずチェック、のはずが後に回したくないオーラスシーズン。
ジークのサービスシーンに始まり絡み合うシナリオが展開されてあっという間に終わった印象。
この作品独自の立体機動装置や雷槍、いわば必殺兵器で武装した兵士が隊列を組んだ銃(連発ではあるがまだ一発ごとにボルトアクション)の前にバタバタと倒れていくリアリズムが巨人や始祖の力を軽く見せない重しとして乗っかってますなぁ。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

67.9 5 2022年冬(1月~3月)アニメランキング5位
ハコヅメ~交番女子の逆襲~(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (31)
217人が棚に入れました
「警察官なんて、もう辞めてやる!」公務員試験を片っ端から受けて、合格したのは警察官だけ。考えつく限り、最も浅い理由で警察官になった川合麻依は後悔していた。こんなに激務で嫌われ者だって知ってたら、絶対に警察官になんてなってない!辞表を握りしめて、第二の人生を歩むことを決意する川合のもとに、新しい指導員としてやってきたのは、警察学校を主席で卒業し、“ミス・パーフェクト”の異名を持つ元刑事課のエース・藤 聖子。後輩へのパワハラが過ぎて、刑事課から交番に異動してきたという藤の噂に怯える川合だったが、さっそくペアとしてパトロールに向かうことに......。新人警察官・川合と元刑事課のエース・藤の凸凹ペアを中心に、個性豊かで魅力的な警察官たちが巻き起こす笑って驚いて、ときどき涙しちゃうお仕事コメディが今、幕を開ける!臨場せよ! これがリアル(?)で新しい交番女子の物語だ!

イムラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

今季間違いのない作品

<2022/1/8 初投稿>
原作未読
ドラマも見てません
見始めなので評価はデフォルトの3.0

とは言っても、ケンコバさんの冠番組「漫道コバヤシ」のマンガ大賞2019をたまたま見てて、面白さは確信してました。
作者の泰三子さんが出演されてたのですが、泰さんは警察に10年勤務して退職後に漫画家になったという変わり種。
超リアルな交番あるあるネタと、
あっけらかんとした笑いと、
人間社会の問題の本質をちょいちょいつつくエピソードがうまい具合に調合されてるようです。

というわけで、放送開始前から期待してた本作。
1話見ましたが期待にそぐわぬ出来で嬉しいですね。
このままいけば誰にでもおすすめできそうな良作になりそうです。

以下、余談。
それにしても、公務員は本当に嫌われる仕事。
警察はもちろん、学校の先生、お役所の職員とかとか。
とりあえずいつでも誰からも感謝されるのって消防士や救急隊員とかの消防署勤務の人ぐらいなもんじゃないかな。
ゆーても救急隊員は労務環境苛烈ですが。

<2022/1/13 追記>
2話見ました。
面白いですね。
クスッと笑えるし、ジーンとするし、飄々としてるし。
ひとつだけ気になったのは、これだけいい素材の作品なのにスタッフはほとんど海外の人ということ。
それで質が落ちてるというわけではなくて。
国内のアニメ製作者のスキルの維持向上にはこういう作品こそ、国内でしっかり作るべきでは?と思ったり。
電子電気産業のように国外へ吸いとられちゃいますよ。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 17
ネタバレ

でこぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

おまわりさんの仕事は大変です

この物語は交番に勤務する新人警察官の川合麻依(かわい まい)の日常を描いた物語です。
原作者の泰三子さんは実際に10年間も女性警察官を務められた方で、警察の内情を面白おかしく描いてられます。
笑ってしまう部分が多いですが、ときとしてシビアなことも描かれています。
そのシビアな部分が、心に響きます。


川合麻依の仕事は交通取り締まり。
この仕事は、頑張れば頑張るほど違反者から文句を言われる仕事です。
麻依は想像以上の激務と見返りが全くないこの仕事に嫌気がさし、辞表を提出する予定でした。
そこへ元刑事課のエースである藤聖子(ふじ せいこ)が麻依の指導者としてやってきます。
聖子は後輩へのパワハラによる左遷で交番勤務となったという噂です。

麻依は最初、聖子を恐れますが、すぐに聖子が優秀な警察官であることがわかります。
そして聖子と一緒に仕事をすると、大変だけどいろんな経験をすることができます。
その経験は麻依にとって、とても新鮮なものでした。


確かに交通取り締まりの仕事は、頑張れば頑張るほど多くの人に恨まれる割の合わない仕事です。
でも、こんな人たちが頑張っているので、私たちは横断歩道を安心して渡ることができます。
今度、道で交通取り締まりの人を見かけたら、「お疲れ様です」と言ってやりたくなりました。


第一話で麻衣が子供たちに語った「泥棒がし易い町と泥棒がしにくい町」の説明は、とてもためになります。{netabare}
泥棒が狙うのは、子供が自転車の二人乗りをしているのをよく見かける町とのことです。
子供たちのルール違反を周りの大人たちが注意しない町は他人に無関心な町であり、空き巣がし易いそうです。
反対に挨拶が活発な町は人に関心が高い町なので、顔を覚えられるため泥棒しにくいそうです。{/netabare}


第二話では麻衣が家出少女を保護します。
少女は男性経験豊富で、取り調べる麻衣のほうが子供のようです。
それが可笑しくて、笑ってしまいます。
この回はお笑いだけかと思ったら…、聖子が麻衣の調書で洩れていた大切なことに気づくのです。
なぜ母親が夜勤のときだけ家出をするのか…。それは少女にとって切実なことでした。

聖子は、相手の何気ない会話の中から犯罪の影に気づきます。相手の服装や履物から事件に気づきます。それは私達も見習うべきことのようです。


麻依は、ふとしたことで自分のことを多く語り始める面倒くさい女性です。
でも、第三者として麻依の自分語りを聞くと、けっこう笑えます。

聖子は、嫌なことがあればすぐに小声でぶつぶつ悪態をつく近寄りがたい女性です。
これも第三者として聖子の行動を眺めると、大いに楽しめます。

二人とも警察官の前に一人の人間です。
長所も短所もつつみ隠さず表現しているところが、このアニメの良いところですね。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 13

さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

第一話にはガッカリ。

アニメ化すごく楽しみにしてたんで本当にガッカリ。
原作知らない人がこれみて、ハコヅメイマイチってなりそうで怖いし悔しい。

実績あるマッドハウスだから期待してたのに・・・なんでああなった?

第一話を視た限りでは原作の魅力が殺されまくったポンコツ作だった。


ハコヅメの原作漫画には、
ストーリーが秀逸なだけに留まらず、コマ割りや演出やカメラワークやフキダシ配置に至るまでとても練られてて、
キャラの表情や構図なんかも的確で、場面ごとにメリハリがきいててストーリーを引き立たせてて、
話の最初から最後まで子気味よいテンポでダレることなく読めて内容が深かったりもするので
何度でも読み返したくなる魅力があるのに、


アニメの方は、
ストーリーは同じ筈なのに1回みたらもういいやってなる。

ヒンシュク覚悟で言わせてもらえば、アニメ版第一話は
ストーリー以外の原作の持ち味を殆どくみ取れてない。

体よくスト―r-はなぞってあるけど、作品の深い所への理解ができてないのか、キャラの動きも仕草も間違ってはいないげとても薄っぺらい。

声優の演技は一定のクオリティはあるけど、そもそもの掘り下げが浅くて中途半端なのだとしか思えない出来で、でイマイチしっくりこない。

キャラデザと作画にはアニメ単体として普通に出来が良く見えるけど、実際は原作キャラの味が3割程かき消されてしまってて、キャラが動くとそれが安っぽさとなって画に出てる始末。
(これは原作読んでない人には理解してもらえないかも)

マッドハウスだから流石に作画は安定してるんだけど、安定してるだけで色々と足りてないものが多すぎる。

作画に一定以上のものをこめる力量がないのなら、演出とか他の部分で魅せてくれればまだいいんだけど、

このアニメは、ただ単にストーリーをアニメでなぞってみてるけって感じで、演出やカメラワークに工夫や創意がないのを、おちゃらけたBGMで誤魔化そうとして寒くなってる感じ。

例えるなら、アクション漫画を年寄のポンコツ監督が映画化しちゃって、
画に勢いとか流れとか、インパクトや空気の緊緩とかを表現できずに
上っ面のストーリーなぞっただけののっぺりした映画になっちまった感。

OPやEDからも原作の魅力が少しも伝わってこない。
なんの見所もなくキャラをそれっぽく動かしてるだけ、年寄が無理して若ぶってるみたいな薄ら寒さすら漂ってくる。
あんな程度のものしか作れないなら、YOUTUBEのMAD職人とかに作ってもらったほうが絶対良い出来になる。

原作ストーリーが秀逸だから、全くの駄作にはなってないけど、
いくら原作が好きでもあの出来のアニメ円盤を買おうとは絶対思えない。


もう半クール分くらい作り終ってるのかもしらんが、もう少し何とかできんものだろうか・・・・。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 5

67.2 6 2022年冬(1月~3月)アニメランキング6位
その着せ替え人形は恋をする(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (48)
311人が棚に入れました
雛人形の顔を作る、「頭師(かしらし)」を目指す男子高校生・五条新菜(わかな)。 真面目で雛人形作りに一途な反面、同世代の流行には疎く、中々クラスに馴染めずにいる。 そんな新菜にとって、いつもクラスの輪の中心にいる人気者・喜多川海夢(まりん)はまるで別世界の住人。 けれどある日、思わぬことをきっかけに、海夢と秘密を共有することになって……!? 決して交わるはずのなかった2人の世界が、動き出す――! 『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)にて連載中・福田晋一による大人気原作を、CloverWorksが待望のアニメ化! 豪華スタッフが贈る、コスキュン? ストーリー!

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

画作りが酷い。背景が適当、人はのっぺりで動かない。話は面白そうですが…

1話 話としては、秘めたる趣味を共有する2人の恋愛…みたいな感じでしょうか。ストーリーは原作付…なんですかね?テンプレですが面白そうなスタートでした。

 ただ、絵ですね。人物の作画は基本CGなんでしょうね。技術的なことは最早ついて行けないですが、非常に綺麗ですがのっぺりして平坦ですし、輪郭線が活き活きしてない気がします。これは慣れかなあ…今後はこういう作画が主流になるんでしょうか。あとは全然動いてないですね。退屈になります。
 そしてなんといっても画面…背景ですね。学校パート。これはひどい。魅力が全くありません。窓の外は適当だし、高校の教室の雑多な感じが全然伝わってきません。後半が暗室なのは仕方ない…のでしょうか。ですが、見せ方があるでしょう。ストーリーが面白くても視聴が辛くなります。

 むしろEDのアニメの方が魅力的でした。画作りがいいですね。動きもデザインも良かったです。

 なお、人形の街埼玉県岩槻はひな人形で有名ですね。頭師の仕事、動画で何度か見たことがありますが、ミシンって使いました?まあ、いいですけど。

 うーん、話は興味があるので2~3話、様子見ですね。画は、何とかしてください。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 10

ひろたん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

大きな勘違いをしていたのかも。オタクは主人公ではなく、ヒロインの方じゃないか?

まず、どこか懐かしい感じがするエンディングがよかったです。

この物語は、よく言って王道、悪く言ってテンプレ展開のラブコメです。
数多ある作品の中で、いかに個性を出すか。
それがコスプレだったとうのが本作です。
実際の人間を着せ替え人形に見立てるコンセプトは、なかなか面白いと思います。
今まで観たことがないパターンのラブコメですね。
しかも、3次元で着せ替え遊びをしたいと思うオタク心もがっちりつかんでいます。


この作品は、ラブコメですがもう少しコメディが強めの方がいいなと思いました。
正直、コメディの部分は、笑うところまではいかなかったと言う印象です。

ヒロイン喜多川海夢のなかなかストレートな物言いはいいですね。
「自分の気持ちは自分のために言わなきゃだめだよ」
「人の好きなもの馬鹿にするなよ」
これからもオタクに対するエールがたくさん出てくることを期待します。


と、ここまで、てっきり主人公がオタクと言う前提で考えてきました。
しかし、私は、大きな勘違いをしていたのかもしれません。
と、言うのは、主人公は本当にオタクか?と言うことです。
小さいころから自分の生きる道を見つけて突き進むのはプロフェッショナルです。
確かに、やっていること自体は、オタクと紙一重の部分はあるのかもしれません。
しかし、趣味や引きこもり的なマイナス要素をこの主人公には感じませんでした。
逆にそれだけ人生をかけられるものがあっていいよねと好感が持てます。

一方、ヒロインは、友達も多く、一見ギャルですが騙されてはいけません。
漫画、アニメ、ゲームに精通し、コスプレまでやる正真正銘のオタクです。
どうもこの作品の見方を少し変えないといけないことになりそうです。

この物語はこれからどうなるのでしょうか?
最後、ひな人形のような十二単を着たヒロインを観てみたい気がします・・・。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 17

Dkn さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

そのビスクドールは恋をする

わーい!福田晋一さんの漫画アニメ化だー!


少年エースを購読していたので
初の読み切りから見てます~やったぜ

前作「桃色メロイック」が
兄貴が血のつながった妹にガチ欲情する話だったので
“設定がピーキーすぎて人に勧めづらい漫画第一位”でしたが..

本作「その着せ替え人形(ビスクドール)は恋をする」は、
※××××のヒロインが推しの女子高生という点と
青年誌お約束の嬉し恥ずかしエロ展開以外は
太鼓判を押して万人にオススメできます!


※××××は2話を見てね


アニプレ傘下のCloverWorks制作で
OP.EDのセンスも◎!

青年誌特有のお色気展開はありますが
高橋留美子先生よろしく健康的なエロスですし

なにより本作は、

ひな人形の職人である祖父のようになりたいと思い
今までひたすら夢に邁進し没頭してきた主人公
《五条 新菜》くんと

一話ではまだ情報が出きっていませんが
これまた魅力的でカッコイイ女の子
《喜多川 海夢》ちゃんが

“好き”を真っすぐに追い求めていくストーリーなので

男性視聴者はもちろんの事、
女性視聴者にも超オススメできますよ


まーじで五条くんが素敵な男の子なんだこれが....
男から見ても五条くんの事好きになりそうで困る

というか好きだ!新菜くん!!


アニメ化上手くいくといいですね、応援してます!

投稿 : 2022/01/15
♥ : 11

66.7 7 2022年冬(1月~3月)アニメランキング7位
錆喰いビスコ(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (25)
154人が棚に入れました
全てを錆びつかせる≪錆び風≫が吹き荒れる日本。人々は街や生命を蝕む錆に怯えながら暮らしていた。忌み嫌われる≪キノコ守り≫の一族の少年・赤星ビスコは、瀕死の師匠を救うため、全ての錆を浄化する霊薬キノコ≪錆喰い≫を求めて旅をしていた。旅の途中、忌浜(いみはま)で出会った美貌の少年医師・猫柳ミロもまた、大切な姉を蝕む錆の対処法を探していた。愛する者を救うべく、ふたりの少年が手を取る時、新たな冒険が始まる。人の心までは錆びつかない。

声優・キャラクター
鈴木崚汰、花江夏樹、近藤玲奈、富田美憂
ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

錆喰い

OZ制作。

全てを錆びつかせる錆び風が吹き荒れる日本、
人々は生命を蝕む錆に怯えながら暮らしている。
指名手配犯ビスコは全ての錆を浄化する、
霊薬キノコ、錆喰いを求めて旅をしている。

これは楽しい、初回を観る限り、
退廃した終末の世界観が良く描かれている。
東京は爆心地であり、崩壊しているのか、
群馬など県境には壁が並び、関所があるようだ。

独自の社会システムが機能しているのか、
{netabare}現状を打破すべくビスコによるキノコテロ、
いやきっとこれこそが、生存戦略なのでしょう。{/netabare}
キャラクターもまずまず興味深いですね。

世紀末キノコアクション!?

ラノベ界隈では実績があるようなので、
これは期待しておきましょう。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 17
ネタバレ

leer さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

錆とキノコとグンマー

2018年電撃文庫のラノベが原作。
これがあの噂に聞くグンマーか……。
1話は{netabare}荒廃した世界に住む、お医者さんの少年が中心{/netabare}の話。
なかなか表現が難しいが、雰囲気はどこかドロヘドロっぽさがあり、ひと言でいえば”カオス”。
そんな感じで世界観がごちゃごちゃしているが、最低限の説明はしてくれているし、これが意外と調律は取れている。
今の所よく話はわからないけれど、面白い。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

世界観が面白い。文句なしのクオリティ。必見

壮大な舞台設定に大きなテーマを背負った一流の作品ですね。
それに即して、作画も非常にクオリティが高く、本気で作っていることが伺えます。

サビに覆われた非常に厳しい世界の中でたくましく生きていくであろう主役達に今から胸が踊ります。
しかし攻撃方法のきのこは一体。
そういう意味不明なところにも惹きつける魅力がありますね。
これはもう必見です。続きを楽しみにさせていただきます。

キャラデザがイド・インヴェイデッドっぽいな、と思って調べたら碇谷敦さんという方が共通でした。
当たってて良かった。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

66.4 8 2022年冬(1月~3月)アニメランキング8位
スローループ(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (32)
220人が棚に入れました
海辺でひとり、亡き父に教えてもらったフライフィッシングを嗜む少女・ひより。 いつもどおりに釣りをしていると、いきなり海に入ろうとする天真爛漫な少女・小春と出会います。 一緒に釣りをする事になった2人でしたが、実は親の再婚相手の娘どうしで…? ひょんな出会いから「姉妹」になったひよりと小春と一緒に、「釣り」をしながらスローに過ごしてみませんか?
ネタバレ

有栖みかん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ゆるキャン△のような釣りアニメ

第一話感想
{netabare}
この作品の少し前に「放課後ていぼう日誌」という、これまた釣り少女を描くアニメがあったが、その作品とはまた違った釣りアニメが見られそうだ。とう言うのが第一印象。
きらら系作品ということで、可愛らしいキャラクターたちが登場していて、最近きらら不足だった僕には大満足の作品。
この作品は「ゆるキャン△」とも近いところがある気がする。しまりんがひよりちゃん。なでしこちゃんが小春ちゃん。2作品ともアウトドアの趣味系のきらら作品であり、作画も両方とも神がかっている印象を受けた。

ここまで見るだけだと今までのきらら系作品の寄せ集めじゃないか...と思う人もいるかも知れないが、この作品には「多少設定がきらら作品にしては重め」という特徴がある。ひよりちゃんのお父さんがポピュラーな病気で亡くなってしまったことや、小春ちゃんが部屋を使っても迷惑じゃないのか...など感情や心情の変化などを細かく丁寧に描いてくれている。
この先の展開は「友情」「学園」「釣り」「家族」などがキーワードになってくると思う。このあたりをマンネリ化しないような話になれば、きらら史に残るアニメになると期待している!!!

次回早く見たい....
{/netabare}

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話です。釣り版のヤマノススメ?今期の視聴候補です。

1話です。初め、海で毛バリなんか使うかよ、と思って調べたら最近は使うみたいですね。勉強不足でした。虫を食べる渓流の魚向けだと思ってたらメバルは確かに釣れるみたいです。

 作品です。きらら系ということで、日常な気もしますがヤマノススメみたいに若干ストーリー性を感じます。完全な癒し系ではないということでしょうね。少し暗い要素も入っていますし、いきなり再婚で同い年の姉妹ができるというのは普通メンタル的にハードな設定だと思います。

 ただまあ、あまりシリアスにはならない気がします。コハルとヒヨリで小春日和ですね。これがまあストーリーの性格になるんでしょう。

 ヤマノススメみたいな話だとすればちょっと展開が楽しみです。ただ、1話の様子からして料理も釣りも専門性が中途半端かなあ…まあ、見てみないと分からないですけど。

 キャラデザの横顔、鼻のラインが極端に凹になっているかなり昔の感じですね。髪型は輪郭を隠すような最近の流行ですね。制服がリボンとネクタイなのって普通の高校だと有りなんでしょうか(調べたら選べる高校も多いみたいですね。これも勉強不足でした)。私服のセンスは…うーん…

 とにかく気軽に見られそうですし、なんとなく引っかかりがあるアニメなので今期の視聴候補ですね。

 なお、冒頭のスク水シーンは一応スルーしておきます。つかみ…なんですよね?

投稿 : 2022/01/15
♥ : 8

leer さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

キマシ釣りきらら

導入はめちゃくちゃだけど、”きらら枠”とくればもう、なんでもあり。
ていぼう日誌からあまり期間が空いていなくても、おじさん媚び売り全力全開の絵コンテでも、魚介類のグロ汚い部分を全カットしてても、
可愛ければ全て良し!!の精神。

事実キャラデザはかなり可愛くて、既に絵師界隈はザワついているし、肝心のキャラ作画もきららの名に恥じない、綻びひとつない気合の入りよう。

CVもよくここまで合致する人を見つけてくるもんだ……
小春役は、くまみこのまち、カラーズの青、スーパーカブの椎ちゃんの日岡なつみさん。
ひより役の久住琳さんは初メインキャラクター。演技に違和感全くなし!

1話はあらかたチノ×ココア、なでしこ×しまりんのソレではあるが、笑いのセンスが独特なのがちょっとおもしろい。

特別、騒がしいアホの子キャラが苦手でなければ問題なく観られると思う。
人数も増えてくるようだから、もっとわちゃわちゃになりそうだ。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 3

66.3 9 2022年冬(1月~3月)アニメランキング9位
明日ちゃんのセーラー服(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (43)
274人が棚に入れました
舞台は、田舎の名門女子中学・私立蠟梅学園。 あるきっかけから、この学園のセーラー服を着ることが「夢」だった少女、 明日小路。 念願叶い、ドキドキで入学式当日を迎えるがー 「私はセーラー服に決めました」 決意を胸に、夢の中学生ライフが始まる♪ クラスメート、給食、部活動… “初めて”だらけの毎日を、小路は全力で駆け抜ける! 少女たちの、キラキラ輝く青春日記。 「友達いっぱいできるかな?」

声優・キャラクター
明日小路:村上まなつ
木崎江利花:雨宮天
兎原透子:鬼頭明里
古城智乃:若山詩音
谷川景:関根明良
鷲尾瞳:石上静香
水上りり:石川由依
平岩蛍:麻倉もも
四条璃生奈:田所あずさ
神黙根子:伊藤美来
龍守逢:伊瀬茉莉也
峠口鮎美:三上枝織
蛇森生静:神戸光歩
苗代靖子:本渡楓
戸鹿野舞衣:白石晴香
大熊実:小原好美
明日ユワ:花澤香菜
明日花緒:久野美咲
明日サト:三上哲
福元 幹:斉藤朱夏
ネタバレ

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ねっとり初回<55>

1話視聴。
ASSちゃんと読んでちゃいかんよ、キミィ。
イラストコミックとでも呼ぶような、女の子の仕草を何枚じっくりと描くパートの入る原作序盤。その通りにアニメでも上質な画面でじっくり描いておりました。
原作ではベタの印象が強い白黒がカラーになったとはいえ、さすがにそこまで女の子をねっとり観察する趣味は……という初回。
だがしかし
{netabare}
次回以降はクラスメイトの女の子達と次から次にキャッキャウフフ。
繰り返す!キャッキャがウフフだ!
{/netabare}

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

ひろたん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

原作の顔は結構いいのに、アニメ化のキャラデザが微妙・・・。

独特なキャラデザがちょっと慣れないなぁと言うのが第一印象。
原作もこうなのかなと気になり、ちょっと立ち読み。
原作の顔、結構いいじゃん。
内容はさて置き、原作のキャラデザ自体は小学生向けでも行ける感じ。
一方、アニメのキャラデザは原作の特徴を押さえているようにも見えるけど・・・。
やはり、何かが違う気が・・・。
恐らく原作の顔はとても絶妙なバランスで成り立っているんでしょうね。
でもそれを動かすとなると・・・、ああなってしまうのか・・・、ちょっと残念。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 11

らーした さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

原作通りの絵の綺麗さ

漫画でこの作品を見ており、イラスト集のような絵の綺麗さとクオリティー。そして、フェチ度MAXの作品。
それがそのまんま映像化され、人気声優が多数参加してます。この時点で、素晴らしい作品になる気しかしません。

主人公明日ちゃんの担当声優の村上まなつさんの作品はまだ拝見したことがなかったが、明日ちゃんのイメージにぴったりで、すんなりと耳に違和感なく、むしろ心地いいくらい入ってきてとても素晴らしかったです。
また、明日ちゃんの母は、大好きな花澤香菜さん。また、妹の花緒は原神でクレーなどの担当している、久野美咲さんで終始可愛くて最高でした。
最後、この作品の推しキャラである、木崎江莉花ちゃんは人気声優の雨宮天さん!もう素晴らしいすぎました!尺的に次回になるかと思ったけど、推しの喋る姿が心地よくて最高でした!

1話はまだ導入部分で、この世界観がずっと続きます。
今季楽しみな作品の一つです。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1

66.3 9 2022年冬(1月~3月)アニメランキング9位
からかい上手の高木さん③(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (26)
254人が棚に入れました
「からかい」が縮める、二人の距離――。 2022年、見守りたい初恋が、ここにある。 とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに、何かとからかわれる男の子・西片。 高木さんをからかい返そうと策を練るも、いつも高木さんに見透かされてしまう。 どうにかして、高木さんにひと泡吹かそうと奮闘する日々…。 移ろうものは季節だけではなく、西片の心にも…? 一方、優勢とみられた高木さんにも、ゆらぐ事態が―? スキを見るか、スキを見せるか― ニヤキュン指数100%の「からかいバトル」、 いよいよ最終ラウンドに…!?


声優・キャラクター
高木さん:高橋李依
西片:梶裕貴
ミナ:小原好美
ユカリ:M・A・O
サナエ:小倉唯
中井:内田雄馬
真野:小岩井ことり
高尾:岡本信彦
木村:落合福嗣
浜口:内山昂輝
北条:悠木碧
田辺先生:田所陽向
ネタバレ

けいP さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ループするからかい?

元祖からかい娘の高木さんも
3期突入ですか。

高木さんは好きなんだけど
基本話の展開は同じだから
3期もやってマンネリしないだろうか?
と思って一話観たら、
変化をつけてきましたね。{netabare}
何やらサイケデリックな演出。
夢か現実か分からない感覚は
オセアニアでは常識か?笑

二人してお互いの夢を見ていたというオチ。
もう相思相愛じゃん。{/netabare}
最近原作マンガ読んでないけど
これはアニオリなのかな?

それにしても高木さんて
ストーリーの時間軸がバラバラですよね。
冬になったり夏になったり。
見方によっては
時間が巻き戻ってループしてる
ように感じなくもない?

ループするからかい?
エンドレスからかい?
無限地獄からかい、いや天国かな?

西片はからかいのループを抜け出す事ができるのか?こうご期待。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 4

66.3 9 2022年冬(1月~3月)アニメランキング9位
プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (17)
152人が棚に入れました
紡いだ絆に思いを乗せて、ユウキたちの冒険が再び始まる。 その出会いは突然だった。 意気投合した彼らはあるギルドを結成するーーその名は【美食殿 】 。 美食の探求を目的とした彼らは愉快な仲間たちと友情を深め、美味しいごはんを食べ、そしてときにはちょっぴり危険な冒険に身を投じ、せわしなくも穏やかな日々を送っていた。 ところが、胸に秘めた思いはやがて交錯し、彼らはかつてない困難に巻き込まれていく。


声優・キャラクター
M・A・O、伊藤美来、立花理香、阿部敦

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

1期も面白かったので今期も楽しみ。女の子が細やかな動きで可愛らしく、冒険が感じられる。

1話はまあ、紹介的な内容ですね。1期のノリほぼそのままでした。
でも本作の良い所はちゃんと感じられましたね。
・女の子の動きが非常に細かく、柔らかみが感じられて、可愛らしく感じる。
・移動等がちゃんと描写されていることが、冒険している感じをしっかり出している。
まあ1期の変なノリもそのままでしたが…w
・ヒロイン以上にやたらおっさんが活躍する
ま、1話はただの導入なのであまり細かいことは言いません。今期も楽しみです。

移動の描き方について。
私は良く低品質アニメではのたのた町を移動するシーンが必ず入っていてつまらない、と評価するのですが、本作は移動シーンがあっても非常に高く評価しています。
背景美術の美しさ、キャラクター達がそれぞれの心情が感じられる細やかな動きで、移動しているだけのシーンも飽きさせないんですね。
そうすることで世界の広がりや冒険の楽しさが感じられる。
そのあたり、クオリティが低いアニメとは違うなぁ…と思いました。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1

64.7 12 2022年冬(1月~3月)アニメランキング12位
異世界美少女受肉おじさんと(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.3 (24)
123人が棚に入れました
「行くぞ神宮寺」 「あぁ、俺たちで魔王を倒す」 「「俺たちが、互いに惚れる前に!!」」 平凡なサラリーマン生活を送っていた幼馴染の橘日向(32)と神宮寺司(32)。 二人はとある合コンの帰り道に、女神を名乗る謎の存在によって異世界に飛ばされてしまう。 そこで神宮寺が目にしたのは、金髪碧眼美少女の姿に変わり果てた親友の姿だった…!? 美少女の姿になった橘を見て、あまりの可愛さに戸惑う神宮寺。 女性の身体になったことで、神宮寺のかっこよさにグッと来てしまう橘。 しかし元は親友同士。この関係を壊さないためにも、一刻も早く魔王を打倒して元の姿に戻らなければならない。 そう、お互いがお互いを好きになる前に――。 これは、おっさんと元おっさん美少女の、絶対に惚れてはいけないラブコメディー

山のかかし さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

オッサンラブじゃないと願う

コミック読みました。
主人公の日向がカワイすぎる。
主人公の中身はオッサンなのに…
言葉使いもオッサンなのに…
ギザギザ歯なのに…
可愛いと思ってしまう自分が怖い…
結局、見た目が可愛ければなんでもいいのか俺は?

コミックのイラストやキャラデザインもいいと覆いますが。
その可愛さをストーリーや仕草などで上手く描き出している筆者の勝ちだったと思います。
アニメでも俺を魅了出るのか?
若し魅了できたなら円盤買ってやるよ!(←チョロイ

アニメ見たら再度評価したいと思います。
あと、主人公がオッサン呼ばわりは可哀そうかな~
お兄さんにしてあげよう(⌒∇⌒)

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1

64.7 12 2022年冬(1月~3月)アニメランキング12位
時光代理人 LINK CLICK(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.3 (22)
104人が棚に入れました
繁華街の一角に佇む「時光写真館」。 そのさびれたドアの奥には、 特殊な能力を持った2人の男がいた――。 写真館を経営するのはトキ(程小時)とヒカル(陸光)。 トキの幼馴染・リン(喬苓)を通じて顧客から舞い込む依頼を遂行すべく、 「撮影者の意識にリンクし、 写真の世界に入ることができる能力」を持つトキと、 「その写真の撮影後12時間の出来事を把握できる能力」を持つヒカルはコンビを組み、 過去を引きずるクライアントからの依頼を解決していく。 『絶対に過去の改変をしてはならない』ルールのもと依頼を遂行していた二人だが、 正義感の強いトキはつい過去に干渉してしまい、 その行動はやがて少しずつ未来を変えていく――。

声優・キャラクター
トキ/程小時(チョン・シャオシー):豊永利行
ヒカル/陸光(ルー・グアン):櫻井孝宏
リン/喬苓(チャオ・リン):古賀葵
ネタバレ

CR さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

字幕で視聴済み

外国人がよく名前出してたから春にbilibiliで英語字幕で見た。

ネタバレ有り
↓英語字幕視聴時点感想
{netabare}
日本語版みたら細部まで見えて評価下がるかもしれないけど、まあ現時点での一応な感想。

話としては東京リベンジャーズにID:INVADEDとヴァイオレットエヴァ―ガーデンを足したような感じだった。
ただ、この作品はパクリというわけではなく(実際は元ネタあるかもしれないが)、しっかりと独自性があったように思う。
写真の中の人物に憑依して未来が変わらない程度に動き、料理のレシピの入手したり、行方不明の人を探したりなど、様々なミッションをこなしていくという内容。

未来を変えてはいけないから、できるとしてもその時点で何か情報をつかむ程度。どうやって立ち回って情報を入手するのか?どうやってミッションをこなすのか?と毎回先の展開が気になった。
憑依するとその人に情も映ってしまうという設定も面白く、情と未来に影響を与えるようなことをしてはいけないという規則、どっちを取るべきかと主人公が葛藤するのもだんだんと情の方が勝っていき、傍観者であるもう一人の主人公、Lu Guangと対立するというのも良かった。

話としては部分部分理解できないところがあっても料理店の回と地震の回はかなり感動した。
あと、最終回がすごく良かったかな。東京リベンジャーズの最終回が賛否別れてる限り、これも賛否別れてしまうんだろうけど。
この作品には明確なラスボスが存在し、最終回はそいつに立ち向かう話で、順調に追い込んでいくのも面白かったが、予想通りそいつも実は...と言った感じで、最後はバッドエンドだったけど余韻がすごかった。
ここまでの話が結構綺麗につながったというのも良かったし、盛り上げ方が上手い最終回だった。
ただ、これも中国の方では2期が決まっているようでバッドエンドではないけど。

個人的な予想だけど、あの金髪(正確にはあいつに憑依してる者)は歴史の修正者なんじゃないかな。
タイトルの時光代理人は主人公たちのことじゃなくて、あの金髪(に憑依した者)のことで、時と光を代理するもの的な。
エマに関しては主人公がメールの流れを変えたことで両親と会いに行くことになって本来自殺するはずの運命が変わってしまったから、代わりに金髪が自殺を唆したんじゃないかな。
金髪を使った理由は、あいつがそもそも普通に殺人犯だから。
あいつに憑依して犯罪を犯したとしても何も変わらないから、"時光代理人"が利用するのに最適で、使った説もある。
けど、普通な状態の金髪は犯罪者にも見えなかったし何とも言えない面もあるのと、最終回で主人公たちを殺そうとしたこと違反者を罰するためだとしても、その行動自体も歴史を変えていることになるから矛盾してしまうという問題点がある。

EDへの入りが毎回よかったし、OPもEDもこの作品にめっちゃあってたんだが、日本語版もいい曲だといいな。
↓一話毎メモ
{netabare}
1話
12時間だけ写真の世界に入れてその撮影者に憑依できる設定
その撮影者の感情まで頭に入ってくるから変に感情移入しちゃってるのか。
ミッションは、あのゲーム会社の不正を暴くことだったのかな?
憑依した状態で変な動きをするのは歴史が変わるからよくないっぽい
あの人殺されちゃうのか... いい話だったのに胸糞エンド... 
まあミッションは成功だったのかな。

2話
あれ、前回のことは黙っておくのか。
ヌードルのレシピをゲットすることがミッション。
このミッション達成して何があるんだw 
あのおばさんがパートナーに裏切られたからレシピをゲットすることで優位に立とうとしてるのか。
これ依頼を受けてミッションを解決する系か
謎の百合展開。
憑依かと思ったけど実体はそのままそこにあるのね。
過去の記憶も頭に入ってくるのは辛そう。
毎回悲しい話だなぁ。花からとれる粉を入れてるのか。
ラーメン食いに行くの許可すんのかよw 
オチw ハッピーエンドで良かった。
少し感動

3話
言葉をかけたら未来変わるだろうけどいいのか?
何も変わらんからいいだろうって楽観視だなw
てかこれ東京リベンジャーズに近いね。
ケガさせるのは未来に影響するのか。
めっちゃ運動出来るじゃんw おいこれ未来やばくなるだろw
これ12時間経ったらあの眼鏡糞雑魚に戻るんでしょ?w
バスケで主人公らは知り合ったのか。主人公つっよw
バスケの試合が下手なスポーツアニメよりも動いてる
歴史が...

4話
やらかし主人公
喧嘩しないといけないのなんか悲しいなぁ。
いい親じゃん。
セリフがカットされてるのは微妙だけど、そこ除いてもめっちゃいい話だった。
父地震で死んでるのか...。
結構主人公についても色々わかった3,4話だった

5話 
何回この回想やるねんw
主人公がだんだんと入りこん出る人に感情移入していく描写が丁寧。
もう滅茶苦茶じゃん。地震起こること伝えるのはまずいだろw
こういう系の話苦手だけど感動してしまった。
母親死ぬように白髪が仕向けたのか...。
まあ未来を変えてはいけないし仕方ない。

6話 
行方不明の子供の捜索。あれ姿そのまま?あっ...

7話
アクションを起こせば写真の中に移ってそれを白髪が観測してるのね
本人に入るのか。
さっきは撮影者がいなかったからそのまま転移した感じなのかな?
あと、これ一回失敗したらアウトなのね。
なんだよその薬品w 財布探るとこ演出上手い。
主人公つええ おばさんw これ助かるのか。
仮面で笑ってしまう。
警官にばれちゃって事件の解決を依頼されてる感じか。
一話と繋がるのか。これいろんな話がつながってるのすごい。
最後の引き上手いな

8話
今回のミッションはしょぼい。
けどなんかハプニング起こるのかな。
ここであの快楽殺人犯とつなげるのか。
未来変わってるじゃんw

9話
侵入上手い。
この女の人主人公らの能力知らなかったのかよw
これ未来変わったってこと?

10話
こっわ。死ぬのならなんで過去に行く意味があるんだ?
ちょっと理解できてない部分ある。金髪意外に黒幕いるのか?
これ金髪が同じ能力を持っているというオチなら面白いんだけど、たぶんそうなるよね
ああ、ここで殺されたらちゃんとした歴史に戻るということか。
英語力のせいで最後のほう意味が分からなかった...。
これ海外評価もめっちゃ高いし日本語版やってほしいなぁ。
犯人に主人公たちの家に来るように伝えたのか

11話
被害者の写真に入ってナイフをよけるって回りくどい戦い方だなw
そんなことしなくても勝てそう。
犯人も同じ能力持ってそうと思ってたけどそんなことはないか。
えぇ...過去改変 ?ああ、予想当たってた。
やっぱり同じ能力持ってるのか...。
普通に快楽殺人犯なのか何かあるのか。
違反したから罰せられた? 助けようとしたのがダメだったのか?
これ違反者を金髪が殺してたとかそういう系か?
Luを殺してたけどあれは過去じゃなくて現在を変えただけだし。
いや普通に快楽殺人犯?
あの橋のシーンは未来が変わったのじゃなくて単純にエマが自殺してただけか。
日本語版やってくれ。
ところどころ理解できなかったけどめっちゃ面白かった。

曲評価(好み)
OP「Dive Back in Time」☆8.5
ED「Over Think」☆9.5
{/netabare}
{/netabare}

↓日本語版視聴後感想
まだ

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2
ネタバレ

でこぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

第一話は大いに感動します…LAST10秒さえなければ

これは中国のWebアニメです。
トキとヒカルの2人が経営する写真館には、特別な依頼が毎回あります。
トキとヒカルは特殊な超能力を持っており、その能力を用いて依頼内容を遂行するのですが、その能力は私たちに全くなじみのないものでした。

でも、このアニメの魅力は、その超能力の内容だけではありません。
人間の心の弱さ、温かさ、それをしっかりと描いています。


第一話ではエマという女性が登場します。
彼女は、仕事をするために貧しい地方から大都市へ出てきたようです。
毎晩遅くまで働いて、家に帰るのはいつも深夜。帰ったら直ぐに寝るだけの生活。
豊かな大都市で暮らす彼女は孤独でした。

物語の途中から、私はトキやヒカルよりもエマのことが気がかりになりました。
「彼女には幸せになってほしい」 いつの間にかそう思いながら視聴してたのです。
きっと彼女の姿が東京に出てきた頃の私と被ったのでしょう。
そして終盤、心温まる出来事がありました。それが凄く感動します。
但し、LAST10秒の出来事さえなければ…。唯一それが悔やまれます。
{netabare}
LAST10秒の原因は、トキが思いやりでメッセを送ったためだと私は思いました。彼は無意識で未来を改変したようです。
おそらく原作者は、過去を変える事の影響が思いもよらぬ結果につながることを、第一話で伝えたかったのでしょう。
そう考えると奥が深い物語です。{/netabare}

中国のアニメは、近年驚くほど進歩しています。
作画や音楽、キャラクター、物語だけではなく、人の心を丁寧に描いています。
心が描かれているアニメは、どこの国がつくったものであれ感動します。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 9

saitama さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

観た瞬間に日本のアニメじゃないなと思ったら、そのとおりだった。

うーん、まるで日本のアニメじゃないのに、日本っぽくする理由がわからん。
もっと完全に中国全面にした方が清々しいだろうに。

中国人が日本アニメを作ってみました。
それを日本の会社が手伝いました…。
そんなアニメ。

まあ、最初の背景が映った瞬間に日本アニメじゃないんだとわかるのだが。

中身は評価にあたらないし、作画レベルは低い。
ドアの描写とか、食べるものは中国感が全面に出ている。

まあ、日本もディズニーアニメを真似してスタートしているから、
その過程なのだろうと思うが、
それにしてもテーマはもっと中国オリジナルでいいじゃん。
をこを日本のマネしてどうするのだろう???

もっと中国文化を強調した路線で作ったほうがいい。
まずは中国人にウケる、中国アニメを作るべき。
現状は評価に値しない。

というか、正直中国人じゃないと、心情描写とか倫理観が違いすぎて理解できないから、これを日本の地上波で放送する意味がない。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 0

64.0 14 2022年冬(1月~3月)アニメランキング14位
怪人開発部の黒井津さん(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (29)
153人が棚に入れました
正義と悪がぶつかり合う世界、人知れず戦う人々がいた。それは幾度となく正義のヒーローに倒されていく定めの悪の怪人を作り出す開発部で働く人々である。地下深くに存在する秘密結社アガスティアの研究室で、彼らは実験や研究だけではなく、開発の予算取りからスケジュール管理、そして幹部の決裁をもらうためのプレゼンという名の戦いの日々を過ごしているのだった。アガスティアでヒラ研究員として働く黒井津燈香は、佐田巻博士と共に数々の難関をかいくぐりヒーローを打倒する怪人を見事作り出すことができるのか!?その宿敵として黒井津たちの前に立ちはだかるは無名で無敗の変身ヒーロー・剣神ブレイダー!この物語はヒーローを倒す怪人を開発すべく奮戦する、もうひとつのプロフェッショナル達の日々の記録である。

声優・キャラクター
黒井津燈香:前田佳織里
ウルフ・ベート:天野聡美
佐田巻博士:梅原裕一郎
佐田巻健司/剣神ブレイダー:寺島拓篤
アカシック:M・A・O
メギストス:稲田徹
カミュラ:竹達彩奈
カノン・サンダーバード:土岐隼一
ヒュドラ:藍川ふみ
ヒュドラの姉妹 一姉・三姉:松田利冴
ヒュドラの姉妹 二姉・四姉:松田颯水

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

お仕事ものとして面白い…ネタが続くかが勝負でしょう。

 これは当たり?お仕事ものとして仕事の内容がフィクションなだけで企画開発部のあるある…なんでしょうね。

 それに戦隊ものとか仮面ライダーを見ていて、なんでこんな怪人が?とか、この作品っておっさんが企画会議で真面目に議論してんのかなあ、という視聴者の疑問をメタ的に取り上げて、ギャグにしているのが素晴らしいです。

 あとメギストス様…いいですね。できる上司ですね。セリフの一つ一つが心に響きます。

 まあ、残念怪人しか出てこないんでしょうけどね。1話の感じが続くなら良作の予感です。ただ、ネタが続くか…が勝負ですね。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 9

むす さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

コンセプトは面白いがストーリーがつまらない。

ヒーローに対する悪の組織が一般企業のような組織で商品開発が怪人開発だったらという意表をついたコンセプト。しかし設定が面白くてもストーリーが書けない人間がかいたらクソつまらなくなると言う見本。全体的にギャグテイストなのだかピクリとも来ないギャグセンス。ビジネスあるあるに絡めてのシーンも内容が薄っくこじつけで共感笑いすらおきない。
登場人物も悪の首領はそれらしい風防でなければギャップの笑いはおきないのに何でもかんけでも女体化や幼女にしとけばいいと言うもんじゃない。
声優も癖がある作品なのに癖が無さすぎて見所がまったくない。次話しを見ることはないかな。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

悪の組織ネタ+社畜ネタ。絵も良いし面白いのでは

タイトルでだいたい書きましたが…。

悪の組織というのは割とネタにされることは多いですね。
本作では割と合理的な組織運営を行っている悪の組織のようです。まあ上からの理不尽の押しつけは普通にあるようですが。
傍若無人なワンマン総帥を有能参謀が支えているとのことですね。

で、主人公が務める怪人開発部ですが…普通に駄目部署じゃないの。
糞なやっつけ企画でプレゼンを誤魔化そうという第一話で、あまり怪人開発部を応援しようという気は無くなりました。
ただそれに対する指摘がちゃんと的確なので…
参謀のメギストスさんは気に入りました。

二話の理不尽な目にあったウルフちゃんは可愛かったですね。

ヒロインの作画は可愛らしく、まあ内容もなんだかんだ面白くはあるのでは。
一応視聴継続予定です。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1

62.8 15 2022年冬(1月~3月)アニメランキング15位
東京24区(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (27)
146人が棚に入れました
東京湾に浮かぶ人工島「極東法令外特別地区」――通称“24区”。 そこで生まれ育ったシュウタ、ラン、コウキは、家柄も趣味も性格も違うが、いつもつるんでいる幼馴染だった。しかし彼らの関係は、とある事件をきっかけに大きく変わってしまう。 事件の一周年追悼ミサで、偶然再会を果たした3人の電話が突如一斉に鳴る。それは死んだはずの仲間からの着信で、彼らに“未来の選択”を迫るものであった。3人は、自分の信じるやり方で、愛する24区(マチ)と人々の未来を守ろうとするが―――
ネタバレ

イムラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

シミュレーション仮説のにおいがする

<2022/1/6 初投稿>
オリジナルアニメなんでしょうか?
予備知識なしで1話見ました。
評点はデフォルトの3.0です

東京に24番目の区があるパラレルワールドが舞台の物語

全自動運転車開発で議論の俎上に登る{netabare}「トロッコ問題」{/netabare}みたいなエピソードが・・・

もしかしたらシミュレーション仮説的な世界観なんですかね?
マトリックス・リザレクションズも映画公開中ですし。

面白くなるかどうかはストーリー展開次第。
ですがオリジナルなので例によってハードルは下げてしばらく見てみます。

<2022/1/13 追記>
2話まで見て。
ちょっとエピソードが詰め込みすぎというか脈絡が見えなさすぎというか。
最後、{netabare}「観測」「収束」って量子力学?
やっぱり量子コンピュータ{/netabare}かなぁ・・・
ちゃんと消化できるんだろうか

不安が募る。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 12

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

人類の道徳をAIに試されている?設定が明かされるのを楽しむ感じ?

1話 あー来ましたね。挑戦的なオリジナルアニメ。いいですね。これはSF的などんでん返しをねらったパタンでしょうね。前後編ありましたが面白かったです。

 24区の設定が戦後から続くという話ですので、歴史のIFにも見えますが、おそらくはバーチャルリアリティー内の選択と可能性の問題…なんでしょう。若干火災事故の時の2020年5月10月というロゴの変化で3000という数字っぽい余韻がありました。1000年先のコンピュータの内部…なんでしょうか。

 AIが人類の可能性を確かめている感じ?未来における人類の選択…でしょうかね。3人の能力が高まることから考えて、3名が特殊な役割を与えられたプログラム…かなあ。あの火災事故で助からなかった少女の服装が特殊でしたし。主人公の部屋のポスターが2021年の技術ではなかったです。

 とはいえ1話ですから確信はないです。ぜひこの推理をいい意味で裏切って欲しいところ。

 マトリックス+サイコパスに「道徳問題」を絡めた感じな気がします。一番わかりやすいトロッコ問題が来ました。まあ、トロッコ問題の解決としては邪道でしたけど。
 その他、バンクシー(落書きアート)も、道徳と芸術の問題がありますし、パルクール(街を障害物に見立ててアクロバティックな動作で移動する)も同じく迷惑行為かスポーツかで意見が分かれます。

 作画がちょっとアレでしたが、演出でチャレンジングなところもあって不快では無かったです。

 というわけでストーリーというよりSF的設定が明かされるプロセスが楽しみです。ちょっと注目したいアニメですね。

追記 冒頭で赤いランドセルの少女が車に轢かれていました。そのそばにいた少年の髪の色が、主人公の気がします。これは何か関係あるでしょうか。少女は線路に挟まれた娘?

 あとRGBってサブタイトルは3人の男の髪の色ですね。三原色…意味があるんでしょうか。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 9

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

お話だけアレな気が<52>

1話視聴。
初回1時間枠ながらも1話ということらしい。
冒頭、女の子が車に跳ねられる事故映像で目をキャッチしてから能書き独白が始まって、ちゃんと工夫してるなぁとオリジナルアニメに対する甘々な良かった探し。
演出は優れてたのか、お話がチュートリアルな事件といった感じで普通だったのに退屈することなく1時間観れた。
パルクールな動きをする青とかアニメ用の動きのキャラですわね。
ラストが強引で、線路に挟んだってのがどうやって?だし、割と時間があって下はバラストがひいてあるんだから石を一つ一つ抜いていくのも難しくなさそうだし、それを超スピードで引っこ抜いたら足千切れそうだしと、無理無理でしたわ。
無理があると思ったのかどうやって足を抜いたのかは画面の外という、なんかお話と演出が分離してるような。
トロッコ問題出したかったんだろうけど両方助けたらトロッコ問題にならないし、そもそも誰も葛藤してないという。

総作画監督が作画崩壊が起きそうとツイートしてるのが本作のことだとか囁かれてたり、なんか不穏な現場ですねぇ。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

62.3 16 2022年冬(1月~3月)アニメランキング16位
空色ユーティリティ(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (14)
75人が棚に入れました
普段と違う早起きした朝、クラブと一緒にわくわくした気持ちをゴルフバッグに詰めて、今日も一日を始めよう。 主人公の美波はゴルフを始めて間もない初心者。遥と彩花はそんな美波を見守りつつ、それぞれのスタンスでゴルフを楽しみ、その楽しさを美波に伝えていく。 学校も違えば本来好みも違う三人。だけどその三人がゴルフを通じて、それぞれの世界をもっと色鮮やかに変えていく。これはそんな物語の1ページ―

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3

センスも工夫も感じられない…この方向では駄目でしょう。

 ユーチューブの1話で全部なんですよね。その前提のレビューです。親父趣味日常系アニメの習作…つまり、今後の制作会社としての展開を見据えて作ってみました…的な感じですね。

 キャラデザは可愛いのでしょうがテンプレです。それにゴルフをしているときのヒロインの顔の輪郭線がちょっと不自然でした。冒頭のJK姿の作画はいいと思いますが、全体的に睫毛や髪の造形も作り込みが足りないです。

 ヒロインのピアス2つはキャラのイメージとあいません。しかも耳の上部のピアスはアニメ界の記号においてはビッチ系かなあと。
 服のデザインも書き込みもあまりに簡素です。他の登場人物も出ないし。止め絵も多いし。

 ストーリーは無いに等しいですが、ナイスショットが青い空に向かってうてて気持ち良かった…という気持ちを表したということでそれなりに感情的な何かはありました。ただ、空に向かって白いボールが糸を引くように…という表現も画もエモくはありますが、使い古された表現でした。


 あまりに不自然なアニメなので調べたら中国の方が設立したアニメ制作というよりゲームのオープニング、エンディングアニメを主に作っている会社みたいですね。なので、アニメに進出するのに習作を作ったのかなあ…と。

 アニメーション表現については、優れたCGと奇麗な色彩のアニメの練習をしようという意図しか感じません。あるいは今後マルチメディア狙いのゴルフゲームでも作るんでしょうか。

 私は日本のアニメの魅力は、クリエータの個人の中にある「見せたい画」を限られた予算の中で形にしようとする気持ちだと思っています。演出、構図、エフェクト、表情などへのこだわりが日本のアニメの最大の長所だと思いますので、その部分での魅力がまったくないです。低予算なりの工夫も、絵のセンスも感じられないテンプレの塊でした。
 良くできたMMD動画よりも演出や表現の工夫ができてないですね。

 以前、中国アニメは数年内で日本を超えるんじゃないか、と思っていましたが、この表現したいことに対するこだわりがないのなら、この部分で日本の優位性はあるでしょう。ただ、日本のアニメも最近怪しいですから、ちょっと心配です。

 まあ、ユーチューブでの無料公開で正解でしょう。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 7

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

本編も企画としてもなかなかおもしろい

普段はゲーム内ムービーを作っているアニメスタジオがオリジナルアニメを作ってみた、というような感じですね。
ほんの15分のショートムービーという感じですが…
なかなか良かったです。
ストーリーもわかりやすく、絵も良く、表現も良かった。
このたった15分でキャラ3人がすんなり入ってきて好きになれましたね。

後半の紹介実写も悪くなかったかな。
この手のアニメ紹介実写ではいつも声優しか出てこないですが、私は監督に話を聞きたいので。
ちゃんと監督が経緯やら思う所やらを語ってくれたのは良いですね。

今後本作にはなにか動きがあるのか無いのかはわかりませんが、盛り上がると面白いですね。
応援したい気持ちにはなりました。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1

62.1 17 2022年冬(1月~3月)アニメランキング17位
現実主義勇者の王国再建記 第二部(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (16)
147人が棚に入れました
異世界に召喚された相馬一也は、エルフリーデン王国の王位を譲られて以来、辣腕を発揮し、王国の政治・財政を立て直していった。そして、三公の反乱とアミドニア公国の侵略を鎮圧したソーマは今、新たな問題に直面していた。 アミドニアの首都ヴァンを失い敗走した公太子ユリウスが復権を狙い、人類宣言の盟主たるグラン・ケイオス帝国に助けを求めたのである。始まる女皇マリアの妹ジャンヌ・ユーフォリアを代表とする帝国との交渉。それはエルフリーデン、アミドニアだけではなく、大陸全体の運命をも左右するものとなろうとしていた――。

声優・キャラクター
ソーマ・カズヤ:小林裕介
リーシア・エルフリーデン:水瀬いのり
アイーシャ・ウドガルド:長谷川育美
ジュナ・ドーマ:上田麗奈
ハクヤ・クオンミン:興津和幸
トモエ・イヌイ:佳原萌枝
ポンチョ・パナコッタ:水中雅章
カルラ・バルガス:愛美
ロロア・アミドニア:M・A・O
マリア・ユーフォリア:金元寿子
ジャンヌ・ユーフォリア:石川由依

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

一応1期も見たので… まあストレスは無く見れます

本作はまあ、ストレスは無く見られるので、1期も見たので普通に見ようとは思います。

特に強烈な面白さがあるわけではないのですが、丁寧な作りでツッコミどころがあまり無いので、ストレスが無いのですよね。
キャラクター達の考え方がそれぞれ合理的で理不尽ではないなど。
いや普通なんですがその普通を満たさない作品も多いので…。

主人公も現実主義=合理主義なので…。
合理的ってのは理屈にあっている行動をするので、共感はしやすいんですよ。
いや共感というよりは納得、という感じかな。理屈で説明されるんで腑に落ちる感じ。

ただ本当に面白い作品というのは、主人公が感情的になった時に、その感情に共感させて欲しい。

そういう点が、この作品がソツなくストレスも無いけれど、いまいち盛り上がりに欠けるというポイントなんですよね。
感動できないんですよね…。
ま、それはレベルの高いことを言っているので、普通にソツないだけでクオリティは十分高いと思います。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

61.5 18 2022年冬(1月~3月)アニメランキング18位
リアデイルの大地にて(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (28)
172人が棚に入れました
不慮の事故によって生命維持装置がないと生きられない少女、各務桂菜。彼女が唯一自由でいられるのは、VRMMORPG『リアデイル』の中だけだった。 そんなある日、生命維持装置が停止し、桂菜は命を落としてしまう。しかし、目が覚めると桂菜は200年後の『リアデイル』の世界にいた。彼女は、失われたスキルと限界突破したステータスをもつハイエルフの“ケーナ”として、この世界を生きる人々と交流を深めていくことに。しかも、その中にはかつて自らがキャラメイクした“子供”たちもいて……!? ゲーム世界に転移した少女と個性的な仲間たちによる、笑いあり、涙あり? なのんびり冒険譚、開幕!

leer さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

中身に期待

制作会社はうちの娘、俺100、かみひろの「MAHO FILM」
ここまでくると調べるまでもなく、OPのキャラデザと作画のチープさで察することができた人も多いだろう。

昨今のB級なろう系アニメの低予算感にもう慣れきってしまっているためか、個人的には(原作者の気持ちを一切考えなければ)寧ろこのくらいで十分?と思わなくもない。

ざっくりとした全体のテイストとしては、かみひろ(ウンコスライム)よりもうちの娘(ラティナだぉ)の方が、どちらかといえば悪い意味で近いと思われる。俺100よりかは恐らくマシ。

話自体は原作スタートが2010年末、この時期はオバロの少し後に当たり、アニメ化されたなろう作品全体としては初期といっていい。
構成と脚本は地雷っぽくないからよほどのことがなければ最後まで観られるだろう。

2話視聴。噛み合わない日本文化に算用数字、恥ずかしい英文詠唱、作画はやばいがまぁまぁ面白いからOK。
最終話までに大きく変化がなければこれで最終レビューとします。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

2話 非常に安っぽい異世界もの…だけど結構面白い

1話 独自性があって期待値が高いです。

{netabare} 設定いいですね。SAOのマザーズロザリオみたいな感じですが、小説の発売時期的にこっちのほうが古いんですね。とするとそのオリジナリティからいって期待できそうです。ストーリーもありそうですし。

 結末で現実世界で生き返るかどうか、あるいは現実世界の登場人物とのドラマがあるかどうかですね。オーバーロードみたいに現実世界とのつながりが全然出てこないような進行になる可能性もありますけど、設定と1話の感じからいってヒューマンドラマがありそうな感じですね。

 アニメーション、演出を見る限りちょっと予算無さそうな感じですが、キャラデザが悪くないので問題なく視聴できます。なお、ステータス画面のデフォルメされたキャラの方が可愛いです。

 ということで、異世界枠としては設定がいいしストーリーの期待値が高い作品ではないでしょうか。{/netabare}

2話 非常に安っぽい異世界もの…だけど結構面白い

 シナリオがいいのかキャラに魅力があるのか、今後どうなるんだろうというワクワク感があります。
 作画、演出、エフェクト等の出来は辛うじて及第点で、内容はベタで安っぽい異世界ものですが、ストーリー展開のテンポが良くて結構面白いです。お母さん設定が笑います。



 

投稿 : 2022/01/15
♥ : 7

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

なろう系の元祖ということで身構えていたら…あれ、良いじゃないすか

さて、本作は事前情報をちょっと聞いていました。
なんでもなろう系のテンプレを作った方の古い作品がいまさらアニメ化したという流れだと。
じゃあさぞお約束展開の連続できついのかなぁ…と警戒しました。
ただ主人公が女の子なら多少は嫌味が薄れて見られるかも? という程度に、あまり期待しないで見たのですが…。

まず監督が柳瀬雄之という、私の中ではワーストだと思う異世界スマホの人で、ウッと期待値は一気に底辺になったのですが…

視聴したら、あれ、全然悪くない? むしろ良いじゃないか、となりました。

ヒロインはずっと病院に繋がれていた薄幸少女だったのですね。
ネットゲームだけを唯一の楽しみにしていたのが停電で命を落としての異世界転移と、すごく同情できます。
しかしそれらの設定をくどくどセリフで語らずに断片的な説明で理解させるところが、ちゃんとしていると感じました。
またゲームの時代から200年経過しているから違和感を覚えていることも説明セリフばかりでくどくどならずに…まあそのあたりはもうちょっと問い詰めたり調査しても良いと思いますが、そこは今後説明もあるのでしょう。

あとはやっぱりヒロインがかわいい女の子だとチートっぷりを発揮していてもあまり嫌味がない感じですね。

またチートも決して意味不明で理不尽なものではなく、かつてゲーム内で徹底的に鍛え上げていたステータスがそのまま使えるから、と整合性があります。
ゲームに入れなかったらヒロインは死んで物語は始まらないので、そこに突っ込むのは野暮です。そしてゲームに入ったらゲーム内で鍛えたキャラ、ステータスが使えるのは当然に思います。
オーバーロードでもそうですし、そこにケチをつける気はさらさら無いですね。納得です。

スマホが使えるようにしてくれと言ったらついでに全属性の能力と身体能力を強化してあげよう何て、ふざけんなってのとはわけが違いました。
理不尽なチートが嫌なだけで、納得いくチートなら別に良いのですよ。

というわけで異世界スマホがアレだったのは原作がアレだっただけで、監督が悪かったわけではないのかもと思いました。
視聴順位は高めに設定しておきます。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

61.4 19 2022年冬(1月~3月)アニメランキング19位
殺し愛(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (16)
109人が棚に入れました
とある「仕事場」で対峙する 2 人の殺し屋。 クールな賞金稼ぎの女・シャトーと謎多き最強の男・リャンハ。 シャトーはこの交戦をきっかけにリャンハと敵対――するはずが、なぜか彼に気に入られ、つきまとわれることに。 彼女はなし崩し的にリャンハと協力関係を結んでしまうが、彼を狙う組織との抗争に巻き込まれていく。さらにその戦いは、彼女の過去とも関係しているのだった。 リャンハはなぜシャトーに接近するのか。シャトーに秘められた過去とは。 相性最悪の 2 人が織りなす、「殺し屋×殺し屋」の歪なサスペンス。 奇妙な運命の歯車がいま動き出す。


声優・キャラクター
シャトー・ダンクワース:大西沙織
ソン・リャンハ:下野紘
エウリペデス・リッツラン:堀内賢雄
ジム:天﨑滉平
ホー:前野智昭
ジノン:村瀬歩
ニッカ:森田成一
ミファ:日笠陽子
ドニー:大塚芳忠

イムラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

strange「変;奇妙な」

<2022/1/14 初投稿>
原作未読。
見始めなので評点はデフォルトの3.0です。

タイトルから「もしや僧侶枠か?はたまたBLか?」と疑心暗鬼になってましたが予想外。

殺し屋とストーカーとラブコメ?
いやコメはないのか?
ラブなのか?
よくわかんない 笑。

少なくとも僧侶でもBのLでもなかったです。
ただ変わってますねぇ。
世界観もキャラも展開もいろーんな意味で。
なのでタイトルは「strange」

ヒロインのシャトーはまだあんま喋らないのでキャラがよくわからない。
スーツ着た金髪。
人殺しそうな目つきしてる。
目つきの悪さを除けば見た目はヴァイオレット・エヴァーガーデンの子っぽい。
声は異世界食堂のチキンカレー好きのウェイトレスの人。

相手方のソン・リャンハ
ダーカーザンブラックのヘイを糸目にして腹黒ストーカーにしたような感じ。
女子が好きそうなキャラですね。
声は善逸やってた唐揚げ声優

漫画原作だけど、おそらく作者は女性。
作者自身が妄想の中で「憧れるオトコ」を軸に創り上げてる感じはします。
まあでも恋愛ものは男女問わず、多かれ少なかれ自分の妄想からスタートですし、そうだとしてもそれはとても自然なこと。

まだジャンルすらよく把握できてなくて
面白くなるかどうか全く予想がつかない

というわけで
しばらく様子を見てみよう。

以下、与太話。
本作、殺し屋さんが出てくるので殺しのシーンも出てきます。
世の中がうるさくなり、タバコ吸うシーンにも規制がかかる今日この頃。
タバコ吸うのとは比較にならない極刑レベルに違法な殺人はアニメで流してもOK。
あの「見た目は子供、頭脳は大人」の名探偵なんてもろ子供(と特定の女子)向けなのに毎週死んでますよね。

なんか不思議 笑。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 8

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

普通にストーカーですね。しかし殺し屋のストーカー行為を咎める意味って…

なかなかおもしろかったです。
ちゃんと女性ヒロインだったので、男にも見れるのでは。

ただ絵柄的には女性向けで、あまり好みのでは無いですね…
ヒロインがもっと可愛ければよかったのですが。

ただまあ、殺し屋の彼は普通にストーカーですね。
しかし殺し屋は殺しというストーカーより上の犯罪行為を日常的に行っているので、ストーカー行為を咎めたところで何の意味があるのかと思いました。
しかし殺し屋だろうがストーカーをしても良いわけはないので…普通に犯罪ですね。

女性向けではイケメンの彼が、ヒロインにストーカーまがいに熱烈に好意を持ってつきまとってくれるというタイプの話があります。

それがストーカーかどうかは、イケメンかどうかではなくヒロインが迷惑に思っているかどうかだと思います。
その割には、ヒロインが嫌がっちゃう話の方が多いんですよね。
これは女性向けではイケメンに好かれた時喜んでがっつくのではなく、『嫌がっているのにイケメンに好かれて困っちゃう』という方が人気があるからだと思うのですが… そのへん、女子の間ではお約束として通用するのかもしれませんが、男が見ると普通にストーカー行為をしていて迷惑に見えてしまうんですよね。

でもまあ、そういう風に思う男はモテないんでしょうね。
なんで優しい男より強引な男の方がモテるか。それは女の子が嫌がっていてもお構いなしでガンガン行くからです。
優しい男は「女の子が嫌がってるなら行くのは止めよう」となりますが、その優しさは伝わることなく縁が切れて終わりです。
強引な男はガンガンつきまとっていれば、心が弱っていう時とかどこかのタイミングで落とせるわけですよ。
それがわかっていても、なかなか強引にはなれないですね…。

そういう身も蓋もない事実を突きつけられるので、女性向けはあまり好きにはなれないのかもしれませんね。

CMから、彼がヒロインに付きまとっている理由にはなにか秘密があるっぽいことが匂わされました。じゃあちょっと気になるかな、という気もしましたが、別に普通に惚れて付きまとっているだけだとしても違和感があるわけでもないので、そこまで気にはなりませんでした。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

61.3 20 2022年冬(1月~3月)アニメランキング20位
天才王子の赤字国家再生術(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (33)
168人が棚に入れました
覇権国家の脅威に晒される弱小国家・ナトラ王国。 若くして国を背負うことになった王子・ウェインは、補佐官のニニムに支えられながら、才能を活かした見事な手腕を発揮し始める。 でも、この国……めちゃくちゃ詰んでる! 内政に手を入れようにも金がない。 よそから奪おうにも軍事力がない。 まともで優秀な人材は他国に流出してしまう。 「早く国売ってトンズラしてえ」 ウェインの願いは、とっとと隠居して悠々自適の生活を送ること。 大国に媚びを売り、国を売れば夢が叶うはず。 しかし、外交も軍事も予想外の方向へ転がってしまい……!? 知恵と機転で世界を揺るがす 天才王子の弱小国家マネジメント、ここに開幕!

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

タイトルとサブタイトルの出落ち感では笑った。ただ主人公は嫌味に感じて微妙

番組欄で笑わされたのも珍しい。
「天才王子の赤字国家再生術」「そうだ、国を売ってトンズラしよう」の流れはあまりにも美しい流れ過ぎて、インパクトが有りすぎました。

というわけで好感度が高い状態で見始めたのですが…
うーん、なんかちょっとイマイチ。
主人公のキャラがなんか変ですね。あまり好みではない。
補佐官に甘えて管を巻く態度が、なんか癇に障ってちょっとイラっときました。

天才キャラというのは割と好きなはずなのですが、嫌味な感じが出るとあまり好きになれないのですよね。

主人公:こんなこともわからないとか馬鹿じゃないのか。
→ 視聴者:俺もわからないんですけど。イラ。
みたいな感じですかね。

主人公:こんなこともわからないとか馬鹿じゃないのか。
→ 視聴者:確かにわかるわ、馬鹿だね。
となればOKでした。

こうなるには条件を視聴者にしっかり提示しなきゃいけなかった。
国がどういう窮状にあるのか、どういう利点があるのか。それらを考えればこうすれば良い、と視聴者にも分かる状態にすれば。
一切何も提示もせずに、馬鹿にされても不愉快になるだけです。

ただヒロイン達の絵柄が可愛い。これは大きなプラスです。
うーん、主人公の好感度の低さと秤にかけてどうするか悩ましいのですが…。
ま、見れたら見ます。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1

61.2 21 2022年冬(1月~3月)アニメランキング21位
薔薇王の葬列(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (14)
78人が棚に入れました
中世イングランド。ヨーク家とランカスター家が王位争奪を繰り返す薔薇戦争時代。ヨーク家の三男として生まれたリチャードは、母からは「悪魔の子」と疎まれる一方、同じ名を持つ父からは真っ直ぐな愛情を受けて育っていた。 リチャードの願いは、この世の光である父・ヨーク公爵が王位に就くこと。だがリチャードの純粋な願いは、イングランドに戦乱の嵐を招くことになる。 さらにリチャードは、男女二つの性を持って生まれたという秘密があった。 誰にも明かせぬ秘密を胸に秘めたまま、リチャードもまた戦いの渦中に巻き込まれていく。そこで待つのは愛の温もり、絶望の痛み。痛ましくも美しい邂逅と別離が、「悪」への道へとリチャードを誘っていく――。
ネタバレ

leer さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0

J.C.STAFFの圧倒的リソース不足、そしておはなしがぶっ飛びすぎてて理解不能

今期は失格紋と王国再建2期、そして薔薇王の葬列と3本を抱えるJ.C.。
上の3本の中では最も作画が悪い。崩れているというよりも、枚数が少なすぎてほぼ紙芝居。
はっきりいってAパートから万策尽きてる。

特に面白かったのはお馬さん。19分辺りのCG馬を使えばいいのに、黒塗りつぶしのシルエットにしてみたり、そもそも馬を描かずに真上向いた映像を流して走っていることにしてみたり、節約の雑さがもうww半端ないww

全体的にコントラストが低くのっぺりしていて、背景が無駄に暗いため真っ白なキャラ達がちぐはぐで浮いても見える。スポットライトでも当たっているのかな?それともロウソク型の巨大LEDライトかな?

↓1話の意味わからんシーン抜粋
{netabare} 唐突に幻覚を見て、僕っ子魔女からズキュゥゥゥッン!
……は?
自傷しようとしたところにちょうどよく現れた側近は、ただナイフを止めればいいだけなのに、わざわざ背後に回り熱い抱擁をするついでに手を掴む。
……は?
そもそも幻覚から覚めた途端、そう簡単に脱げようのない服がいつの間にかはだけ、肩と胸が露出している。
……美食でも食べたのかな?
白イノシシに連れられ外へ出ると、すぐそこに泣いている見知らぬイケメンが!
主人公がイケメンに手を差し伸べられると、画面が森に切り替わって主人公が「おい!」と叫ぶ。
次の瞬間には腕枕で隣り合って地べたに寝ているではないか!!!
……リトさんかな?
と思えば名前も知らない他人のイケメンくん、「君が好きだ」からの急に抱き合い、更には泣き合いながら名前を教え合う。

・・・・・・・・・・・・・・・。{/netabare}

女作者さんさぁ……。支離滅裂とかいう次元じゃないんよ。なんこれ。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 0

saitama さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

初回から紙芝居とは…途中で断念すると思う

シェイクスピアかぁ。
題材は世界に通用するけれど、初回から見事なまでの紙芝居。
紙芝居コンセプトなのかな? それくらい紙芝居。

JCSTAFFなのかぁ、信じられんけど、最近のJCSTAFFって大量制作によるオーバーワークなのかなんなのか知らんけど、出来不出来の差が激しすぎる。

これは大外れだな。

テーマも…うーん、これ作るなら、パタリロ再放送で良くないかい?笑

初回でこれだと、先は期待出来ないだろうなぁ…。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1
ネタバレ

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

3クール目くらいまでやると盛り上がるんだけどねぇ<45>

1話視聴。
止まってるなぁと感じさせる作画・演出、作劇に支障をきたすほどカットされてるお話ということで、結論としては漫画で読んどけばいいよね、と。
原作漫画もわりとスロースターターで
{netabare}
リチャードがぐずぐずと悩んだりポワワァーンとなったりしてる序盤はあまり興が乗らず。かと言ってカットすると後のエピソードにつながらず。
リチャードが覚醒して自身が王になろうという辺りが個人的には絶頂で、その後王になってからつまらない陰謀とこだわりで破滅に向かうあたりでまたテンション落ち気味。
{/netabare}

てな訳で、他のアニメでも演劇してるとよく出てくるのでこの機会に、とは勧めにくく。
替わりに「7人のシェイクスピア」を読んでブラックメタルバンドのようなビジュアルのリチャードを刷り込んでおくと良いでせう。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 0

61.0 22 2022年冬(1月~3月)アニメランキング22位
オリエント(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (17)
94人が棚に入れました
鉱夫になるための学校に通う少年・武蔵は、武士になる夢を持っていた。しかしそれを周りに言えずにいた。なぜなら武士は「150年前まで日ノ本を支配していた“化け物”」とされていたため。一方、鬼は神と崇められていたが、鬼こそが人間の世界を支配する“化け物”であり、鉱夫は鬼の食べ物である金属を死ぬまで堀り、奉納する仕事だったのだ。武蔵はそれを知っていたため、鉱夫として鉱山に内定後入山し、鬼と対面。鬼退治を宣言。周りにも正直な夢を告げることができたのだ。武蔵の幼馴染の少年・小次郎も「鬼鉄騎」でアシストに現れ、5年間こっそりと修行していた武蔵は「千旋烈斬剣」で鬼を倒す。武蔵は小次郎に、2人で幼少期に誓った「武士団の結成」を誘う。しかし、小次郎の中で武士になりたいという夢は薄れかけていた。武士の血の流れる小次郎は昔から迫害されてきたためである。そんな時、鬼の親玉、鬼神「炎獄天狗」が5年ぶりに降臨し、金属である小次郎の刀を食そうとする。刀を奪われることに、喪失感を感じた小次郎は、自分の中にある武士としての誇りを自覚する。刀は一度鬼神に食されてしまうが、鬼神の腹部の硬い表皮を武蔵が割り、刀は取り戻され、小次郎は今度こそ武蔵と共に「最強の武士団」を作ることを誓うのであった。

声優・キャラクター
武蔵:内田雄馬
鐘巻小次郎:斉藤壮馬
服部つぐみ:高橋李依
武田尚虎:日野聡
犬飼四郎:下野紘
犬坂七緒:和氣あず未
小雨田英雄:羽多野渉
真田青志:石谷春貴
山本春雷:大西沙織
鐘巻自斎:小西克幸
ネタバレ

leer さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.4

デザインのデの字もない中国朝鮮向けクソアニメ

早くもクソアニメオブザイヤー2022年の大賞候補入り。
原作はマギの大高忍。
制作は2003年版キノの旅、一方通行や2回攻撃(共にJ.C.と共同制作)などを手掛けたACGT。
※Wikipediaには詳しく書かれていないが、J.C.STAFFと深い繋がりがある様子?J.C.がクソ作画アニメを作っていた頃によく名前が出ているのがこのACGT。
ここまで聞くと一見悪くなさそうだが、中身は進化の実よりもヤバい。
制作についてひと言で説明すると、中国人中心の企画でC級アニメ会社が制作している構図。
作画・3DCGはC級。主人公とホモ相手の「寄り画の時の顔面パーツ」だけがB級で、それ以外の全てのデッサンは、雑さが極限にまで達している。クソと呼ぶのもクソに失礼なレベル。

↓多くの人が観なくて済むように1話で気になった点を挙げておく
{netabare}・主人公はIQ3のアホ系(HP99999)
・釣り竿置き場にされる刀掛台
・さくらももこもひっくり返る適当なデザインのモブ
・武士なのにツルハシ、ツルハシなのに鎌、鎌なのに刀
・と思いきや刀を騙る太刀のような何か
・武器を拾ったかと思えば、トンカチのようなちっっっさいツルハシ
・人力で採掘してるかと思えば、バッバババ、バイクwwwwwwwwww
・主人公の必殺技は ”地面を鞘” にした ”抜刀術(大鎌)” ←??????????
・1匹倒した途端Lv1スライム化する残りの鬼たち
・ファイナルソードみたいなクソデカBGM
・意地でも静止画のスライドショーED{/netabare}

……。
もはやどこからツッコめばいいのかもわからない。世界観が理解不能。
これを書くためだけに1話観きったが、OPの時点で無理そうなら他の人は切ったほうがいい。マジで時間の無駄。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 4

60.0 23 2022年冬(1月~3月)アニメランキング23位
終末のハーレム(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★☆☆ 2.9 (33)
310人が棚に入れました
時は近未来――2040年の日本・東京。ある難病に侵された青年・怜人は幼馴染の絵理沙と再会を誓い、病を治すため“コールドスリープ"することに。5年後に目を醒ますと、世界は大きな変貌を遂げていた。MK(Male Killer)ウイルスによって地球上の99.9%の男性が死滅。地上は5人の男に対して50億の女性が存在する、超ハーレムとなっていた。MKウイルスへの抵抗力を持つ男性“ナンバーズ"は、わずか5人。その1人である怜人は、残された女性たちと人類の存続のため“メイティング"することを求められる。パンデミック後の世界に待っていたハーレム生活。同時に、怜人はナンバーズを巡る世界的な陰謀に巻き込まれていく。押し寄せる誘惑を乗り越え、世界を救うことはできるのか。

声優・キャラクター
市川太一、白石晴香、大地葉、山根綺

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

性表現ではなく女性=子供を作る機械がまずい?

 SF好きなら復活の日を連想するでしょうね。古典なのでいまさらネタバレでもないですが、人類で生き残った女性、確か7人か8人と男たちが順番にセックスするとか子供を作らせるとか、そういう描写がありました。

 本作については、これのオマージュ…か偶然の一致かしりませんが、SFとしては古典的でなおかつ繰り返し描かれたテーマなので面白いと思います。アニメだとジーンシャフトがありました。男の数は違いますけど。

 本作の内容については、いや好きな人がどうこう言う前に取り敢えずがんばれよ、と言いたいこところです。が、かたくなに操?を立てるということはこの好きな娘が主要なテーマ、謎になるのでしょう。
 恋愛部分はNTRなら最高です。寸止めでもがき苦しんで最後はあの娘とというカタルシス?SFとしては、告白した子は研究者仲間なので病原菌がらみ?というか犯人?(主人公の病気を治そうとして…とか?だから主人公の病気だと死なない…みたいな)または出産の現実に肉薄できればテーマ的にはいいでしょう。
 いろいろ妄想できるので、1話は掴みは十分で面白いスタートだったと思います。
 
 で、本作の外野の問題です。私は原作読んでいません。

 エンターテイメントとして女性の裸体や性行為のシーンがありますが「回復術士」がOKなら本来そう問題にはならないでしょう。裸体や性行為の規制なら謎の光で済む話ですし。それが不思議です。
 放送スケジュールの延期の経済的損失というのは業界人ではないのでわかりませんが、「蜘蛛ですが」の最終回の時に1話だけでも相当金もかかるし、作品の生死にかかわるほどの大問題だ、と聞いたことがあります。
 ですので裸体、性描写でここまでの延期になるというのは不自然です。

 と、考えてみると、中止でなく延期であれば、コロナ禍ということがまずあるでしょう。病原菌で男性だけとはいえ絶滅するというのがヤバそうですね。22年なら落ち着いているだろうという判断でしょうか。(コロナに関しては、まさかこれだけの不健全コンテンツは中国では放送できないでしょうから、中国は関係ないと思いますが…)

 そしてもう1つ。復活の日でもありましたが、女性=子供を作る機械的な表現ですね。本作のSF的主旨から言えば人類の存亡をかけた生存戦略だし、否定的な女性がいても物語は成立するので全然有りだと思います。が、今の「人権思想」から言ってどちらかと言えばこれがヤバイ気がします。
 延期の期間から言って、ストーリーを変える…でないとこの期間は不自然です。その場合、脚本の書き換えと作成した場所までの修正、改変の嵐で、作品の原型を留めなくなる気がします。ポリコレを恐れた弱腰メディアの「自主規制」にまた作品が殺されるのでしょうか。
 
 本当の原因を知らないし、あまり調べてもいませんが、コロナならいいですけど、くだらない自主規制なら1話が面白かっただけに大変残念です。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 4

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

・・あれ?。意外にいけます(1話まで視聴して)。

>1話まで視聴して
原作未読です。

タイトルからして”ハーレム”なので
どうせヒドい作品なのだろうから確認だけしておこうと1話視聴しました。

・・あれ?。意外にいけます(評価するという意味で)。

一番惹かれたのはキャラデザインです♪。

作画全般は、ともすれば省エネ作画といわれるのかもしれませんが
ちゃんと構図・要所をおさえた作画に感じられ
おかげで物語に惹き込まれていきました!。

シリアスっぽい体(てい)・・とかと低評価されそうな作品ですが
意外に今の時代にマッチしたテーマでもあり
単なるファンタジーとしてだけではなく
もしかしたら、ある部分に関しては
リアルな現在のパラレル的な要素も含まれていて
どんな展開になっていくのだろうと興味をそそられました!。


加えて、本作の2話以降は
いったん精査が完了するまでの来年の1月までは
提供されないということを知り
なおさら本作に対する好奇心は加速されてしまいましたw(狙い通り?)。


ということで待ちきれず原作漫画購入w。


作画は原作の方がかなり良いです!。
でもアニメ化にあたっても原作の良さがきちんと表現されているように感じました^^。
アニメ→原作に移行しても、全く違和感感じませんでした!。

いったんストップがかかった理由って
単純にエ○規制だけ??。

まさかウ○ルスの扱いをどうしたかの確認・・・

・・なんてことは、ナイですよね;;(考え過ぎの不安)


あと、本作を評価する理由の1つとしては
主人公が1人だけではないということ。
これはけっこう大きかったように思います!。

※★の評価は暫定的なものです。最後まで見終えてから再度つけなおす予定です

投稿 : 2022/01/15
♥ : 4

稲葉姫子 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

大昔のH本のような墨のベタ塗り、ビックリ!

BSフジのアニメギルドで1話を拝見しました。

たった5人の男に対して、50億人の女性の世界!? 累計発行部数400万部突破、総閲覧回数1億回突破の超人気タイトル!

というコミックスが原作のようで、

「難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、ウイルスによって男性が99.9%死滅した世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとのセックスによる子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す姿を描く」(ウイキ)

の話です。

まず作画のスタミナが低いです。Studio五組×AXsiZという2線級会社の共同制作ですが、見ていて辛いです。今日まで2021年秋アニメを見れるものは全て見ていますが、その中でも
1位と言っていいくらいです。でも一番の問題は、18禁対策?の墨のベタ塗りにあります。ぼかすなり自然に消せばいいようなものですが、雑に女性の部分を消しているのです。私は実物は見たことがありませんが、昔にあったというHな雑誌等の墨のベタ塗り手法と酷似しているようです。これには、驚きました。

「回復術士のやり直し」のように、一部の配信や、円盤では無修が見れますよ!と言いたいのでしょう。

話はまだこれからなので評価しようがありません。

言い方は悪いかもしれませんが、「クソゲー」ならぬ「クソアニメ」です。(笑)

投稿 : 2022/01/15
♥ : 4

59.8 24 2022年冬(1月~3月)アニメランキング24位
トライブナイン(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (10)
57人が棚に入れました
気が弱く、いつもいじめられてばかりの“白金 ハル” 最強の男を目指し、海の向こうからやってきた“タイガ” ふたりの少年はとある夕暮れ、最強のXBプレーヤーであり、 ミナトトライブのリーダーである“神谷 瞬”と出会う。 それと時を同じくして、ネオトーキョーに散らばる各トライブは、 大きな脅威にさらされようとしていた。 ネオトーキョー国王“鳳 天心”の命令によって、 謎の男“鳳 王次郎”率いるチヨダトライブが、 国中のトライブの制圧をはじめたのだ。 その魔の手は、ミナトトライブにも及ぼうとしており…。 「自分を変えたい」 「とにかく最強を目指す」 「ただ、XBを楽しみたい」 己の譲れぬ信念を貫くため、 ハル、タイガ、神谷はXBの打席に立つーー!

leer さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4

トンデモ暴力野球(?)バトル

発売未定のソシャゲ(アクションRPG)アニメ。
原作はトゥーキョーゲームス(ダンロンの脚本家がCEO)で、これはアクダマドライブに次ぐ2作目。

ジャンルは野球バトルとのことだが、残念ながら”野球”ではなく、ぶん殴りし合いながらベースを目指して点を取りあう”決闘”らしい。
大丈夫、私にもよくわからない。

まずアクダマのstudioぴえろからライデンフィルムに制作が変わったことによる作画の質の低下が顕著。
ライデンフィルムは今期3作掛け持ちしているが、東リベの会社という印象を一旦拭ってみよう。
そう、ここはさ○なら私のクラマーの会社でもある。
微妙な角度の顔が苦手なようで、かなりの確率でぎゅうぎゅうに寄っている。単純にリソース不足なのだろう。

あとはノリが寒い。厨ニ感がムンムンしていて、カ○トボーグくらいにはキッズ向けなんじゃなかろうか。ターゲットがよくわからない。
面白ければ作画はともかく3話コースなのだが……面白くない。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 1

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

全般的に微妙でしたが…でもとんでも野球はハチャメチャで面白味もあった

八月のシンデレラナインのアカツキが、もう一つ野球ものを作るときにダンガンロンパの人と組んだ感じですかね。
全体的にへんてこ過ぎて、あまり面白いとは感じなかったんですが…。

ただ野球ゲームはかなりハチャメチャで、面白い面もありましたね。
町の中で野球して、ボールが何千mと飛ぶから、町から町に住所で単位で移動するとか、東京タワーをホームランでへし折るとか(作中では品川タワーですが)
この豪快っぷりは、なかなか嫌いじゃないです。

時間があればちょっと見たいと思いました。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 0

59.0 25 2022年冬(1月~3月)アニメランキング25位
失格紋の最強賢者(TVアニメ動画)

2022年冬アニメ
★★★☆☆ 2.9 (35)
174人が棚に入れました
世界最強の魔法使いと謳われながらも、生まれ持った紋章の性能に限界を感じていた【賢者】ガイアス。 その彼が己の紋章を変えるために取った手段――それは転生によって新たな体を得ること! 彼は遥か未来の世界に転生し、求めていた「魔法戦闘に最適な紋章」と、マティアスという名を手に入れた。 しかし、その紋章はこの時代ではなぜか「失格紋」と呼ばれていた……! 時を経た今世では、魔法が衰退し低レベルな魔法理論が跋扈してしまっていたのだ。 魔法戦闘最強の「失格紋」と、賢者の知恵を併せ持つ少年マティアスは、世界の常識を次々と打ち壊していく! 異世界紋章ファンタジー、ここに開幕!!


声優・キャラクター
玉城仁菜、鈴代紗弓、白石晴香、井澤詩織

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

「○○を倒した…だと」がずっと続く?失格紋の「失格」の理由が不明です。

 まあ、設定というよりコンセプトは魔法科高校+魔王学院の不適合者って感じでしょうか。

 失格紋を持っていることのデメリットがまるでわかりません。射程距離が短い以外の説明がないですね。導入の説明では確か強くなるためにこの紋を得るために転生したのでは…?なんかデメリットあるんでしょうか。

 失格紋の「失格の理由」つまりデメリットを克服する話なら面白くなりそうですけど…魔法付与の話も含め、魔法体系と紋の設定の作り込みが足りない感じですね。理由が印象操作だけだとしたら「失格紋」のコンセプトを面白く活かせる予感が全くしません。単純な強さの問題だけでなく、解決すべき問題がどこかにあるならいいですけど…。

 ストーリーは、最強の賢者が転生していきなり無双ですか?「え、お前あの天災級を一人で…」「騎士団長さまを…」「あの魔族を一人で…」「無詠唱魔法だと…」でスタートですからね。で2人組の少女とあって…俺TUEEEハーレム冒険もの?今後もずっと「○○を倒した…だと」が続くんでしょうか。

 魔王学院…みたいにぶっ飛んだ面白さが出ればいいんですけど、演出やキャラもそこまでは…

 まあ、一応チェックしたので数話は見ますけど…期待値はかなり低そうです。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 6

leer さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

魔法科高校の劣等生は賢者の孫だった件

2分40秒で「キッッッツゥ!」となる俺TUEEEアイタタタ系アニメ。

異世界転生モノではないが先祖返り的なニュアンスでの転生モノ。
中身はタイトルにつけた通り、どこかで見たことのある設定ガン盛り。

1話は原作7話分を消化する凄まじいテンポのダイジェストだったが、8,9割視聴者の脳内補完に頼っていてほぼ説明という説明をしていない。
どうせテンプレだからサクっとやろう!という意気込みは評価したいが、にしても度が過ぎていて草が生えた。

私は恐らく最後まで観るが、物好きでなければ只管イライラするだけだろう。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 2

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

Theなろうofなろうという感じ。ここまでテンプレ通りとは、ある意味すごい

いやもう、ちょっと驚きましたね。

テンプレ展開をほぼ完全にコンプリート!
これぞなろう系の代表という一本を挙げろと言われたら、これを挙げても良いのではないか。
それくらいのテンプレコンプリートっぷりじゃないでしょうか。

いや逆にすごくないですか。ここまでテンプレ通りに作れって言われて、作れます? 普通は恥ずかしくて無理じゃないですか。もうちょっと照れてパロディっぽくしてしまったり、もうちょっとオリジナリティを出そうとしてしまうものでは。
どういう神経でこういうのが作れるのか、ある意味尊敬しますね。

どこを見てもどこかで見ていた展開しか出てこないので、見ていてムズムズして気恥ずかしくて仕方がない。
ここまで感情を動かせる作品は結構すごいのでは。

一体どこまでテンプレ通りなのか、ちょっとだけ先が見たくなりました。
まあ暇があればですが。

投稿 : 2022/01/15
♥ : 3
12
ページの先頭へ